漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」31話のネタバレと感想!あらすじまとめ

漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも能力を維持したまま復活する、スケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、エラストトーナメント準決勝が始まり、彼と乱暴者クリスティーンの対戦を、エラスト領主含め大勢の人々が観戦する。

クリスティーンは、速度こそ彼に劣るが、筋力と強靭さは圧倒的で、彼を追い込む。こちらも手法を変えねばと、彼はその速度を活かし、絶え間なく攻撃を入れ続けることでクリスティーンを追い詰める。

衝撃でクリスティーンの兜が外れ、女性であることが判明するのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」31話のネタバレ

クリスティーンが女性とわかり、ざわつく会場。

洞察スキルを使ったときに、クリスティーンの本名が女のようだとは知ってはいたが、まさか本当に女性だとは思わず、彼も驚く。

ぶっ殺してやると怒鳴るクリスティーン。

そこへエラストの騎士がやってきて、クリスティーンは身元不明なので選手として認められないため、本名を明かすよう注意する。

嫌々、クリスティーナ・ザ・ブルーザーだと名乗る彼女。

エラスト騎士は、女性はトーナメントに出れないから、退場するよう宣告する。

今まで実力を見ただろう、私は戦えると訴える彼女。

ルール違反には変わりないと言う騎士。

するとパチンと音がなり、エラスト領主が何やら指示を出す。

対戦相手のザガンさえ良ければ、試合を続行するとのことだ。

断る理由もないので彼は受け、試合は再開される。

エラスト領主は一見寛大に対応したかに見えたが、その本心は、女の悲鳴がきけるからという下卑たものだった。

会場では、乱暴者が女性だということに失望し、非難の声が上がり始めた。

彼は、今にも倒れそうなクリスティーナに、 その状態で試合続行は無理だから、棄権したほうが良いと言う。

お前も女だからとバカにするのかと言うクリスティーナ。そういう意味じゃないと答える彼。

だが、実際に彼女の身体は限界で、力が入らず、なんとか剣で身体を支えている状態だった。

父に、女に生まれてきやがってと失望されたことを思い出した彼女は、ふざんけんなと彼に斬りかかった。

地面の出っ張りに躓き、転ぶ彼女。

それを見た観客は、賭け金返せ、なんで女なんかいるんだと、大ブーイング。

周りの反応を見たレナは複雑そうだ。

興奮した観客は、クリスティーナに向かって石を投げつける。

クリスティーナは、地面にうずくまったまま、父に厳しく戦士として躾けられたことを思い出していた。

こんなことで我が家門を立て直せると思うのかと、彼女がどんなに疲れ果てても続く訓練。

いよいよ彼女が泣き始めると、父は彼女に背を向け、女に生まれてきやがってと吐き捨てるのだった。

その頃、会場中はブーイングの嵐だった。

彼にはどうしてなのか理解できない。

クリスティーナが立ち上がったため、これ以上は命が危ないから棄権したほうが良いと声をかける。

しかし、そんな気遣いも虚しく、突然攻撃され、吹っ飛ぶ彼。

クリスティーナは、剣を強く握りしめ、目を光らせていた。

物凄い殺気を感じ、彼はゾクっとする。

すると、ウィンドウの通知音が鳴り、相手の職業が剣闘士から「狂戦士」に変わったと表示されるのだった。

・クリスティーナ:狂戦士Lv.55/体力50(12)/力42(65)/素早さ32(53)/知恵22(3)

・セーレ・ザガン:骸骨兵士Lv.23(65)/体力53/力55/素早さ55/知恵28

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」31話の感想

この世界では、女性の立場は弱く、いかに実力があっても活躍の場は認められない存在でした。なのでクリスティーナは性別を隠し、自分でも認めてもらえるところはないかと、戦いながらあちこちを放浪していたのでしょうね。

クリスティーナは、追い詰められ限界突破したようで、バーサーカー化しました。

体力と知恵がかなり低下した分、力と素早さがかなり上昇しました。素早さは彼のほうが僅かに速いだけなので、前回みたいに手数で押しきれないでしょうから、相当厳しい戦いになりそうですね。

また、会場は女性というだけで大ブーイングでしたが、同じ女性であるレナは、やはり人間は汚いと嫌な気持ちになっていそうですね。

そしてやはり現エラスト領主は、下劣な人間のようです。彼にはなるべく早くルビアの仇を討ってもらい、これ以上被害者がでないようにしてもらいたいものです。

まとめ

・乱暴者は、クリスティーナ・ザ・ブルーザーという女性だった

・トーナメントに女性が出しゃばったと、会場は大ブーイングの嵐

・クリスティーナは辛い過去を思い出すことで限界突破し、狂戦士へとランクアップした


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください