漫画「アデライド」40話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「アデライド」

交通事故で死亡した後、伯爵の娘として赤ん坊に転生し、16歳まで成長したアデライド(アデル)。そんな彼女がイケメン公爵・エリアス公爵との契約結婚をすることになり、彼を奪い合う恋愛戦争がテーマです。

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、皇太子はシスコンのルーカスに回収される。エリアスはその道連れにされる。

ようやくユリアと二人きりになれたアデル。彼女らは、今後のルイについてのこと、アデルの彼への気持ちを話し合う。

一方その頃、ルイはエリアスと面会すらままならないため、聖女検証の前に社交界での立場を固めようと企むのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「アデライド」40話のネタバレ

ルイとアンナは、貴族の宴会に参加するため、馬車で移動していた。

夢にも思わなかった貴族の集まりに、アンナは胸がドキドキする。

それをビシっとするよう注意するルイ。

今自分がどのように周囲から思われているのか、アンナと兄できちんと調査するようにと言いつける。

向かった先はペトラン伯爵邸。

ルイの登場に、周囲の人はヒソヒソと何やら噂をする。

この間までは皆ルイにすり寄ってきたのに、エリアスに正式な婚約者ができた途端、このように腫れ物扱いだ。

それでも聖女検証が行われるそうですねと話しかけてくれる仲良い令嬢もいる。

大司教が戻ったらすぐに二次検証が行われると話すルイ。

そこへ、ルイとは初対面のロータス伯爵令嬢が現れ、エリアス公爵との関係はどうなったのかと聞いてくる。

ルイはウルウル目で話しかけてくるロータス令嬢にムッとするが、ちょうどよかったと、作り話を始めた。

エリアスは皇帝派の一族のため、力関係によりルイを選ぶに選べなかった、皇室と神殿の板挟みになったのだと話す彼女は、彼の心には私しかいないと断言できると言う。

いつか爵位を選んだことを後悔するはずよと、純愛を演じる。

取り巻きらは感動する。

そんなルイを眺めているのは、アラン・ハビエル・アーンフェル・フェルナンド。

中立に見える若いアランだが、その父フェルナンド公爵は貴族派のため、一族全員を貴族派に引き込むためにら今から接触しておこうと、隣にいたマティアスは考える。

アランはルイがエリアスと恋仲だったらしいことをマティアスに聞くと、だから利用できると思ったのだとマティアスは答える。

エリアスを貴族派に引き込むことができなくても、聖女であるルイと結婚させれば、皇室との繋がりは弱くなる、そのつもりだった。

アランの反応から、貴族派に傾いていると感じたマティアスは、話を続ける。

勘の良い皇太子が、エリアス以外のルイの婚約者になるものを探し始めたこと。

それをマティアスは、脅迫や誘惑で阻止したのだという。

君らしいと笑うアラン。

そしてマティアスは、妨害空しく、突如現れた令嬢が、エリアスと婚約してしまったと話す。

アランは、ジェスティア一族の親戚だそうだから、モナハン一族とも繋がりがあると指摘。

頷くマティアスは、皇太子が手をまわしたのだろうと言う。

アランは、ルイは貴族派が行ったことと、現状を把握しているのか聞くが、公爵に話す恐れがあるため教えてはいないのだと、マティアスは話す。

ずる賢いと思っていたのに、婚約を妨害できなかったまぬけな女だと呆れる。

それならばと、マティアスがエリアスの婚約者を誘惑して破談させればいいじゃないかと、アランはからかう。

マティアスは、公爵夫人の座を捨ててまで乗るとは思えないとため息をついた。

アランはそんなマティアスを見つめ、全てを企てのはこいつか、思ったより口が軽いと考えるのだった。

その頃、使用人の待合室では、ルイとエリアスの悲恋の話題で持ちきりだ。

皇太子が二人の仲を引き裂いたと、ルイを憐れむ使用人達。

すると、エリアス公爵閣下のもとで働く僕のいとこが、それは真っ赤な嘘だと言っていると、切り込んだのはアンナの次兄。

しかもこの噂は、ルイ様が公爵夫人になりたくて流した噂だから、怒った閣下は、今裁判を申し立てていらっしゃると説明する。

裁判ときいて、やはり噂は嘘だったのかと、納得する人々。

そして、今の話は絶対に秘密にしてほしいと皆に言う次兄。

これはエリアスの作戦で、秘密ということにすれば、より早く噂が広まるからとのことだった。

漫画「アデライド」40話の感想

初登場のアランですが、フェルナンド姓は度々物語に登場してきました。

20話24話に名前がちらっと出てくるのですが、どうやらエリアス・皇太子サイドのようです。マティアスはこの一族を仲間に引き入れようとしていますが、彼は騙されているわけですね。

さて、ルイが社交界を味方につけようと、神殿と皇室の関係のせいでエリアスと引き裂かれたと悲恋を演じます。さすが女優さんです。その企みも、エリアスらが仕掛けたことによって、帳消しにされそうです。

アンナの次兄はとても上手に仕掛けましたね。これで噂を消すことができれば、ルイとパウロ大司教の契約書を使い、あっという間に彼女を追い詰めることができるでしょう。

マティアスも首謀者だとバレましたので、芋づる式に悪役らが捕らえられるのでしょうか。これでルトビッヒは安泰でしょうか。

色々な障害がなくなり、早くアデルとエリアスが幸せになるといいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください