漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」16話のネタバレと感想!あらすじまとめ

漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」

原作sosori、漫画Antstudioの、スケルトン兵士が主役の転生ファンタジー漫画です。

──ご主人であるサキュバスを守ることができず死んでしまった骸骨兵士。彼はいきなり20年前の自分がネクロマンサーに召喚された時に転生する。しかも何度死んでも、記憶とステータスを持ったまま蘇ることができるようになった。今度こそご主人を守るため、彼は強くなることを決意する──

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじは、クモに捕まり絶体絶命の彼らだが、レナの活躍により危機を脱する。しかしレナはクモに噛まれており、毒のせいで倒れてしまう。

解毒剤が必要だと考えていると、声が聞こえてきた。なんとユーブラム警備隊が、女王クモに言うことを聞かせるために、クモの卵で脅していたのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」16話のネタバレ

ユーブラム警備隊は、洞窟内で奴隷たちをこき使っていた。

その中にいたグレーの髪の男が暴力を振るいながら命令している。あいつがおそらく警備隊長であろう。

警備隊長が指示したために、ルビアは死ぬ羽目になったのだ。

警備隊長の下衆な笑い声が聞こえ、彼はこぶしを握り締めるのだった。

さらに警備隊は、死刑囚をクモの餌として与えていた。死刑囚を生きたまま糸でつつむクモたち。

警備隊の新人は、死刑囚なら処刑すればいいのに、なぜこんなところまで連れてくるような面倒なことをするのかと、先輩に聞く。

だが隊長の言う通りにするだけだと言われる。

そこへ後ろから彼が近づき、新人を人質にとる。

突然の鎧の騎士の出現に、警備隊長はたじろぐ。

彼は、大人しく解毒剤を寄越せば部下は生かし隊長は苦しめず殺してやる、と脅す。

ヤクでもきまってるのかと笑い飛ばす隊長。

しかし彼は淡々と、数か月前に一人の女が鎧を買いに来て殺された、今着ているのがその鎧だと話すと、なるほど復讐かと隊長は言い、そんな女など数えきれないくらい殺しているから、いちいち覚えてないと嘲笑う。

彼は、仕方ないと言い新人を斬ると、殺す、と攻撃しようとする。

すると隊長は彼にクモの卵をぶつけ、彼は卵液まみれになる。

卵は好きかと聞く警備隊長。

彼の後ろには女王クモが迫っていた。

不意を突かれ、剣を折られ、胴体を脚で貫かれる彼。

警備隊長はにやりと笑うと、その女王クモは魔法使いが捨てたキマイラで、母性愛がとんでもなく強い。

ゆえに卵の匂いがプンプンしている彼は、卵泥棒であり攻撃対象なのだと自慢げだ。

今日の女王クモの食事はあれで十分だろうと、その場を離れようとする警備隊。

しかし激しい爆発とともに、女王クモが燃えていた。

女王クモの悲鳴が響き渡る。

彼は兜を脱ぎ、鍛冶屋からもらった、熱さを感じない粉を頭にかけていた。

骸骨兵士である彼の容姿に、人間じゃなかったのかと驚く警備隊長。

彼は火炎放射器を手にもっていた。

殺すと言ったはずだと、あたりに火をまき散らす。

女王クモの悲鳴で、ほかのクモたちが寄ってくるが、彼によって燃やされた。

それにより、警備隊はもちろん、奴隷たちも燃え始めた。

あたりは炎に包まれる。

火が燃え移った隊長は、彼に命乞いをするが、彼は、もう遅いと火を吹き付ける。

彼の怒りはすさまじく、その死体さえ残らぬよう焼き尽くすと決めていたのだ。

ルビアを汚し命を奪ったお前ら全員燃やしてやるのだと。

全て、何一つ残さないように。

そしてその炎は、毒のせいで身動きできないレナまで届き、彼自身をも溶かした。

頭蓋骨が落ち、彼の目の前でまさしく全て燃えていったのだ。

同化率が下がったと表示が出る。彼は失敗したのだ。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」16話の感想

ユーブラム警備隊。彼らは一人旅の者を奴隷にし、反発するものは処刑し、他人の命をなんとも思わない、村を私利私欲で支配するクズの集まりでした。

ルビアも彼らの悪事に巻き込まれ、悲惨な最期を迎えました。

彼らに対する怒りは相当なものだったのでしょう。一度燃えると消せない、最強の武器を手にした彼は止まりません。

ルビアの仇を見つけ、ついにその復讐を果たすことができた彼でしたが、怒りを制御できず肝心のレナまで殺してしまう大失敗をしてしまいました。

今回は、彼も一緒に死んだため、リスタートできるとは思いますが、仮にこのように失敗して自殺したら復活できるのかどうか気になりますね。

せめてレナだけでも守り切ってほしいですね。

まとめ

・ルビアの仇、ユーブラム警備隊の隊長をみつける

・隊長は、母性愛の強いキマイラの女王クモを、クモの卵を使い操っていた

・怒りのあまり全て燃やし尽くすと火炎放射器をまき散らすが、レナも焼き殺してしまい自身も死亡してしまう


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください