漫画「盗掘王」33話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。


前回のあらすじは、メドゥーサの遺物使用者の少女ビビアンは、アメリカCIA所属で、リンダ・ウォーカーやトーマスといった仲間がいた。仲間の共有遺物を失くしたことを責められたビビアンは、つい男二人に奪われたと口にする。ハムラビ法典が発動し、ビビアンはくすぐり地獄を受ける。

遼河達は、中国の発掘団の船に船員に変装し紛れ込み、墓の領域に入り込む。海の中から半魚人が現れ、人間を襲い、怪我したものは操られた。遼河はシェークスピアのペンで場を収める。そしてやたらと話しかけてくる今回の遺物に、カラスの正体を聞く。

カラスは食べた遺物の能力を自分のものにできる、捕食の能力を持つ神クラスの遺物だったのだが、ある人間と契約しその人間のために同族を裏切り始めた。それに怒った他の遺物らが、人間を餌で釣り、カラスを裏切らせ、カラスを監獄へ封印した。その後その人間は殺された。

話を聞いた遼河は、カラスと手を組むことを決める。怒った遺物は、先程よりも大勢の半魚人を送り込むのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「盗掘王」33話のネタバレ

現れた怪物たちと戦う遼河と柳。

あまりの数に、とうとう遼河の持つエジプト葬儀師のナイフが真っ二つに折れた。

もう戦闘用遺物が無いので、船室まで逃げる二人。

この墓は普通のものよりかなり広く、海にあるので道を探すのが容易ではないのだが、今遺物は激怒して怪物召喚のために自分の匂いを強く放ったので、居場所を把握できた。

だが、戦うことができずこのままだとチャンスを活かせないので、遼河は考える。

船の後方は閑散としているので、こっそり抜け出すことができそうだ。

状態の良さそうな船を奪うと言う遼河。

すると後方から、あのビビアンを乗せた船がきた。

泥棒だと騒ぐビビアンら。

リンダを見て、アメリカのチームだと気づく遼河。

CIAの乗った船は、遼河達の乗る船に横付けしようとしてくる。

遼河は、荒縄と一緒に船を探せと、柳に指示する。

体格のいいトーマスが飛び移ってきた。

遺物を返してもらうと言うトーマスに、それよりかなりいい遺物を持っているようだから、渡してもらおうかとニヤっと笑う遼河。

トーマスは鉄パイプで遼河に殴りかかる。

図体のわりに動きが素早いトーマス。

トーマスが持っているのはA級遺物のようだ。

遼河は殴るが、トーマスは強く、すぐ反撃される。

トーマスの遺物は、見た目は鉄パイプだが、中身は剣タイプのもののようで、1発でもくらえば終わりだろう。

正攻法では勝てないと思った遼河は、銀の斧をかまえる。

遼河の攻撃を、鉄パイプでガードするトーマス。

遼河は、俺の財宝を脅かす敵の財宝をすべて吹っ飛ばせと、銀の斧に命じる。

するとトーマスの服が破け、すっぽんぽんになった。

戦えなくなったトーマスから鉄パイプを奪うと、本来の遺物の姿に戻す。

主から賜った勇猛な海賊の剣、A級の消耗性遺物だ。

ちょうどそのタイミングで、柳が小型の船を用意し駆けつけたので、飛び乗る遼河。

返せと怒鳴るトーマスのところには、怪物達が押し寄せるのだった。

船で目的の場所まで移動する遼河達。

すると船に小石が投げ込まれた。

先程のCIAの奴らが、小型ボートで追いかけてきたのだ。

遼河は荒縄に、運転しているリンダを襲わせる。

リンダは海に投げ込まれ、トーマスは救助を急がせる。

船員は、今引き返すと遼河達を逃してしまうと言うのだが、海の中は怪物まみれなので、トーマスは救助を優先した。

そうして遼河達は、遺物のある小島へと辿り着いた。

小島には遺物の本体である巨木が生えており、よく見つけたな、手に入れたくば神聖な祈りを捧げろと話しかけてくる。

遼河はヤだよとニヤッと笑うと、どれだけ斬れるか見せてみろと言って、先程トーマスから奪った遺物で、巨木に鋭い斬撃を入れるのだった。

漫画「盗掘王」33話の感想

葬儀師のナイフが逝ってしまいましたね。結構活躍した武器だったのに残念です。

その代わりに、今度は剣タイプの遺物が手に入りました。やはり斬れる武器がないと困りますよね。奪い方が相変わらず滅茶苦茶ですが、遼河は正義漢ではないので仕方ないですね。

しかし荒縄は本当に使える遺物ですね。あれほどの遺物を持っていたのに、何故劉は活躍できなかったのか不思議です。荒縄は構ってもらうのが好きなようなので、頻繁に遼河に使われることに満足していそうですね。このような行動で親和力はあがるのでしょうか。

こうして遼河達は無事に、遺物の場所まで辿り着きました。てっきり海の中にあるのかと思ったら、小島にありました。そしていつも通り、遺物を屈服させて入手するようです。

入手したら遼河はどうするつもりなのでしょう。また地図型遺物とはどんなものか気になります。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください