漫画「アデライド」58話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「アデライド」

交通事故で死亡した後、伯爵の娘として赤ん坊に転生し、16歳まで成長したアデライド(アデル)。そんな彼女がイケメン公爵・エリアス公爵との契約結婚をすることになり、彼を奪い合う恋愛戦争に絡んでいくことになります。そんな中で育まれる、アデルとエリアスの恋愛を描いたファンタジー作品です。

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、ルイの世話人アンナが、アデルの毒殺を謀ったと、ノエルがエリアス達に報告する。ルイも現場に向かい、アデルがいることに驚き、これが罠だと気づく。

アンナは、自分に気があるエリアスなら助けてくれると思って彼を呼び続けるが、当然勘違いなのでエリアスは困惑。アデルはどういうことかとイライラする。

アンナの持ち物検査をすると、ロハの毒物が見つかる。アンナはルイの指示だと言おうとするが、ルイは素知らぬフリをするのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「アデライド」58話のネタバレ

アンナは、全て聖女様が私にさせたことだと訴えるが、ルイは、公爵様に惚れすぎて頭がおかしくなったのかと、心配そうに言う。

ルイは、信じていた侍女がこのようなことをするなんてどうすればいいのでしょうと、悲しむフリをする。

そしてアデルの手を握ると、侍女の悪事を暴いてくれて感謝します、ボルボン伯爵令嬢がいなければと言い、見事に演じる。

この女性の本性を知らなければ騙されてしまうだろうと、アデルは息を呑む。

アンナは公爵様への恋心のために、おかしな妄想を抱いてしまったようだと話すルイは、このままではボルボン伯爵令嬢だけでなく私も危険だったと言う。

アンナは、あの蛇女は公爵様が私に惚れていることを知って、邪魔になる私を排除しようとしているに違いないと思い、ルイを睨む。

ルトビッヒは、結論はでた、理由はどうあれボルボン伯爵令嬢を毒殺しようとしたのは事実だから、今日は一旦部屋に監禁し、明日皇宮刑務所に移送すると決定する。

そして、この侍女が泊まった部屋を調べ、証拠品となるものを探せと指示する。

追い詰められたアンナは、公爵様、馬車の中であんなに微笑んでくれたじゃないですか、私に気があるのでしょう、婚約者の前だからそのようにしているのではと、エリアスにすがろうとする。

彼女は本当に精神が病んでいるようだ、このままでは精神疾患を理由に無罪を主張するのかもとエリアスは困惑する。

しかしそれよりも、アデルが怒って自分を避け始めたのが辛いエリアス。

公爵はアンナを早く連行するように指示する。

アンナが連行されると、ルトビッヒは、聖女はこの件について何も知らなかったのかと問う。

ルイはギクリとするが、もちろん知らなかった、とても驚いたと答える。

アンナが何を話したとしても、数百年ぶりに聖女であると立証された自分には誰も手は出せないだろうと考えるルイ。

アデルはルイに、誘拐もそうですが世話人があのようなことをしでかしたのでお辛いでしょう、今日は一旦お休みになられてはと提案する。

エリアスは、そうですねと承諾し、離れは捜査で入れないから、本館で休めるよう手配しますと言う。

ルイが退室すると、アデルは、すぐに真犯人を捕まえることができると思っていたが、誰かさんのせいで精神がおかしくなった侍女の話に信憑性がなくなってしまったとため息をつく。

エリアスは慌てて、私も何故あの侍女があのようなことを言い出したのか理解できませんと言い訳する。

アデルは、あの子の話だととても優しくされたそうですね、どの程度優しくすればあれほど錯覚するのでしょうとチクリ。

アデルの指示通り、油断させるようにしただけですと言い訳するエリアスを笑うルトビッヒ。

笑わずに助けてくださいとエリアスがルトビッヒを頼ると、どうして僕が、強いて言うならいつもよりもニコニコしていたよねと、ルトビッヒは火に油を注ぐ。

フェリックスはモテるのだからこの程度は我慢しないと、と茶化すルトビッヒ。

アデルは、私はいつまで我慢できるかわかりませんねとぼやく。

そして、今日はこれで休むので、詳細はすぐわかるようにして明日教えてくださいと言い、彼女は二人を追い出した。

エリアスは、何故あのようにさらに怒らせるようなことを言うのかと、ルトビッヒに文句を言うが、雨降って地固まると言うじゃないかと答えるルトビッヒ。

エリアスは心底腹を立てるのだった。

一方その頃、アンドレア侯爵邸。

今日伯爵令嬢の毒殺を決行し失敗した、聖女の自作誘拐も失敗、伯爵令嬢に毒をもったと聖女の世話人が捕まったことの報告が、マティアス・アンドレアのもとに届く。

侍女は捕らえられ公爵邸で監禁、聖女は自分には関係ないことだと主張していると。

マティアスは、なんて愚かなのか、皇室の調査が始まれば私にも火の粉がかかる危険があるというのにと、拳を握りしめる。

仕方ないので、騎士団の工作員をこっそり送り込み、聖女に詳しい状況の確認をするように指示するのだった。

漫画「アデライド」58話の感想

ルイはアンナに罪をなすりつけましたね。しかも精神異常者だと思わせたので、アンナがいくら証言しても信憑性がありません。

万事上手くいくかと思われたアデルの作戦ですが、エリアスの過剰な魅力により、怪しくなってきました。他の女に色目を使ったのかと、アデルは二重の意味で不機嫌です。

いつも置いてけぼりにされ、アデルとエリアスのイチャイチャを見せられてるルトビッヒは、ここぞとばかりに火に油を注ぐので、エリアスがピンチに。笑顔の代償は大きかったですね、流石帝国一の美男子。

一方、ルイの自作誘拐を提案したマティアスは、彼女らのグダグダぶりに呆れます。このあとどう収拾つけるのでしょうか。

ルイはさすが元女優だけあり、一部の人間を除いて皆を演技力で騙しきることができるので、このまま逃げ切りそうです。大司教との契約書を使い、聖女の地位を剥奪するしかないですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください