漫画「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません~」35話のあらすじと感想!ネタバレ有り

漫画アプリ・めちゃコミックで連載している漫画「皇妃さまの育児論」原作:Jaha、作画:Steak、原題:이번 생은 제대로 키워 드리겠습니다, 폐하!

ロマンスファンタジー漫画です。

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません~」35話のネタバレ

エリサのもとに、皇帝カイトからの贈り物が届いたのだが、中には黒いマントと皇室の印章の騎士服が入っており、一目で皇帝の所有物だとわかるものだった。

エリサの格好を見たレオンは、カラスみたいだと微妙な感性で褒める。

アセンシオが、エリサに同行する西部貴族が到着したこと、皇帝も見送りにくることを説明する。

エリサがその場に現れると、彼女の服装を見た貴族が、皇妃としての品位はないのかと騒ぐ。

だがカイトが、大陸で唯一の女性ソードマスター、ゼオン帝国のカトリーナ公爵の服を模したものであること、エリサは慈悲も強さも兼ね備えることを説明し、自らエリサの腰にベルトを巻き、帯剣させる。

服のことで騒がぬよう、カイトがしっかり釘を刺したのだった。

その後、ルワンダ侯爵の提案で、道中にあるベルディン公爵領で計画をたてることに。

エリサはしばらく首都から離れることになるが、西部魔塔とゲオルグ、ブレミール侯爵もいるので、アセンシオの安全には心配はなかった。

その頃、とある騎士団は、魔物に囲まれていた。

魔物を倒すフリをすれば良いと言われた任務だったので、想定外のことになり、彼らは焦っていた。

魔物が一斉に飛びかかってきたので、かなり危なかったが、ブレミール侯爵が簡単に蹴散らしたのだった。

漫画「皇妃さまの育児論~2度目は失敗いたしません~」35話の感想

エリサは、カイトが用意した騎士服で、水脈探しに行くことになりました。

皇帝の所有物であることをアピールしたので、エリサの活動が成功するたび、カイトの功績になります。この男は本当にすごいですね。色んな意味で。

でもカイトのおかげで、煩わしい声はなくなり、安全に任務にでることができます。

カイトとしては、エリサに良い駒でい続けてもらうために、エリサが可愛がる皇太子アセンシオのことも手をまわすのでは。

さて、ひさしぶりに登場のブレミール侯爵ですが、魔物と戦うフリをしていた騎士団は、侯爵の騎士団とのことなので、ブレミール侯爵の騎士団でしょうか。

魔物と戦うフリをするというのは、どのような目的だったのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください