漫画「盗掘王」11話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕 

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。


前回のあらすじは、遼河は、劉によって罠に嵌められた人々を助け出す。

一方劉は、遺物の部屋まで辿り着いたものの、どれが遺物かわからず探し回っていた。そこへ罠に嵌めた市民らが現れ、劉をリンチにする。

そんな劉を尻目に、凌駕は金の斧の遺物を使い、村正の遺物を簡単に探し当てた。村正は、主人になりここから出たいのならば、10人の生き血を捧げろとのたまう。

遼河は拒否し、無理やり支配力で屈服させた。

荒縄の遺物で市民を外へ逃がす遼河。劉もうまい餌で遼河を釣り、脱出しようと企むが、彼の発掘団にTKBMが関わっていること、もとより嵌めようとしていたことがバレ、崩壊する墓に突き落とされ見捨てられるのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「盗掘王」11話のネタバレ

村正の墓攻略後、公衆トイレに立ち寄った遼河。

遺物の声が聞こえる彼は、彼らの騒がしさに苛つき、うるさかった村正を便器に投げ入れる。

右腕がひどく爛れ、痛みでうめく。

遺物を手に入れるためには、多くの試練をクリアしなければならないのだが、それを無視して支配力で無理矢理言うことをきかせたため、ダメージが遼河にかえってきたのだ。

強い遺物ほど抵抗力も高く、この調子では身が持たない。

だが後のことを考えれば、支配力を使うしかなかった。

そこへ、盗掘屋基本スキル活性化ミッションの報酬についてウィンドウが出る。

報酬の支給の前に、支配の道か、親和の道か、慎重に選ぶよう警告がでた。

何故今更そんなことを聞くのかと思う遼河だが、腕が爛れても今更変える気はないと、支配の道を選ぶ。

すると、報酬が支給されました、と表示される。

何も起きず現れないので、あちこち探し回る遼河。

ポケットにパチンコ玉のような銀色の丸薬が入っていることに気づく。

消耗性遺物/インスタント食品と表示されており、詳細は不明である。

もしこれを飲んで死んでしまっても、今更失う物もないしと飲み込んでみる。

そして汚れた村正を拾い上げ帰ろうとすると、薬の効果が出て、遼河は苦しみはじめた。

先程の丸薬は医療系遺物だったようで、腕の爛れが治った。

すると今度は、遺物の瘴気に耐え治療に成功・耐性を認識した、と表示が出た。

初めて聞く能力値だったので、もしかしたら自分だけに発現したものなのかもしれない。

その頃、村正の墓の件がニュースで放送され、正体不明で危険な内部では人民解放軍の男が市民に危害を加えようとしていた、現在中国政府の回答まちだと報道される。

そして、中国遺物発掘団・首脳部会議室では、マスコミに墓と遺物の存在が知れ渡ったこと、中国に恥をかかせたことについて、発掘団総括の張志明が幹部らに責められていた。

例の日本人もそちらで処理すると言ったはずだと言われ、想定よりも困難だったのだが、未来記の遺物が対象をマーキングしていると説明した。

未来記がマーキングできるのは、持ち主が直接会った人物だけなのだが、未来記にマーキングされた劉がその人物と接触したために、完全ではないがマーキングできるようになったと説明する。

さらに持ち主以外でも使用できるようにならないか、TKBMが総力を注いで研究中だと付け加え、もう一度その日本人を殺し汚名返上できるチャンスを得た。

一方、遼河は寝転びながら、新しく身についた耐性について考えていた。

全ての遺物使用者は遺物の瘴気に悩まされていたので、もしこれが遺物の瘴気に対するものなら儲けものである。

しかしながら、遼河を有利にすることで何かカラスにメリットがあるのか、カラスが何を考えているのかさっぱりわからない。

空中にいるであろうカラスに、ウィンドウを使って返事をしろと言ってみるが、何も出ない。

そこに呉羽から電話がかかってくる。

呉羽はラスベガスにおり、遼河に言われた通りオークションの参加者名簿を調べていたのだ。

JKという人物は3人いると言うので、直接言って確かめる必要があると遼河は話す。

すると、S級遺物にマーキングされている、未来が読まれるとウィンドウが警告する。

遼河は少し考え、寄り道するところができたから、用事が済んでから向かうと呉羽に伝えるのだった。

漫画「盗掘王」11話の感想

以前、遼河の自宅付近に現れた墓は、攻略後跡形もなく消えましたが、今回の墓は地震が発生し周囲に大きな被害があった上に、市民も飲み込まれ内部を見てしまったので、情報が世に出回ってしまいました。

これには中国がカンカンです。劉はかなり失敗してしまいましたね。せめて身分証だけは隠しておいたほうが良かったのに。劉はあのまま生き埋めで死亡したのでしょうか。

一方遼河は、かなり使えそうな能力値・耐性を手に入れましたね。カラスからのプレゼントでしょうか。彼が言う通り、カラスに何のメリットがあってこのようなことをするのか謎ですね。カラスは遺物をさらに支配したい遺物なのかもしれません。

また、未来記にマーキングされ、未来を読まれる状態になってしまいました。完全ではないそうですが、かなり不利になりそうです。どのように対処するのでしょう。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください