漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」32話のネタバレと感想!あらすじまとめ

漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも能力を維持したまま復活する、スケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、乱暴者がクリスティーナという女性戦士と周囲にバレ、身元不明で女性のため失格になるところだったが、エラスト領主の下卑た趣味のために試合続行となる。

クリスティーナはもうボロボロだったが、女性であるがゆえに力を認めてもらえず、父にも見放された怒りから、狂戦士へとジョブが変わり、彼をふっとばすのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」32話のネタバレ

狂戦士となったクリスティーナは、見違えるほど強くなった。

彼女が大剣を地面に叩きつけると、衝撃でひび割れ、何メートルにも渡って周囲がくぼむほどだ。

あまりの変貌にたじろぐ彼。

強くなった彼女に、観客は盛り上がった。

クリスティーナの攻撃力は凄まじく、下手をすれば彼の剣が折れそうだ。

彼女の俊敏さも上がったため、彼女の突進攻撃を躱しきれず、彼は弾き飛ばされる。

地面を転がる彼。沸き立つ観客。

予想外なクリスティーナの勇猛さに、エラスト領主も満更でもなさそうだ。

彼は震えながら身体を起こし、能力値もレベルも自分より下だったのに、スキル一つでここまで変わるものなのかと考えていた。

そして、自分にも疾走というスキルがあることに気づく。

疾走を使い、驚くべき速さで彼女に突進し、頭突きをくらわす。

彼女の目にも止まらぬ速さで撹乱し、激しく彼女を斬りつけた。

多量の血を吹くクリスティーナ。

これで勝負あったはずだった。

しかし、クリスティーナは力を振り絞り、雄叫びを上げ、倒れずに耐えた。

その上、彼の疾走タイムが終了してしまい、再使用できるまで3時間はかかる。

疾走が使えないなら、倒す手立てがないと焦る彼。

ふと彼女を見ると、クリスティーナは瀕死だったので、剣を地面に突き立て、やっと立っている状態だった。

クリスティーナは狂戦士になることで、一時的に能力は上がったが、その反動で大きなダメージを受けているようだ。

今がチャンスだと、彼は攻撃しようとする。

まだ戦える、私にもチャンスをくれと、涙をこぼしながら歯を食いしばるクリスティーナ。

その彼女の言葉は、彼がサキュバス様を救えなかったあの時、チャンスをくれと運命にすがった、自身の姿と重なった。

レナがチャンスだと、客席から叫ぶ。

彼は少し考え、クリスティーナに襲いかかった。

受けて立つクリスティーナ。

カアアアアンという音が場内に響き、その結末に誰もが驚いた。

勝者は、クリスティーナ・ザ・ブルーザー。

彼は仰向けに倒れたまま動かず、敗北したのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」32話の感想

彼が勝ち抜き、優勝するものだと思っていましたが、どうやら同情し、勝ちを譲ったようです。

変に優勝すると、かえって今後が大変だと思うので、今回はこれで良かったのかもしれません。これでクリスティーナはエラストの騎士という職を得て、父に認めてもらえるかもしれないですし。被害は全額賭けてしまったレナのお金だけですね(笑)

ギルドの依頼もこれでうまく解決できたのだと思います。

エラスト領主が、彼より強い騎士ばかりを侍らしているのがわかったので、まだまだ強くなる必要がありますね。次はどんな依頼内容なのでしょうか。

まとめ

・狂戦士となったクリスティーナは、威力と速度が上がり、彼は苦戦する。

・彼もスキルを使い、彼女に致命傷を与えるが、踏ん張る彼女に同情する

・勝者はクリスティーナ


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください