漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」21話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

どこにでもありそうなファンタジー小説内の悪役で脇役、さらに悪妻のあまり次期皇帝の夫に処刑される妃、カナリアとして生まれ変わってしまった主人公。

そんな彼女が生き残っていくために奮闘する、異世界恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、その虚弱さのせいで、凱旋式に参加できなかったカナリア。深夜、寝込む彼女を誰かが見舞う。

4日後の、勝利を祝う宴会の日にようやく回復できた彼女。支度をする彼女の部屋に、断りもなく部屋に突入してきた、彼女の兄シェパード・イースター男爵。

皇帝が、セザールをカナリアと離婚させ、グレイシーと再婚させるらしいとの噂がでているのだと、なんとかそれを阻止するよう彼女をせっつく。

妊娠すればいい、お前は不妊かと妹を詰り、しまいには彼女を殴ろうとするシェパード。

それをセザールが止め、シェパードを追い出す。

セザールは、ただいまと言い、涙ぐんでいた彼女を後ろから抱きしめるのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」21話のネタバレ

セザールに抱きしめられたカナリア。

凱旋式に行けなくてごめんねと言うと、彼は気にするなと答える。

ずーっと抱きしめられたままなので、そろそろ放してほしいと彼女が言うと、彼は彼女の顔を両手で挟んで、自分の方を向かせた。

苦労したのは俺の方なのに何故お前が寝込むのか、この前よりはマシになったが顔色は良くないなと言うセザール。

この前とは、深夜に額に手を乗せてきたのは、セザールだったことがわかったカナリア。

なんで寝ている人の顔を触るのよと突っ込む彼女に、シラを切ろうとする。

心配になって様子を見に来たのでしょうと、彼女はからかい、図星だったためセザールは顔を赤くする。

セザールは、もう体調は大丈夫なのか、今日は何故こんなに化粧が濃いのかと、あれこれ聞く。

彼の手におしろいがびっしりつき、顔色が悪いのではなく、化粧が濃いから白いのかと呟かれる。

顔色が悪いからおしろいを沢山塗って、化粧が濃くなっただけよと説明するカナリア。そこのところは間違ってほしくない。

さっき泣いたせいで化粧が崩れたようで、直すついでに薄くしてもらえとセザールに言われる。

顔色悪いから無理というカナリアに、化粧するよりすっぴんの方がマシだという彼。

解釈すると、すっぴんも可愛いという意味だが、それはないと、心のなかで否定する彼女なのだった。

夜になり、セザールの勝利を祝う宴会が開かれた。

貴族の視線を浴びるカナリア。

華麗に凱旋した皇子と、もうすぐ離婚されそうな彼の妻は、人々の好奇心をそそるには十分なネタだった。

セザールと腕を組み、会場を進むカナリア。

セザールがパートナーになるのは久しぶりだ。

彼がいない間は、彼の弟ノアがパートナーになってくれていたが、ノアに婚約者がいなくて幸いだった。

そこへ、皇子、とセザールに声をかけ呼ぶのは、彼の側近の騎士たちである。

その中にいたラヤは、カナリアと目が合い、軽く会釈をする。

気さくに会話する、彼と側近達。

セザールは、カナリアを彼らに紹介する。

なぜかミラーに凄まれるカナリア。

他の者も、彼女が凱旋式に出席しなかったから今回も来ないと思ったが、さすがにマズイと思ったのではと、ヒソヒソ話す。

それが聞こえたカナリアは、やはり自分は周囲に良く思われてないことを実感してしまう。

ミラーは、9年前、皇子が自分達との約束を破って、急いでどこかに行ったことを思い出すと言う。

ジャックスが、あの時手を繋いでいた女の子が彼女かと、口にする。

まさか全部見ていたのかと冷や汗を流すセザール。

何故今まで黙っていたのかという彼に、あの当時あまりにも皇子が可愛らしくてと笑うミラー。

セザールを子供扱いするなんて、みんなすごく仲がいいのねと思うカナリア。

ミラーは、一緒に来て頂きたいところがあると、セザールに申し出る。

彼はカナリアに、一人でも平気かと聞き、彼女が勿論と答えたので、ここで待っているようにと彼女に告げ、ミラーらとその場を離れた。

大事な用のようだったで平気なフリをしたのだが、正直なところ、ジロジロ見られてばかりなので、平気ではない彼女。

気にしたら負けだからと、食事に集中する。

そこへ、姉さん一人で寂しそうだねと、ノアがやってきた。

別に寂しくない、食事を楽しんでいるだけだとムキになって答えるカナリア。

すると、周囲から、第二皇子とカナリア妃は随分仲が良さそうだ、カナリア妃の後見人は皇后陛下、夫君の出征中のパートナーは第二皇子だった、ただの仲にはみえないと、ヒソヒソ話が聞こえてきた。

ノアは拳を握りしめたので、気にしないようカナリアは声をかける。

そんなわけにはいかないと怒る彼。

そこまで私のことを心配してくれるのかと感動するカナリア。

だが、僕にだって好みがあるんだと、カナリアとの恋話がでるのは心底迷惑だったからだった。

ムっとしたカナリアは、ノアのほっぺをつねる。

子供扱いするな、私にとってあなたは一生子供だとやりとりする姉弟。

それを見た周囲は、あんなスキンシップまでと、さらに誤解を深める。

カナリアとノアは、人がいないところに移動することにする。

カナリアは、セザールにここで待つように言われたが、まぁ大丈夫かなとあまり気にかけることなく、その場をあとにするのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」21話の感想

カナリアはやはり、凱旋式を欠席したことで、周囲に誤解されていました。

そしてセザールがいない間のパートナー代わりとして、第2皇子ノアが4年もの間一緒だったため、ノアとの仲を噂されてしまいます。

仲睦まじい姉弟のようにコミュニケーションを取る二人ですが、それが良くない方へと。さらにセザールに待っていろと言われたのに、噂話がひどいので二人で移動します。

これはあとでセザールが傷つくのではないでしょうか。

周囲から見れば、皇后の手先のカナリアと、皇后の実子ノア。

次期皇帝であろう英雄セザールと、国の有力者の令嬢グレイシー・ランカスター。

この組み合わせがしっくり来るのでしょう。

カナリアは勿論、セザールとグレイシーの結婚を望んでいますが(本心ではないでしょうが)、セザールは全然違います。カナリアが愛しいのに、周囲はそれを認めないし、カナリア自身もフラフラと行動が読めません。

今回のノアと二人でカナリアが移動したことで、どんな誤解が生まれてしまうのか、セザールはどうするのか、次回が気になりますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください