漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」43話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「ある日、私は冷血公爵の娘になった」

娼婦である母に、2万ゴールドで魔族の公爵家に売られたピンクの瞳の少女は、実は魔族と人間のハーフで貴重な存在だった。魔族で寡黙な父と兄、イケメンな護衛騎士に囲まれ、カスティージョ令嬢として新しい生活を送る少女エステルの物語です。

毎週月曜に最新話が公開されます。

前回のあらすじは、ロイがカスティージョ公爵家の騎士団になるまでのいきさつを聞いたエステル。

そこにケルソンから、公爵が呼んでいると言われ向かうと、彼女のために用意したという青鹿の間のカギをもらう。青鹿というのは童話からとった名前なので、宝が沢山つまっていそうである。

一緒に部屋に行ってみようと、アニーやジェーン、ステファニーも誘うと、そこまで信頼してもらえたのかと、3人は嬉しそうな顔をする。いざ青鹿の間に入ると、とても優雅で美しい部屋で、様々な宝石、アクセサリー等貴重品が沢山詰まっていた。

数が多すぎるので、まずは品物を管理してある帳簿を皆で探す。するとあるチェストにカギを差し込むと、手をのせる台座が出てきたので、エステルが手をのせてみた。すると何かが出てきたのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」43話のネタバレ

出てきたのは、探していた帳簿。かなり厚く、確認するだけでも時間がかかりそうだ。

ステファニーは、では明日からドレスを着てみたり、宝石を合わせてみたりと、ここで遊ぶようにしましょうと提案する。

面白そうだと思ったエステルはワクワクする。

するとドアをノックする音がし、騎士団が帰ってきたと報告が。

エステルは騎士団に会いたいと、すぐこの場を離れようとするが、ジェーンに、本当にエメルさんが好きですねと茶化される。

エレンやジンだって帰ってくるしと言い訳するエステルだが、軽く流され恥ずかしくなるのだった。

外には、ウルフ騎士団Aチーム全員が集まっていた。

そこへエステルが顔をだし、ジンとエレンに挨拶する。

エレンは、今日は汚れているのであまり近くに寄れないと言うので、ゆっくり休んでねと言うエステル。

そしてジンに促され、エメルのもとへ。

エメルはまだ怒ってるだろうか、自分のせいで公爵に怒られてしまったしと、やや不安を抱えながら彼のところへ近づくエステル。

彼が目に入ると、エステルは思わず彼を呼び止める。

彼はさっと近寄る彼女を手で制し、訓練中に血まみれになってしまったのだと説明する。

怒ってはなさそうだが、血まみれとはどういうことなのだろう。

怪我でもしたのと聞くと、僕の血でないのでご安心をと答える彼。

そして、本当にお久しぶりですねと彼は微笑む。

エステルも微笑み、パパに怒られたときの怪我は大丈夫か、病み上がりで訓練して大丈夫かと彼を心配する。

へっちゃらだと言う彼は、懐から何かを取り出そうとするが、やっぱりなんでもないとやめる。

気になると騒ぐエステルに、仕方なく彼が出したのは真っ赤な椿の花。

エステルのためにと摘んできたのだが、つぶれてしまったのだと申し訳なさそうだ。

そこへ、本当につぶれてるなと会話に混ざってきたのは、兄カルル。

寒いから中へ戻るぞとエステルを呼びにきたようだ。

エステルは戻る前にと、エメルの花を受け取る。

きれいなお花だねと喜ぶエステル。

そんな妹の姿をみたカルルは舌打ちし、エメルに血なまぐさいと言い、エステルを連れ城に戻っていった。

エメルは自身の手を見つめ、何か考え込むのだった。

その後、家族で食事をとるエステルだが、その場には騎士団長も一緒だった。

今年の冬の訓練は好調で、境界地域の魔獣の数もかなり減らすことができたのだという。

エステルが魔獣のことを聞くと、浄化されていない土地に残った獣のことで、魔族の残党なのだそうだ。

普段は住む土地を離れることはないが、しばしば隣接した土地の民家に被害を及ぼすことがあるのだと。

エステルは、魔獣のせいで困っている人がいるなら、やっぱり浄化したほうがいいのではと考える。

精霊と契約できればと、自分の手を見つめるエステルなのだった。

漫画「ある日、私は冷血公爵の娘になった」43話の感想

無事再会できエステルとエメルですが、二人の特別な仲の良さは周知のようで、嫉妬したカルルが妹を連れ戻しました。可愛い妹の気持ちを独占するエメルが嫌だったようですね。

血なまぐさいと言われたエメルは、自分の手が何かの命を奪う手だと思い、暗い気持ちになったのでしょうか。

エステルも終盤で自分の手を見つめていましたが、彼女は誰かの命を守るためにと考えたようですね。自身が犠牲になりますが。

でもエメルもいたずらに殺生を楽しんだわけでなく、これも住民の命を守るためだったはずなので、仕方がないことなのです。

エステルと接するうちに持ち直したらいいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください