漫画「帰還者の魔法は特別です」47話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

人類を襲った最悪の災害・影の迷宮にて、最後まで生き残った6人のうちの1人デジール・アルマン。ラスボスの討伐に失敗し、人類は滅亡。死んだはずの彼は何故か13年前に転生。いずれやってくる影の迷宮に備えて、強い仲間を集め運命に抗うファンタジー漫画です。

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、パグマン教授であるニフレカ公爵の邸宅で、ブルームーンパーティが魔塔に認められたことを報告し祝う宴会が開かれた。平民をあからさまに見下す教授に嫌気がさしたアゼストとエルハイムは、ベランダに逃げる。

ニフレカ一族は12年前の内戦で皇帝を守った功績で、伯爵から公爵になった。その際、平民であれば老若男女問わず大虐殺した一族だ。また過去のようなことになるのではというエルハイム。

パグマンがそこにやってきてエルハイムを追い払うと、彼の言うことは真実だというアゼストを、彼女の本名で呼び怒鳴った。アゼストは皇族だったのだ。家と家の繋がりを強調し、さらに彼女がデジールに勝っていればとアゼストをなじるパグマン。

アゼストは、パグマンとパグマンのブルームーンパーティを見限るのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」47話のネタバレ

自分の元を去ったアゼストを憎むパグマン教授。

そこへ魔塔の面々がそろそろ帰ると挨拶しに来た。

彼らは、魔塔に新しく技術顧問が来たのだが、魔塔主直々の任命な上、ヘブリオン学園の在学生ということなので何か知っていないかと言う。

驚いたパグマンは、その学生の名前を教えろと急き立てる。

それがヘブリオン学園1年デジール・アルマンだと知らされるパグマンなのだった。

その頃デジール達は、アルテイア観光を終え、学生寮に戻ってきていた。

デジールは、今回アウターとの戦いで、各々の弱点に気づけたはずだと話し始める。

プラムの弱点は、経験不足により敵の位置が把握できておらず、ロマンティカの助けが無ければ危なかったことだ。

確かにそうだと落ち込むプラムに、気づけたのなら素質があると励ますデジール。

ロマンティカについては、今の水準でできる限りのことはしたが、シングルランカーである以上もっと強くならなければと指摘する。

そこでその日から地獄の特訓が始まることになった。

訓練に筋トレが追加され、へとへとの彼らは授業中も眠そうだ。

人間のやることを超えている、せめて夜の訓練をなくして欲しいとデジールに訴えるロマンティカ。

だが無理、と即拒否のデジール。

彼は、風属性魔法は展開速度と射程距離が特徴で攻撃に長けているのが特徴だが、ランク4のクラーケンに全く効いてなかった、今のランク2のままでは限界があると話す。

そこで難しいと思うけどロマンティカにランク3になってもらうと言うデジール。

ダウンしているプラムを部屋に残し、二人は訓練場へ。

ロマンティカの目標はランク3になること、弾丸の威力を補強しランク4の防御魔法を突き破れるようになることだという。

そういうのは何度も魔法を展開し少しずつレベルアップするもので、そう簡単にはできないと答えるロマンティカ。

だが彼は、そのような教科書的なことではなく、最短期間でランク3を構築する方法を教えてやると言い、空き缶を取り出した。

ランク1に言われても説得力がないんだけどとぼやくロマンティカ。

彼はお手本として、魔法の力だけで空き缶を潰しはじめ、綺麗な球体を作り上げた。

ボールの訓練のアップグレートバージョンだと笑うデジール。

今度は気圧を細かく調節し、色んな角度から圧縮して形を整えるんだと説明する彼に、このイカレた男は何を言っているのかと驚くロマンティカなのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」47話の感想

平民をゴミくずのように扱うパグマンにとって、皇族で家と家の繋がりが深いはずのアゼストの裏切りは、かなり頭に来たようですね。

おまけに魔塔主がデジールを特別扱いしたと聞き、彼のプライドはボロボロじゃないでしょうか。あの性格では、デジールの実力を認めることは無さそうですね。

デジール達は観光を満喫し、なんともふてぶてしい顔のぬいぐるみと共に帰宅しました。ここでアウター戦の反省会です。

プラムは戦闘能力はあるけども、経験不足で不利になってしまう。ロマンティカは最善は尽くしたが、まだまだ実力が足りないと言われてしまいました。そしてなんだか面倒そうな特訓が始まります。

デジールはランク1ですが、テクニックや知識量が半端ないので、いとも簡単に空き缶からきれいな球体を作り上げていましたね。ロマンティカは困惑していますが、できませんとはならず、無理にでも習得する羽目になるのでしょう。

既に無詠唱で狙撃できる強みがあるので、今後の成長が楽しみですね。

まとめ

・パグマンは、魔塔主がデジールを特別扱いし、技術顧問に任命したことを知る

・アウター戦でプラムとロマンティカそれぞれの弱点を克服するべく、地獄の特訓が始まる

・最短期間でロマンティカをランク3に引き上げてやるといい、デジールは特殊な訓練を彼女に教える


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください