漫画「アデライド」57話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「アデライド」

交通事故で死亡した後、伯爵の娘として赤ん坊に転生し、16歳まで成長したアデライド(アデル)。そんな彼女がイケメン公爵・エリアス公爵との契約結婚をすることになり、彼を奪い合う恋愛戦争に絡んでいくことになります。そんな中で育まれる、アデルとエリアスの恋愛を描いたファンタジー作品です。

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、エリアスは作戦がばれないように、にこやかに振る舞った。そのせいでアンナは勘違いし、ルイはアンナがエリアスに下心を持っていることに気づく。

またアンナがやけに積極的だったこと、毒を少し隠し持っていたことから、実は自分をあとで毒殺するつもりなのではと、ルイは疑いを持つ。

屋敷に戻ったルイは、今なら誰にも疑われずにアデルを毒を仕込めると、アンナに指示を出す。エリアスとの甘い生活を夢見たアンナは、外出中だというアデルの部屋に忍び込み、毒物をティーポットの中へ。

すると突然ドアが開き、大司教や、いないはずのアデルが現れた。何をしていたのか話すよう指示するアデルに歯向かい、アンナは公爵様を呼んでと怒鳴るのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「アデライド」57話のネタバレ

ノエルが、聖女の世話人が伯爵令嬢の毒殺を図ったと、エリアスに報告しに来た。

そこには、エリアス、ルトビッヒ、ルイの3人がおり、皆慌てて立ち上がる。

もうバレたのかと驚くルイは、アンナにはそれほど期待はしていなかったが想像以上に間抜けだった、余計な駒は捨てなければと考える。

その頃アンナは、エリアス公爵閣下なら私のことをわかってくれるはずだと、アデルに何度も訴えていた。

何故エリアスに許してもらえると思っているのかと、アデルは理解が出来ず混乱する。

そこへ慌てたエリアスが駆けつけてきた。

ご覧の通りだが、この娘は公爵様を呼べと何度も訴えるのだと話すアデル。

ルイも遅れて顔を出し、何故アデルも大司教もいるのかと驚く。

しなをつくり、私が誘拐されたからいらしていたのかと、大司教に尋ねるルイ。

大司教はエリアスとルトビッヒに目配せすると、聖女が誘拐される前に、伯爵令嬢が毒を盛られたと報告を受けた、幸い近くにいた自分が治癒できたのだと説明する。

そこへ聖女が誘拐されたと報告が入ったので、毒殺事件と誘拐事件の犯人は同じでしょうと言う。

アデルは、犯人はどうして聖女を誘拐したのかおかしくないか、私の毒殺に失敗すればまた毒を盛りにくるはずなのに、だから兄と大司教と一緒に犯人が来るのをこっそり待っていたのだと話す。

都合の良すぎる話に罠だと気づいたルイ。

それに毒を盛られたはずのアデルがやたら元気なので、初めから計画がバレていたようだった。

だが証拠がないから焦る必要はないと、気を鎮めようとする。

ルトビッヒは、その世話人が部屋に来て毒を持ったのか、皇族である俺がいるのにいい度胸だ、皇族殺害の可能性もあったとみなさないといけないと言う。

アンナは、伯爵令嬢が嘘をついて自分を追い出そうとしているのだと怒鳴る。

そして、公爵様は私がそんな女じゃないってご存知でしょうと、エリアスに話を振る。

イライラしたアデルは、あの娘はさっきからやたら公爵様を頼っているようですが、一体何を信じているのでしょうと、刺々しく指摘する。

エリアスは、自分もどういう意味なのかよくわからないと言う。

アンナは、さっきまでのように優しくしてください、被害者なんですよとエリアスにすがる。

まさか誘拐された哀れな使用人に、少しばかり親切にしたのを勘違いしているのかと言い、慌てるエリアス。

ルイはそれを聞いてドン引きだ。

アデルは、リタとロッテにアンナを調べさせる。

そして1つの小瓶を見つけ、アデルに渡すロッテ。

アデルはさらに、先程アンナが毒を入れたティーポットを持ってくるよう指示し、毒に反応する銀のカップにお茶を注ぐ。

すると途端にカップが黒く変色した。

やはり毒が盛られていたと言うアデル。

これは先程と同じロハの花の毒だ、これで犯人は誰かわかったと言う大司教。

まずいと思ったアンナは、聖女がと打ち明けようとするが、ルイは、アンナがマリからロハの花をもらったのを見た、あの花に毒があったなんて驚きましたと言う。

ルイの言葉にアンナは衝撃を受けるのだった。

漫画「アデライド」57話の感想

さて、ルイ達が先走って動いてくれたおかげで、アデルの作戦が順調に動いています。ルイやアンナの部屋にも証拠を用意してあるので、アンナは間違いなく逃れることはできないでしょうね。

ルイはアンナを切り捨てるつもりなので、もしかしたらこのまま逃げ切れるかもしれません。そうなったら長引きそうですね。

アンナはやはりエリアスに微笑んでもらったことで、自分に気があると勘違いしていたようです。だから窮地に陥れば、きっと自分を助けてくれるに違いないと。微笑まれただけでそこまで勘違いするのもすごいですが、それほど彼は魅力があるのでしょう。

そんなアンナの言動に、アデルはさすがにイライラしていましたね。アデルの怒りに、ルトビッヒは怖がっていました。皇太子なのに、隣の色恋で気苦労が絶えませんね。

さて、ルイはアンナに罪を押し付けようとしていますが、どのようにまとまるのでしょう。ルイも処罰されるといいのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください