漫画「外科医エリーゼ」最新話83話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「外科医エリーゼ」原作yuin、漫画mini、原題・외과의사 엘리제

傲慢不遜で皇帝である夫に火炙りにされた前世を経て2度転生した女性が、過去の人生に戻り、今度はナイチンゲールのように、人々に医療で尽くす医療系恋愛漫画です。

毎週水曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、エリーゼは低体温症のリンデンを助けるために、上着をかけ抱きしめて温める。彼の首元に、ロンに渡したはずの徴表がかかっていることに気づき、自分が彼を避けていたから、正体を隠して自分を見守っていてくれたことを知る。

その頃、指揮をとるマッカイル元帥は、リンデンの計画のために動けないでいた。しかも営巣に監禁されていたミハイルが脱出し、単独でエリーゼを探しに行ってしまう。

回復したリンデンと、エリーゼは、徒歩で雪山を進んでいた。リンデンを意識し、顔が赤くなる彼女。リンデンはそんな彼女の顎に手を添え、クイっと持ち上げるのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「外科医エリーゼ」最新話83話のネタバレ

リンデンの顔が近づいたので、思わず後ずさりした彼女の足が木にぶつかり、上から雪がボトボト落ちてきた。

リンデンは手袋を外し彼女の頬を触ると、いつから熱があるのかと、彼女の体調を心配する。

ただの風邪だから大丈夫だという彼女だが、彼女が寒さで震えているのに気づいたリンデンは、さっきみつけた洞窟で休もうと提案する。

洞窟内にて、彼女が寒かろうと、リンデンは自分の上着を下に敷く。

顔色が悪そうだが、大丈夫だと言い張る彼女を、リンデンは抱きしめる。

戸惑う彼女に、少しでも冷えないようにしていることだから我慢してくれ、今はただ休めという彼。

彼の温もりを感じ、過去のリンデンとは違うのだと、改めて認識しなおすエリーゼ。

前世も彼のことが好きだったが、現世はそれ以上かもしれないと思う彼女は、そのまま眠りに落ちた。

リンデンは、エリーゼが辛いと自分も辛いと言い、彼女の早い回復を祈るのだった。

翌朝、エリーゼはすっかり回復したと言い張るが、どうみても発熱は続いていた。

リンデンは自分の額を彼女の額に当て、まだこんなに熱い、嘘をつく癖を直せという。

敵軍が居ないルートを把握して移動しているから、もう一晩ここで過ごそうと、彼は提案する。

リンデンは一応周辺を見回り、敵がいないか確認する。

その後、非常食を使って料理を作るといってカバンを開けた。

彼女を思いやるリンデンの姿に、いかに自分が過去に捕らわれ、愚かなことをしてきたのかと反省するエリーゼ。

リンデンを見つめ、今この瞬間がすごく幸せだと思う彼女なのだった。

漫画「外科医エリーゼ」最新話83話の感想

やはり、リンデンはキスするつもりでなく、彼女の顔色を確認したかっただけですね。エリーゼは体が弱いので、すぐ熱を出してしまいました。

リンデンは、敵軍はこないと読んでいますが、共和国は総出で彼らを探しに来るので、みつからないままでは済まない気がします。

共和国軍が見つけられないなら、ミハイルが見つけるのも大変そうですし、 今後二人がピンチになるのではと心配ですね。

すっかりいい雰囲気になった二人ですが、無事帝国軍のもとまで逃げ切れるでしょうか。

また、リンデンがマッカイルに指示していた計画とは何なのか、そろそろ動きがあってもおかしくないかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください