漫画「入学傭兵」87話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全エピソード一覧はコチラ

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」87話のネタバレ

陽司は、なかなか食事が進まない礼子に、食が進まないのはルインスとの婚約話のせいかと言う。

礼子が、何故そのことを知っているのかと言うと、陽司が、自分がルインスに婚約を提案したのだというので、何故勝手に決めるのかと礼子はぞっとした。

その婚約話がなくなったのは、礼子が断ったからなのだが、ルインスは陽司に、自身の女性問題のせいだと説明したようだった。

陽司は礼子に留学をすすめ、相手も用意すると言う。

準備はしておいたから、陽司のとこに来るだけで良いと言う。

また勝手に決められたので、礼子が断ると、あの高校生のせいだろうが、あの男にとっても利益などないと言われてしまい、礼子はショックを受ける。

するとそこへ杏奈がやってきて、実の兄と話したいからと言い、礼子を帰らせる。

陽司は杏奈に、事業の進みが遅い、レベルの低い婚約者の家と一緒になるのだから成果が必要など嫌味を言うが、杏奈は平然としたまま対応し、婚約者本人も家も立派だと言う。

陽司は、祖父の機嫌をとるためだけに婚約した相手を、杏奈が気に入っているわけがないと、心の中で馬鹿にしていた。

一方、落ち込みながら歩いていた礼子は、壮馬と藤堂が店の前で護衛していたことを知り、驚く。

彼らは、礼子を車に乗せて帰り道を進むが、礼子はまだ落ち込んだままだった。

ここに来るまでに、壮馬は藤堂から、礼子と陽司について聞いていた。

陽司は昔から礼子を操ろうとしており、礼子と藤堂が交換留学生になっていたのも、陽司が企んだことだった。

礼子が持つ会社の持ち分を得るために、陽司は彼女をコントロールしていたのだった。

礼子、藤堂、壮馬の3人は、礼子の提案でコンビニに寄り、一緒に楽しく食事した。

陽司の女性ボディガードがその様子を覗き見しており、陽司に報告する。

陽司は、籠の中の鳥が逃げようとしているので、手をまわし、礼子の護衛を自分の息がかかった者に変えようとした。

第三護衛チームのチーフは当然断ったが、陽司に礼子が誘拐されたことを指摘され、何も言えなくなってしまったのだった。

漫画「入学傭兵」87話の感想

礼子とルインスとの婚約話は、陽司が仕掛けたものでした。礼子の話を聞かずに、勝手にどんどん決めていくので、礼子は自分の意見を言う機会がなく、萎縮してしまっています。これまでの礼子の受け身な性格は、陽司のせいかも。

陽司の目的は、礼子の父の遺産であるSWグループの持ち分を得るためだったのですね。礼子を傀儡化すれば、陽司の物同然なので。陽司は礼子を扱いやすいと思っていそう。なんて酷い従兄弟でしょう。

この男に従うくらいなら、辛辣だけど気づきを与える杏奈の方が、どう考えても良いですよね。杏奈は礼子を助け出してくれました。頼もしいですね。

陽司は登場したばかりなので、そう簡単に引き下がることはなく、今度は立場を使って脅してきました。護衛チームのチーフは雇われの身なので、さすがに言い返すことができなかったようです。

壮馬は、SWグループ内の立ち位置などどうでも良いでしょうから、何も気にせず礼子を助けるのでしょうね。藤堂の方は、ルインスのときよりも動けなくなりそうです。

陽司については、杏奈が圧倒的な力をつけて追い出すのが間違いないですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください