漫画「チトラ」3話のネタバレと感想!あらすじまとめ

漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「チトラ~イケメンをガチャする伯爵」

作画・Reffe、原作Skycat( 치트라  )

──ゲーマー女子が事故死し、ウサギ姿の美の男神によって美しい女伯爵に転生する。美の男神は彼女に、ガチャゲーの能力を授け、信徒をふやすべく彼女に色々なクエストを与えるのであった──

毎週日曜に最新話が追加されます

前回のあらすじは、フォヴィーナスの祭司長を務める一族の跡取りだったチトラ・セレキーノ。親族に嵌められ死を待つだけだった彼女の死体を利用して、転生したのが主人公だ。

この身体を使ってフォヴィーナスの任務をこなす必要がある彼女は、無料ガチャ券で5つ星の超レアを引き当てる。その人物は、伝説の勇者執事ラデルクなのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「チトラ」3話のネタバレ

次回からは信仰心ポイントを貯めて、ガチャをしてくださいと、ウサギのガチャマシーンは言い、その場で消えた。

残されたチトラとラデルク。

空気を読まず、空腹を告げる彼女のお腹。

目覚めたばかりでお腹が空いているようです、すぐ食事をご用意しますとラデルクは言う。

執事だけあって、本当に自分の世話をしてくれるんだと彼女は感動するのだった。

用意されたのは、とても美味しそうなスープ。喜ぶ彼女。

ラデルクは、材料が乏しく、今はこれくらいしか用意できなかったが、次回からは良質な材料を手配すると話す。

彼女は、ただのジャガイモがここまで変化するなんてと、5つ星は違うと実感する。

先ほどラデルクが、5つ星がこのガチャの最高ランクで、出現率は千分の一だと教えてくれた。

さらに彼自身は闇属性で、尾行、暗殺、家事まで得意なので、かなり珍しいらしい。

理解できたかと微笑む彼に、脳内パニックの彼女はひきつりながら返事をした。

次回からは無欲状態にならなくても関係ないだろう、もう5つ星などでないだろうからと考える彼女だった。今回のことは奇跡なのだ。

スープを口にする前に、ふと、自分のことは知っているのかとラデルクに尋ねる。

彼は復活する際に、マスターである彼女のことと、この世界の事の情報を簡単に習得はしたものの、詳しいことまではわからないと話す。

スープが冷める前に食べるように、彼は促す。

彼女はラデルクに自己紹介をお願いする。

そしてスープを口に入れ、途端に吹き出す彼女。

あまりの美味しさに吹いたのだった。

ラデルクは彼女に水を用意するが、彼のあまりの優雅さにまたも感動する。

目がくらむほど、全てが美しいラデルク。

スープが熱かったようだ、以後気をつけるというラデルクに、今のままで十分だし、本当に本当に美味しいと絶賛する彼女。

それにこんなイケメンに世話してもらうだけでも、贅沢だと涙を流し感動するチトラ。

このチトラの身体は伯爵令嬢なので、両親が行きている間は何不自由ない暮らしをしていた。

しかし今の中身はただの就活生である。

そう彼女が色々考えていると、何故かラデルクが大きく見える。

彼は思いっきり彼女に顔を寄せ、本当に大丈夫かと聞く。

あまりの顔の近さに、驚き動悸が激しくなる彼女。

なぜならラデルクはかつてないほどイケメンだから。

彼女は3D2Dアイドルオタクを数年やってきたので、イケメンに目がなかった。

しかしいちいち動揺していては、彼に失礼だ。

オタクを隠すために、平然を装う。

スープに問題があったのではと心配するラデルクに、身体が弱っててむせただけ、大丈夫ですと微笑む彼女。

なのでラデルクの話をして欲しいと言うと、彼は優しく微笑んだ。

遠い昔魔王がいました、と彼は話し始めるのだった。

漫画「チトラ」3話の感想

ラデルクは相当なイケメンなようで、イケメン好きなチトラは動揺しっぱなしですね。

水さえ優雅に、ジャガイモのみですら豪華な料理に変えてしまう、5つ星ラデルク。肩書は相変わらず意味不明ですが、容姿ともに実力は最上のようです。

また、今回は無料券でガチャできましたが、次回から信仰ポイントが必要なようです。これはフォヴィーナスの任務をこなすことで得ることができそうですね。

次回はラデルクの過去が明らかになるようです。彼は一体どんな人物なのか、また次なる仲間はいつ参入するのか楽しみですね。

まとめ

・次回からは信仰ポイントをためることでガチャができる

・ラデルクは1000分の1の確率でしかでない最高ランク5つ星であり、闇属性+家事全般ができるかなり特殊なキャラ

・イケメンに目がないチトラは、いちいちラデルクに感動してしまう


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください