漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」10話のネタバレと感想!あらすじまとめ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」原作BakHedam、漫画Pearjuice、脚色Jade、原題이건 명백한 사기결혼이다

伯爵令嬢に転生した主人公が、爵位を守るために1年だけの契約結婚する。お相手は超絶イケメンの情報ギルドのマスター。しかし彼の本当の正体は、狂気の殺人鬼「カリアード」。殺人鬼と彼女の甘い新婚生活を描く、恋愛漫画です。

毎週月曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、契約書の草案を渡すレイリン。

エフラン領地では、夫婦の寝室は一緒だが、スキンシップ禁止の契約だ。違反するごとに品格維持費10%減。彼は、品格維持費を4倍にし、その代わり契約終了時の報酬は安くつく、エフラン領地のタートル丘がいいとのこと。

レイリンと彼は、名前が空欄の養子縁組同意書、婚姻届、離婚同意書にそれぞれサインする。

すると早速、夫となったデリス・エフランの使いが来て、皇帝から頂いたというとても立派な邸宅に案内される。今夜はデリスは戻らないので、ゆっくり休むよう気になる言い方をされる彼女。

その頃、カリアードが舞踏会中の皇宮にて貴族を一人始末したため、大騒ぎになった。

静かに処理しろと言ったはずだと彼を咎めたのは、帝国の宰相であるレイリンの従兄シュタントだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」10話のネタバレ

ナインナイトはもともと皇帝直属の情報部だったが、私設ギルドに偽装し、敵を撹乱させようとカリアードが提案した。

独立した組織と思わせるために、敢えて帝国が不利になる情報も流した。

ナインナイトのこうした動きによって、帝国の大陸統一は容易になった。

それを知らずにある亡国の王子は、皇帝暗殺に必要な情報を、よりにもよってナインナイトに依頼してしまい、今こうしてカリアードに処刑されたのだった。

シュタントは近衛兵を呼び、死体を片付けるよう指示。

命令書には静かにと書いておいたのに、どうしてこのような場で事を起こすのかと、シュタントは頭が痛い。

そしてその後、邸宅に戻ったカリアードは、寝室でスヤスヤ眠るレイリンを見つめる。

何故かレイリンからは、すべての人間から聞こえる雑音が全く感じられないのだ。

彼はベッドに腰掛け、彼女にそっと触れる。

彼女は起きないが、触られため、寝苦しいのかしかめっ面になる。

その頃、彼女は妙な夢を見ていた。

真っ暗闇の中、ひとりぼっちの彼女。

四方からは死臭が漂い、正面には剣を持った上半身裸の男が立っている。

彼女の足元は血の沼に変わり、誰がこんなことを、まさかと彼女が恐れると、剣を持った男が彼女の方に歩いてきた。

だが剣を落とし、その血の沼に沈んでいく男。

助けて、俺だ、と彼女の頭の中に声が響く。

誰だかわからないが、今助けられるのは自分しかいないと、彼女は沈み行く彼の腕を掴んだ。

なんとか引っ張りあげると、彼は顔をあげた。

彼の顔をみた彼女は、知っている顔だったので驚く。

そんな夢を見ていた彼女は、眠りながら涙をこぼす。

涙を見て、彼は顔を触るのをやめ、手を離そうとするが、レイリンが眠ったまま彼の腕を掴み、デリスと彼の名を呼んだ。

カリアードでなく、デリスと。

彼が返事をすると、安心したのか、またスヤスヤと眠り始めた彼女。

どんな夢を見ているのか、何故俺の名を呼んだのかと、ますます彼女が気になる彼なのだった。

朝になり、レイリンは起きる。

眠る前は警戒していたが、いつの間にか熟睡していたようだ。

夢もみたようだが覚えていない。

だが、デリスを見た気がし、夢の中でもあのイケメンを見れるなんてラッキーと思う。

すると、侍女のアンがやって来て、早く支度してくれと言う。

レイリンの夫が、明日着るドレスを送ってくれたとのことで、帝都で一番有名なダリアアトリエが仕立ててくれるそうなのだ。

あまりの人気に、いくら大金持ちでも2,3ヶ月は予約が取れないほどの店で、その主人マダム・ヘイルンが直々に、仮縫いのためにこの邸宅まで来たのだと、アンは興奮しまくる。

これもナインナイトの力なのかなと思いつつ、アンの興奮についていけないレイリン。

応接室にレイリンが向かうと、ダリアアトリエの主人、エリー・ヘイルンが待っていたのだった。

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」10話の感想

カリアードは任務のために、帝国にたてつく人物を始末しているのですが、殺害場所は指示に従わず、敢えて目につくような、騒がしいところでやっているようですね。

異常な聴力のせいで、日々雑音に囲まれ、人を嫌悪するかのような彼ですが、何故人混みで処刑するのでしょう。敢えて恐ろしい姿を見せることで、自分によりつく人間を減らす目的でしょうか。彼の存在を知らしめれば、無謀なことをする人物が減るかもしれないですしね。

そんな彼ですが、何故かレイリンからは雑音がしないので、彼にとって彼女は、唯一リラックスできる相手のようです。

顔を触り、早速スキンシップ違反している彼。どんどん彼女に惹かれているようですね。

彼女のために、超人気店ダリアアトリエにドレスを手配してくれました。あの女主人は、ナインナイトギルドの人かもしれないですね。色々な貴族が利用する店であれば、情報が集まりそうですし。

さて、妖艶な女主人マダム・ヘイルンですが、どんなやりとりをするのでしょうか。ドレスも楽しみですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください