漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」2話のネタバレと感想!あらすじまとめ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」原作BakHedam、漫画Pearjuice、脚色Jade、原題이건 명백한 사기결혼이다

伯爵令嬢に転生した主人公が、爵位を守るために1年だけの契約結婚する。お相手は超絶イケメンの情報ギルドのマスター。しかし彼の本当の正体は、狂気の殺人鬼「カリアード」。殺人鬼と彼女の甘い新婚生活を描く、恋愛漫画です。

毎週月曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、祖国を帝国に侵略され、爵位を剥奪された王国貴族たち。父が爵位を剥奪されたため、継ぐことになったのが、レイリン・エフラン伯爵令嬢。

だが、帝国の法律では既婚者のみが爵位を継げるという縛りが有り、爵位や財産を守るために、彼女はその場しのぎができる1年だけの契約結婚を思いつく。

そこで頼ったのが情報ギルド・ナインナイト。ギルドマスターの部屋へと案内された彼女が見たのは、薄暗い中葉巻をくわえる赤い目の青年だった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」2話のネタバレ

レイリンが爵位を継がなければならなくなり、彼女の母親はあのとき結婚させておけば良かったと泣いていた。

彼女が15歳になった年に、パーティーで父がレイリンと従兄のシュタントと結婚させたいと言い出したのだが、彼女は速攻拒否し、逃げ出したうえ、父と2ヶ月も顔を合わせなかった。

シュタントはレイリンに嫌がられたショックで、家出して音信不通になったのだった。

彼女にとってシュタントは家族であって、恋愛対象ではないのだ。

そんなことを思いだしながら、どうせシュタントと結婚していても平民になっただろうとレイリンは話す。

確かに、帝国に反抗した貴族の全てが身分を剥奪されたのだしと、母親は納得する。

レイリン・エフラン、伯爵家の一人娘の21歳である彼女は、なんと生前の記憶があった。

普通の女子大生だったのだが、不慮の事故で21歳で死亡。

そしてレイリンという異世界のお嬢様として生まれ変わったのだった。

だがその優雅なライフも、結婚して爵位を継がなければ全てがパアになる。

レイリンは、きっと素敵な相手を見つけてくるから心配しないでと、母を励ます。

リリン、とレイリンを愛称で呼ぶ母。

こうして彼女の結婚相手探しが始まったのだが、ソペン王国でまともな爵位を持つものは老人しか残っていなかった。

適齢のほとんどが身分を剥奪されていたことと、同じ状況の令嬢が他にもいるからだ。

残るは、祖国を侵略した帝国から選ぶしかない。

すると、シュロット・ハイデンという、エフラン家お抱え騎士団の副団長が、部屋を訪れた。

彼は23歳の貴族青年で、実力も人柄も優れていることから、結婚相手としては申し分ない。

だが、レイリンの専属メイドであるセイラの婚約者で、猛烈に愛しあっていた。

さすがにそんな二人の仲を壊す気にはなれない。

それに無愛想で正直好みではない。

レイリンは彼に座るよう促し、用件を聞く。

彼は、これ以上遅らせるわけにはいかないと判断したといい、ある書類をテーブルに置く。

不愉快に思わず慎重に判断して欲しいという彼は、何故か緊張している。

もしかしてプロポーズかと焦るレイリン。

だが、彼が言わんとしていることは、帝国貴族との結婚だった。

帝国貴族の情報がないのだが、誰かいい人がいるのかとレイリンが聞くと、情報を得る方法ならあると彼は答える。

王国の貴族はろくなのが残っていないし、未婚貴族令嬢は爵位を認めないというのは、帝国貴族との結婚を促すための皇帝の策略なのだろう。

贅沢を言える状況ではないので、レイリンはその方法は何かと尋ねると、ナインナイトギルドに依頼するのだと、シュロットは答える。

ナインナイトギルドは、大陸一の情報ギルドで、お金さえ払えばどんな情報でも調べてくれる組織だ。

帝国の有益な情報から致命的な情報までも。

だが、終戦直後に、皇帝にその二面性を危険視され、殺人鬼カリアードによって全滅させられたという噂だ。

そのギルドがまだ残っているのかと言うレイリン。

内部反乱対処のために、正式な活動を皇帝が許可したそうだ。

そして先月、帝都に本部を構え各地に情報員を送ったのだという。

そこでシュロットはギルドの能力の確認のために、レイリンに関する情報を依頼したところ、実力は確かだったと言い、目が泳ぐ。

同じ情報は二度と売らないそうなので、真っ先に購入し確認したが、全部は見ていないからと言い訳しだした。

そして慌てて退出するシュロット。

レイリンが残された書類を確認すると、身長体重スリーサイズから生理周期まで、本人すら知らないようなことまで書かれていた。実力は確かなようだ。

帝国貴族との結婚が差し迫る中、既婚者の自由恋愛が認められている帝国のスタイルを受け入れられるか不安になる。

一度も恋愛したことないのに、急ぎで見つけた旦那が、愛人を連れ帰るクズだったら耐えられない。

そこで、一年だけの契約結婚である。

それであれば、相手が何していようが気にならない。

そしてその翌日には、ナインナイトギルドに向かった彼女なのだった。

漫画「これはまぎれもない結婚詐欺ですっ!」2話の感想

レイリンは貴族令嬢なので、成人する前に縁談はあったようですね。しかし、彼女が家族としか思えない親族との結婚だったため、断固拒否。そのショックで相手が家出する始末。

レイリンも転生主人公ですが、前世のことは過ぎたことなのかさくっと紹介して終わりでしたね。前世は前世、今は今、というような。

転生を生かすことがあるとすれば、地球での多種多様な情報に慣れているため、あまり動じなさそうなところでしょうか。突然21歳のレイリンに変わったわけではなく、0才児から育ってきているので、前世のことは完全に過去のこと、ただ記憶があるだけでこだわることはないのでしょうね。

前世で21歳で死んだ彼女が、今度は21歳で転機を迎えようとしています。彼女が選ぶ相手は、作品紹介にある通り殺人鬼カリアードなのですが、この21歳という年は死の単語がまとわりつくようですね。

今回の話は、ナインナイトギルドに行く前の話でしたが、次回でようやく1話目に繋がります。ギルドマスターと会った彼女は、どのように彼と打ち解けていくのか楽しみですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください