漫画「帰還者の魔法は特別です」17話のネタバレと感想!あらすじまとめ

ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」

原作 Usonan ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다 )、漫画 Wookjakga 。

──人類を襲った最悪の災害・影の迷宮にて、最後まで生き残った6人のうちの1人デジール・アルマン。ラスボスの討伐に失敗し、人類は滅亡。死んだはずの彼は何故か13年前に転生した──

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじは、パーティメンバーを成長させるべく、デジールはロマンティカに無詠唱魔法を覚えさせようとしていた。それが可能なのは、なんと転生前のロマンティカ自身だった。

始めは半信半疑で訓練を始めた彼女だが、少しずつ感覚を掴んできた。

またプラムについては、細剣を何故使わないのかと理由を聞く。すると彼は、デジールについてきてほしいと言うのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」17話のネタバレ

デジールは、プラムの案内する方についていく。

ロマンティカは詠唱なしでボールが動くことに興奮していたので、留守番である。

通路を歩くプラムはふと、自分の父親の顔をしらないと話す。

プラムの母は平民で、父は貴族、プラムは不名誉の象徴ともいえる私生児だったのだ。

そんな父からもらった細剣を見せるのだという。

部屋につき、プラムが持ってきたのはシルバーの細剣。

デジールが持ってみると、これで敵にダメージが入るのか疑わしいほど軽かった。

柄に文字が刻まれている。

プラムが6歳のときに、この剣の存在を知ったのだという。

唯一父が残してくれた細剣。これがあるからこそ、プラムは剣の道に進むことにしたのだ。

いつか父に会えたときに、この剣をうまく扱う立派な姿を見せたいと。

プラムの母は、真剣に剣術の訓練をする彼を、心配そうに見ているのだった。

死の間際、母はプラムに、絶対に父を訪ねないことを言いつける。住む世界が違うのだという。

そしてプラムが大好きだと言って微笑み、短い生涯を終えたのだった。

最期まで父の名は教えなかった、プラムの母。

もし私生児として、名もなき平民が貴族を訪ねてたら、プラムはここでこうしていることは出来なかっただろうと、デジールは考える。

プラムの母が彼を守り続けているのだ。

しかしプラムは、父親が誰なのか知りたくて我慢できず、調べるために、各国の貴族が集まるヘブリオン学園に入学した。

手始めに、唯一の手がかりであるこのレイピアを鑑定してもらったのだが、安物の鉄剣なのであった。

父が、彼と彼の母に唯一残してくれたものが、ただの鉄剣だったのだと、悔しさで涙を浮かばせる。

こんなものと、プラムは剣を放り投げた。床に叩きつけられる細剣。

これだけを信じてここまできたのにと、プラムは母を想い嗚咽を漏らす。

デジールは冷静にその細剣を見つめていた。

夜に1人、デジールは考えていた。

細剣にそんな背景があったとは、なんとかプラムの苦痛を和らげてあげたい。

転生前は、プラムは細剣を使っていた。

この転生は、時間が巻き戻っただけで、生まれ育った環境が変わったわけではないはず。

そして彼は何かに気づく。

シルバーのレイピア、そしてあの細剣。

見たことがあるのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」17話の感想

今回はプラムの話でしたね。

あの無邪気な容姿とは裏腹に、重たい背景があったようです。

私生児とはいえ、自分たちを大事に思ってくれたに違いないと、父の期待に応えるために頑張ってきたプラム。それは彼の勝手な思い込みだったという悲しい事実。

おそらく母は気づいていたのでしょうね。だから父親に過度な期待はしないよう、名前を最期まで隠し通したのでしょう。

転生前は細剣を使っていて、今回は大剣を使おうとしているプラム。何故、転生前後で内容が違うのでしょうか。それとも影の迷宮に入る前に、プラムと細剣の間で折り合いがつくのでしょうか。

今回デジールが関わることによって、どのように変化するのでしょうか。

剣の柄に刻まれた文字の内容も気になりますね。

まとめ

・プラムは貴族と平民の子であり、世間では不名誉の象徴である私生児だった

・父が残した細剣を特別なものだと信じ、剣の道に進んだ

・実は細剣には何の価値もなく、プラムは得意な細剣を使う気に慣れなかった


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください