漫画「盗掘王」88話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※最新話も含む全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のあらすじは、富の力で夕顔から幸運を手に入れた遼河だったが、イカサマしたのがバレ、出現した天使と鬼に襲われる。

だが彼らの武器が遺物だと知り、アイリーンと二人で徹底的に武器を巻き上げることにした。

一方、パンドラ議員らが破産の力で大損したことは、予言遺物使用者のジョシュアにも影響した。ジョシュアは予言の力を使って、遼河の弱点を暴こうとするのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「盗掘王」88話のネタバレ

TKBMのアメリカ支社に、ジョシュアが着ぐるみの格好のまま現れたので、警備員に止められそうになる。

受付が慌てて警備員を止める。

ジョシュアは、ノストラダムスとデルポイ神殿の遺物を持つ、運命王と呼ばれるVIPだったのだ。

その頃大河原会長は、私がパンドラの金に手を付けたという不正をしただと、とリチャードを怒鳴っていた。

SNSに上がっていた動画は、リチャードが大河原会長が金をネコババした、不正をした議員の後ろ盾にもなった、と証言したものだ。

リチャードは、あの時はこうでもしないと剛力に殺されそうだったからと、苦しい言い訳をする。

リチャードは、本当のこともあるじゃないか言うが、激怒している大河原は聞く耳もたない。

ではあのまま死ねば良かったのかと言い返すリチャード。

そこへジョシュアがドアを蹴りながら入ってきた。

そろそろ剛力遼河をなんとかしなければいけないと言うジョシュアは、大河原会長に、フランシスコという乞食の遺物を持っている奴を貸してくれと頼む。

それで遼河の側近である柳とアイリーンを一人ずつ召喚し、始末するか人質にとるのはどうかと提案する。

大河原は、いつもは相手の弱点を知り次第すぐ叩いていたのに、いつものやり方と違う、他に思惑があるのではないかと指摘する。

ジョシュアは遼河の未来を見ることができなかったことを打ち明ける。

先ずデルポイ神殿の遺物を使い、遼河について調べようとした。

遺物を使用すると神託の空間ができ、ベッドが出現する。

その神託の空間で眠ることで、対象者の未来を夢でみることができる。

だが遼河のものは真っ暗で何も見れなかった。

何度眠っても見ることはできなかった。

遼河をこのままにしておくこともできないので、このような作戦を立てたのだという。

大河原は、本当に私の部下に、そのような能力が使えるのかと尋ねると、それは夢で見たから間違いないというジョシュア。

大河原は協力することにした。

一方、遼河達は、夕方まで例の遺物狩りを続けていた。

ようやく最後の夕顔を割り終わり、大量の遺物を獲得した遼河。

柳の絵画遺物に吸い込ませ、自宅へ戻る。

大量の遺物をチェックする遼河。

あまりにも多く、ただでさえ狭い家がもっと狭くなったので、柳が手伝うことに。

今回の狩りで、攻撃系、医療系、資源系、防御系と各種類の遺物が万遍なく手に入った。

特に、今まで防御系がなかったせいで苦戦したこともあるので、防御系が手に入ったのは大きかった。

ある程度仕分け終わったところで、遼河の手元に、評価不明の遺物が残った。

オーディンのカラス、ムニンの涙、消耗性遺物である。

北欧神話に登場する神・オーディンに様々な情報を伝えるため、フギン(思考)、ムニン(記憶)という1対のカラスがいた。

ムニンの涙という名前であることから、記憶に関係する遺物のようだ。

四つ目のカラスに聞こうと話しかけてみるも、カラスからの返答はなかった。

まあいい、遺物は多ければ多いほど良いからと、遼河はその遺物もきちんと仕分けするのだった。

漫画「盗掘王」88話の感想

オーディンは、北欧神話の主神、戦争と死の神だそうです。兄弟であるヴィリとヴェーという神とともに、巨人ユミルを倒し、その死体で世界を作り上げたのだそう。

愛馬はスレイプニールなど、どこかで聞いたことのあるような名前が多いですね。かなり有名な神様ですね。

そんなオーディンに仕えたフギンとムニン。今回はムニンでしたが、カラス繋がりで、あの四つ目のカラスに何か関係があるのでしょうか。10回しか仕えない消耗性遺物ですが、使うとどうなるのか気になりますね。

また、ジョシュアが遼河の未来が見えないと言っていましたが、遼河が転生者(?)だからでしょうか。カラスの力により、起こるはずだった未来を無かったことにされていると思うので、遼河には運命の流れというものが存在しないのでしょう。

単にカラスor思いもしなかった遺物が守っているだけかもしれません。ジョシュアは遼河の弱点を知ることはできませんでしたが、遼河を叩くのではなく仲間から一人ずつ始末することにしました。

アイリーンは無敵なので襲われても大丈夫だと思いますが、問題は柳ですね。遼河みたいに戦闘に長けているわけではないので、心配ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください