漫画「彼女が公爵邸に行った理由」42話の作品内容とあらすじネタバレ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「彼女が公爵邸に行った理由」

原作Milcha氏、絵Whale氏作の韓国発恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜日に更新されます。

前回のあらすじは、レリアナの頭部に仕掛けられたトラップは、結晶石という輸入が厳しく制限されたものだと判明。その説明の間、レリアナの所有を巡って、ノアとヒーカーで主張しあう。

ノアはお清め中のレリアナのところに無断で入り、隠し事はないか彼女をきつく問いただす。彼の振る舞いに怒ったレリアナは、ノアを水の中に投げ落としたのだった。

詳しくはコチラにてまとめてあります

全話一覧はコチラ

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」42話のネタバレ

水の中に落とされたノアは呆然とする。

レリアナは、少し頭を冷やすように注意する。そもそもここはどのような場所かわかっているのかと。

ここは浄化の神室であり、許可された者しか出入りできない。

ノアは自分の感情をコントロールできていないことに気づき、さらにキースに言われた、レリアナに本気なのかという言葉を思い出す。

レリアナはノアに、何故そんなに怒っているのか、本当のことを話さないからと聞く。彼が自分を信じきれないのは当然であり、ビジネスの関係なのでそこに感情はないはず。

なのに、ノアの態度にレリアナ自身もイライラしていた。

ノアは悪かったと言い、彼女の手に自分の手を添えながら、耳元で囁いた。

レリアナを失うと思ったら、おかしくなりそうだったのだと。

びっくりして頬を赤らめるレリアナ。どういう意味なのだろう。

ノアはゆっくり休めと言い、去って行った。

そして夜が明け、いよいよ聖火式である。

ノアの前を通り過ぎるが、意識しては駄目、勘違いだと自分を誤魔化そうと頑張る彼女。

目の前に女神像があり、見たこと無いはずなのに何故か見覚えがある。すると、青年姿のヒーカーが現れた。

本来であれば公平性を守るために、大神官が聖火式を主宰することはないのだが、ヒーカーはよほど彼女を気に入っているのだろう、彼が務めることになった。

お辞儀するレリアナの頭に手を乗せ、自分はレリアナのおじいちゃんだと言うヒーカー。

レリアナは子供姿のヒーカーに無礼な態度をとったのはわざとではないと説明すると、あんな行動を受けるのは初めてで、150年生きてきて夜も眠れないほど衝撃的だったと話す。

レリアナはいたたまれず、おじい・・・ちゃんと、ヒーカーを呼ぶのだった。嬉しそうなヒーカー。

そして聖火式は滞りなく進み、レリアナが聖火を灯す。それに合わせて参拝者達も手を合わせ祈った。

ノアだけはまっすぐ彼女を見つめていた。

聖火式が終わり、帝都へのゲートが開かれた。貴族らは馬車ごとゲートに入り、帰るようだ。

ウェードは、レリアナと一緒に帝都に行こうとするヒーカーを必死に止めていた。

ヒーカーは自分の権限であけたゲートなのに、自由に行けないのかと怒る。大神官が歩き回れるわけがないじゃないですかと、ウェードはしがみつく。

ウェードはヒーカーに髪をむしられる勢いだったが、彼は粘り続けた。

馬車の窓からその光景を覗くレリアナ。

彼女はウェードに心から感謝するのだった。

漫画「彼女が公爵邸に行った理由」42話の感想

レリアナが心配でつい問い詰めてしまったノア。

ノアに信用されないことに腹をたてたレリアナ。

自分の気持に気づいたノア。

ノアの気持ちに気づかないふりをするレリアナ。

恋愛マンガらしくなってきましたね。レリアナは小説の内容を知っているだけに、余計ノアの気持ちを受け入れにくいんですよね。

ベアトリスという、本来のヒロインがいるから。

ベアトリスは、本編に一切でてきませんけど、どのような女性なのでしょうか。やはりノアが彼女と出会うと、ノアは彼女に心惹かれてしまうのでしょうか。

そんなノアの対抗馬としてでてきたのは、おじいちゃんヒーカー。あくまで保護者なので、恋愛にはなりそうもないと思うのですが、容姿だけはノアに匹敵します。

イケメンがレリアナの脇でちらちらしていたら、ノアは面白くないでしょうね。

レリアナは帝国一の公爵と、宗教界の伝説と、2人の有力者から認められ求められているんですね。すごいなーレリアナ。

神殿までは、行きは皆ゲート無しで移動していたので、帰りのゲートはおじいちゃんが奮発したのでしょうね。自分も移動するつもりだったし。わりと孫思いのおじいちゃんヒーカーなのでした。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください