漫画「入学傭兵」94話のあらすじと感想!ネタバレ有り


※全エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」94話のネタバレ

アイアンのもとにキャンプから、今回の任務に005を送ったと報告がきた。

ナンバーズを送るのはいささかやりすぎのようだったが、キャンプからすれば安心して任すことができる集団だった。

ナンバーズとは、アイアン傘下の秘密組織で、キャンプが育て上げた特殊実験部隊だった。

1000人程度からはじめ、地獄の訓練から生き残った40名で編成されるチームのことで、アイアンに多くの富をもたらした。

ナンバーズを率いていたものが裏切ったので、キャンプは多くのナンバーズを失うという大打撃を受け、その頃からキャンプはアイアンの命令に背けなくなった。

その頃、壮馬と005は人気のないビルに移動し、対峙していた。

005は、001が生きていたとは知らなかった、のうのうと暮らしているようだと、皮肉を言う。

壮馬が、005が送られてきたのなら、マッドドッグの命令ではないのだろうと指摘するので、005は、マッドドッグが001の生存を知りながらも隠していたのだと気づき、怒りを覚える。

また、壮馬は、005の捜し者を見つけたから自分に接触してきたのだろう、その人物はSWグループの人間なのかと問言う。

005は、無駄話をしすぎだと言い、壮馬に襲いかかった。

接戦だったが、僅かに壮馬が上回り、005から奪ったナイフで、押さえつけた005の喉を狙った。

だが、トドメはささなかったので、005に胴を蹴られて、彼女に距離をとられてしまう。

005は、何故殺さなかったのか、001のせいで26人の仲間が死んだが、今更どういうつもりだと、怒鳴るのだった。

漫画「入学傭兵」94話の感想

キャンプはアイアンの下部組織で、ナンバーズはアイアンの命令で、キャンプが育てていた者たちでした。

1000人もいた子どもたちが40人まで絞られたのがナンバーズですが、ナンバーズに残ることができなかった子どもたちは、全て死んでしまったようですね。

005の言う、26人が死んだというのはどういうことでしょうか。壮馬が仲間に手を下したとは思えないので、彼の意思とは関係なく起きてしまったことだとは思いますが。

壮馬と005は戦いましたが、壮馬には焦った様子がありませんでした。ですが、相手の生命を奪うことにだけは、うまく立ち回れないようです。

なので、005が知っている仲間殺しの001の情報は、偽りのものかもしれないですね。何が起きて大勢死んだのかわかりませんが、仲間を大事に思う005なら、いつか壮馬とわかりあえるのではと思います。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください