漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」12話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

侯爵家令嬢であるアイリスは、何もかも奪われ殺された悲惨な人生と、地球での人生の両方の記憶を持ったまま、過去の自分へとタイムスリップする。偶然手に入れたスマートフォンを使う彼女の痛快な復讐劇、そして公爵とのときめく恋愛を描いた、恋愛ファンタジー作品。

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、専門的な説明をすることで、ベルテーヌ伯爵を追い込んだアイリス。ベルテーヌは逃げた。

その後、金髪の青年と二人きりになり、お互い腹の探りあいとなるが、彼がダニーではないことはわかったと言い、彼女は屋敷へ戻る。

屋敷に彼から本物の絵が届く。今回のことで地球の知識も通用すると理解した彼女は、普段世話してくれる侍女たちに、リップクリームを作ることにしたのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」12話のネタバレ

厨房にアイリスがやってきたので、使用人たちは何事かと驚く。

蜂蜜を取った後に残った巣を火にかけ溶かし、濾して不純物を取り除き、オイルと口紅を混ぜれば、リップクリームの出来上がりである。

侍女のリタに小分けにしてもらい、それをまず最初にソフィにプレゼントする。

いつも支えてくれることへの感謝と、過去死なせてしまった謝罪の気持ちを込めて。

リップクリームという口紅みたいなものだと言うと、口紅は娼婦が使うものではと気が進まないソフィ。

いいからと言いアイリスがソフィにつけてあげると、血色がよくなったように見え、瑞々しくなった。

切れた唇も痛くない。

他の侍女達ももらえたので大喜びだ。

その日の夕方、侍女らがそのリップクリームの缶を持ちはしゃいでいると、家臣らに目をつけられ取り上げられてしまう。

アイリスお嬢様が作ってくれたものだと言うが、香る口紅に興味をもった貴族はそのまま持って帰ってしまった。

その貴族が屋敷へ戻ると、こっそり博打へ行ったことでいまだ腹を立てている夫人がイヤミを行ってくる。

その貴族は妻の機嫌をとるために、侍女からとりあげたリップクリームを、君のために買ってきたんだと言い手渡す。

こんな安物でと不満な夫人は、夫を置いて部屋に戻っていった。

そうして今日も一人きりで眠る羽目になった貴族は、ひどい寂しさを感じていた。

だがある朝になると、あのリップクリームをつけた妻が上機嫌でやってきた。

色も上品で香りもよく、唇が潤うというのだ。

妻の機嫌が直ったので、これで独りの夜から解放されると喜ぶ貴族。

よその奥さんも分けてくれと言ってくる、使い切ってしまったからまた買ってきてくれないかと言われ、貴族は困ってしまった。

フォレスト邸に来た貴族は、なんとかアレを手に入れようと、アイリスの書斎の影で様子を伺っていた。

他の家臣達も同じような状況になったようで、3人仲良く待つ羽目に。

そこへ、どうかなさいましたかと、アイリスが登場するのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」12話の感想

アイリスが作ったものは、蜜蝋ワックスというもののようです。よくわからなかったので調べました。

実際に現代でも使われていました。蜂蜜由来なら身体に良さそうですね。

ですが、作る過程はめちゃくちゃ臭いみたいです。厨房でやるにはきつかったのではないかと想像してしまいました。

それに巣を溶かすわけなので、やはりゴミが多いそうです。ガーゼ等で濾さないと細かいゴミが入って、使用感も見た目も悪そう。一から作るとなるとかなり大変そうですね。

そんなリップクリームは血色をよく見せることができるので、健康美人に見えると侍女らは喜びます。しかし喜びすぎて家臣に見つかってしまいました。勝手に持っていくなんて傲慢ですね。

そして取り上げたものを夫人へのご機嫌取りに使いました。夫人は大喜びです。ですが今度はもっと必要になってしまいました。製作者であるアイリスにお願いしたいところですが、侍女から勝手に取り上げたことがバレてしまいます。

後ろめたいので、こっそり書斎で様子を伺ってましたが、アイリスに声をかけられてしまいましたね。きちんと謝ることができるのか、金を払うと侍女らに言っていましたがちゃんと払ったのかどうか。奥さんの機嫌をとりたいおっさん3人がてんやわんやですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください