漫画「盗掘王」313話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」313話のネタバレ

反発する遺物を、柳製の監獄に閉じ込めた遼河達。

カラスが何かが近づいてくると警告すると、1羽の大きな鷲が姿を見せた。

それはプロメテウスがゼウスから奪った鷲だった。

鷲は、遼河達が大監獄に入る手伝いをする代わりに、自分の頼み(真っ先にゼウスから解放してほしい)を聞いてほしいという。

鷲は、プロメテウスを裏切るのではないと言い、プロメテウスの人質となっている状態なので、プロメテウスの作戦をことごとく潰してきた遼河であれば、ゼウスも助けられるかもしれないと考えたそうだ。

罠かもしれないと疑う遼河達に、プロメテウスは既に墓の入り口を探し出し、部下を使って監視していること、オーラがもれないよう入り口に幕まで張ってあることを話す。

カラスは反対したが、遼河はその取引を受けることにし、鷲から情報を得た。

遼河は団員達を集め、鷲の情報が正確かどうか知るために、分かれて墓を監視することに。

担当を決めていると、遼河達から七大遺物を奪おうと企んだ、イブとパンドラ達が押しかけてきた。

鷲からの情報で、イブ達が脱出遺物の妨害するものを持ったままだと知り、荒縄で無事に脱出することができた。

遼河は、鷲は信じて良いかもしれないと考えるのだった。

漫画「盗掘王」313話の感想

鷲は、プロメテウスがゼウスから奪ったものでしたね。鷲のおかげで、もっぱらの問題は解決できそうです。

罠かもしれないと警戒はしていましたが、きちんと情報を渡してくれたので、遼河は信じる気になりました。プロメテウスの側近の情報なので、さすがに使えるものばかりでしたね。

ただ、真っ先にゼウスから解放するのと、真っ先にカラスから解放するのと、約束がかぶってしまいましたね。遼河としては、カラスを優先させたいでしょうけど、どうするのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください