漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」48話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、強制の眠りから目覚めた彼は、何一つ装備がない上、洞窟内の結界のせいで、能力値が大幅に減少していた。

雑魚にも苦戦するようになった彼だが、今までの知識を活かし、なんとかオーク骸骨を倒す。すると武器を取るように指示が出た。何者かが彼に戦わせているようだ。

彼が武器を装備すると、狭くなっていた視界が元に戻り、自分が骸骨の死骸だらけの洞窟にいることを知るのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」48話のネタバレ

バラバラになり、無造作に積まれていた多数の骸骨の亡骸だったが、カタカタ動きながら関節がつなげ、屈強なオーク骸骨兵士が3体できあがった。

彼はなんとかそれらを倒す。

だがまた復活してきては襲ってくる。

これでは、いくら能力がもとに戻っても埒が明かない。

だが彼の怪我も治るので、ただひたすら戦う羽目に。

ここに自分を召喚した者はどういうつもりなのか、全くわからない。

恐らく退屈しのぎなのだろうが、このまま弄ばれて死ぬのはゴメンだと思う彼。

しかし盾を弾かれ、地面に押さえつけられる。

普通のオーク骸骨ならこのような動きはしないので、何者かが事細かに操っているようだった。

そこへカツカツとヒールの音が近づいてきた。

顔はよく見えないがそこに女性が現れ、全く変わった子ね、他に隠し事はないかと聞いてくる。

そんなのあるわけないと彼が言うと、無理矢理口を割らせると言い、今度はスペクターの集団で襲いかかってきた。

スペクターは彼の体を通り抜けることで、彼の感情を読み取っているようだった。

手は血で真っ赤だが、それ以外は真っ白だと言い、どのように生きればあなたのようになるのか、あなたを捨てたお母さんはどんな人なのかと言う女。

彼はスペクターを叩き斬るが、気がつくと女の姿はなかった。

ケラケラとどこからか高笑いが聞こえ、自分は蔵番、詩人、甲板の上で殺された密航者だと言う。

女は笑い、本当に色々な経験をしてきたようだ、守ると約束したのに自ら命を絶った死霊術師が見えると言う。

ルビアをバカにしているのかとイラっとする彼。

悔しくてたまらないのか、私をバラバラにしたいだろう、でもそうなるのはお前だ、関節を全て外して新しく組み直してやると言い、スペクターで彼の動きを封じる。

タカの翼やトロールの腕をつけてやろうかと言うので、異種族の骨を組み合わせるという難しい技術をもつ、かなりの実力者のようだ。

それならば、自分が何度も復活することについて、何か知っているかもしれないと思った彼は、何故ここに連れてきたのかと尋ねる。

女はフフフと笑うと、ある人を待っているのだが暇なので、仲良く話をしようかと思ったのだと言う。

あの場所でずっと前から工事をしていたのだ、そこに面白そうな子がいたから招いた、体力テストは終わりにしてじっくりお話しましょうと誘う。

彼は、私とルビアのことを知っているようだが、いつから見ていたのだと聞く。

監視をしていたわけではなく、私は骸骨が持っている一番強い感情が読み取ることができるのだが、イメージを感じ取るだけだから詳しいことはわからないのだと、女は答える。

女は、呼び覚まされてからどれぐらい経ったのかと言うので、今回は3ヶ月だと答える彼。

何度も復活しては、同じ人生をやり直しているのだと説明する彼。

だが女は冗談だと思ったようだ。

最初から真面目に聞く気がないようだ、期待した自分がバカだったと、イライラして剣を地面に投げつける。

信じないなら何故聞くのか、もう9回目の人生だ、それなのに誰一人守る事ができなかったと、彼は怒りと悲しさに震える。

そこへ、からかうのはここまでにすると言い、女が姿を現した。

半人半骨の彼女は、ギズ・ゼ・ライと名乗り、この世の骸骨を死から解放するネクロマンサーだと言うのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」48話の感想

半人半骨という、なんとも変わった姿の女ネクロマンサーが現れました。

顔は半分白くペイントされたようになっていますが、髪は硬そうな骨、腕は完全に骨でした。ただ胴体は普通の人間のようです。

ケンタウロスのように、人間と骸骨が合体したモンスターなのか、ネクロマンサーとして成長しすぎてあのような姿になってしまったのか謎ですね。想像していた者より強そうです。

何度も死を経験している彼にとって、死から解放してくれるという彼女は、もしかしたら救世主になり得るかもしれませんね。

彼女は彼の感情を読み取っていましたが、一番強い感情が、つい最近まで一緒におり何度も死を経験したレナではなく、初めの彼の主人だったサキュバスでもなく、ルビアだったのが意外でした。

レナは一応生きているので、どうやっても守れなかったルビアのことが気がかりなのでしょうか。サキュバスのことはルビアを失った悲しみに上書きされてしまったのでしょうか。

さて、かなりの実力者であるギスですが、そんな彼女と待っている人物とは誰なのでしょう。工事していたという言葉も気になりますね。その相手に何か仕掛けるつもりなのでしょうが、どんな大物なのか気になります。

まとめ

・彼は、怪我をしては治され、延々と骸骨との戦闘を続ける羽目になっていた

・彼を捕らえていたのはギズという女で、半人半骨のネクロマンサーだった

・ギズは、全ての骸骨を死から解放すると言うのだった


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください