漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」44話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、プルソンの名を知っていた彼にギルドの幹部たちはざわつき、なら話は早い、祭祀の準備は整っているから人間の悲鳴と血を捧げ、王を降臨しようと言うレトリック。

過去の記憶では、確かにこの時期に皇帝は戦争を起こすのだが、どうやらこのギルドがその流れを作ったようだ。

さらにプルソンは降臨することはするのだが、10年間人間を支配した後、勇者によって惨殺される運命だ。

レトリックは、深く考える必要はない、我々のような力を手に入れるのはどうだと言って、幹部たちはそれぞれの本当の姿に戻り、力をみなぎらせ彼を威圧するのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」44話のネタバレ

現れた大勢のモンスター達を前に、こんなにも多くが人間を装っていたのかと彼は驚き、その気迫に彼は圧倒され、自身を情けなく思う。

レトリックが前脚で地面を叩くと、稲妻が走った。

この電撃の権能は、プルソンが持つ力のごく一部なのだが、この程度の力でも彼の足の震えは止まらなかった。

レトリックは、随分驚いたようだ、君も我々の仲間になれば王の力でこのように強くなれる、世界を変えるまでとはいかなくても、王の降臨の準備には十分ではないかと言う。

彼が、力を得るには何をすればいいのかと聞くと、刻印すればいいだけだと答えるレトリック。

そして王の通り道を開放し、満月の夜に祭祀を行うのだと。

レトリックの後ろに、ただの人間の集団も見える。

彼が人間かとその集団に聞くと、自分たちは人間だが、彼らのように人間が嫌いなのだと話す。

人間に生まれてきて申し訳ない限りだと話す集団。

魔王の降臨後、有利だから、または黒魔術の研究の家庭で仕方なくという理由で、 人間の約20人に1人は魔王軍に加担した。

しかし1万人に1人は、心から人間を忌み嫌い、人間撲滅のため同じ人間を攻撃したのだ。

レトリックに刻印を入れるよう勧められるが、彼は断った。

彼は、お前たちの活動を邪魔するつもりはない、失敗する王に生を委ねるのも個人の自由だと言う。

話を聞いたハーピーらは、王への冒涜だと騒ぐ。

お前ごときに何がわかる、せっかく評価しチャンスを与えたのにと言われ、確かに自分ごときにできることはないと思う彼。

今の自分ではあのハーピーすら倒すことはできないだろう。

自分の成長速度は限界に達しているため、力を得るという点は悪いことではないのだが、蘇ったときに刻印が残っている可能性があるから、この提案は受け入れられなかったのだ。

とはいえ、今後何度復活できるかはわからないが。

例えどれほど強い力を得るのだとしても、プルソンの奴隷になるのは嫌だった。

彼はレナに、お前はどうするのかと聞く。

10年は楽しめるだろうが、その後は滅びて全てを失うだろうと言う彼に、まるで預言者だとため息をつくレナは、わかっていると思うけど、どんなに生きようが独りでは意味がない、一緒なら今日死んでも構わないと、彼女は答えるのだった。

レトリックは、断るとは予想外だ、全ての人間を家畜にするわけではない、そうであればあの人間達も仲間にはならなかったはずだと言う。

彼は、お前らの意志などどうでもいい、ただ負けるとわかりきった奴の下にはつきたくないのだと答える。

怒ったハーピーが、鋭いかぎ爪で彼を襲おうとするが、レナが、止めてと叫んだ。

そして、危害を加えるなら、帝国軍の発煙筒を打ち上げるといい、カバンに隠されていた大量の発煙筒を見せつける。

プルソンの信者共は静まる。

これを使えば、当分は帝国の捜査が入るだろう、面倒なことにしたくなければ、私達をこのまま解放してと、彼らを脅すのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」44話の感想

彼はやはり断りましたね。刻印をするのは嫌ですよね。

確かに、負けるとわかっている勢力につき、巻き添えを食うのは御免だと思います。しかし正直に話す彼。もっとうまく断ればいいのに。

おかげでここから無事に抜けることができなくなりそうです。レナが察して発煙筒を用意していましたが、これで相手を牽制したまま、脱出できるでしょうか。

まとめ

・レトリックは、刻印さえいれれば、プルソンの力の一部を得て、さらに強いモンスターになれると説明する。

・負ける予定の王につく気はないと、彼は断る

・レナは、危害を加えるなら帝国軍の発煙筒を使うと言って、彼らを脅した


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください