漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」151話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマにて連載中の「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」原作sosori、漫画Antstudio、原題・해골병사는 던전을 지키지 못했다

何度死んでも記憶と能力を維持したまま復活する、無名のスケルトン兵士が主役の転生ダークファンタジー漫画です。

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」151話のネタバレ

※主人公の骸骨兵士は『彼』で、他の男性キャラクターは個人名でまとめてあります。

家を調べさせて欲しいと言われたビブリオは、にっこり微笑みながら皮肉を言うと、レアンドロは、私が訪ねてきた理由に心当たりがあるのではと言う。

そして形式的なものだからと騎士団に調べさせた。

ビブリオは、自分のような年寄りより他の騎士団同士で交流した方が良いのではと言い、ワイヤーでイザベル・シモーヌとの秘密の印を作って見せつけた。

レアンドロは激しい怒りを覚えたが、不要な交流は仕事の邪魔だと答え、強靭な精神力で怒りを抑えた。

この後、ギス・ゼ・ライにイザベル・シモーヌが殺されること、そしてその死を調べている途中で少女公爵にレアンドロが殺されること、レアンドロは死んでも安らかに眠れないことを知っている彼は、ビブリオの言うとおりにすれば楽に生きられるのにと、複雑な気持ちでレアンドロを見ていた。

家を調べ回られても、ビブリオは余裕の表情だった。

そして、捜査を続けても良いが、予定があるから外出させて欲しいというので、レアンドロがボディチェックをする。

レアンドロが、行っても良いがどこに行くのかと尋ねると、ビブリオは、後継者審査のためにエラストに行くのだと答える。

ビブリオはテレパシーを使い、最も信頼する代理人として首都に残り、レアンドロが屋敷の捜査している間の監視して欲しいと頼んだので、彼は頷く。

さらにビブリオは、忠実な彼のために、彼が気にするルビアをただの領主ではなく、全身全霊で彼女に最高の力を与えてやると伝えてきたので、彼は喜んだ。

今回は間違うことなくルビアのシナリオをクリアできる、ボティスの代理人という強い存在が自分を必要としたおかげだと思った。

そして、その信頼に応えるためなら何でもするのだと、心酔しているのだった。

ビブリオは、全て順調だと上機嫌でエラストに向けて出発した。

一方、青獅子騎士団はビブリオの家で何も見つけることができなかったので、レアンドロは自分が集中して探すとと言い、部下に捜査から抜けるように命じる。

そして夜になると、レアンドロは床に座り、精神統一を始めた。

アジュラの塔主など足元に及ばない、ビブリオの工房であり結界でもあるこの屋敷で、一体何をするつもりなのだろうと、彼は監視していた。

レアンドロも、この屋敷が複雑な結界で構成された鬼魔の空間だと認識した。

一歩間違えば自分が壊れるかもしれないので、レアンドロは慎重に結界を破る隙間を探り、剣を振り下ろそうとした。

だがその瞬間、皇室の別の騎士団がやってきてレアンドロをとめ、リジェントダイヤモンド盗難事件の捜査権は、ローランス・タルティーエ公爵に移ったと言うのだった。

漫画「骸骨兵士はダンジョンを守れなかった」151話の感想

ビブリオがついにエラストに向けて出発しました。しかもルビアに手を加えるようですね・・・

彼はビブリオに心酔しているので、これで目的達成だと純粋に喜んでいましたが、いい予感はしません。せめて彼も同行できればいいのですが、レアンドロの監視を頼まれました。

ビブリオの家は複雑な結界で構成されていたので、見抜けるのは極一部の者だけのようでした。レアンドロは結界をなんとか破壊することができるようですが、絶妙なタイミングで中断する羽目に。

どこかに幽霊が潜んでいたのでしょうか。少女公爵は全ての動きを把握しているかのようですね。

少女公爵とビブリオ、どちらが相手の裏をかけるか争っているのだとしたら面白いです。そうであれば、予定外の彼を手駒にできているビブリオが優勢かもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

41 COMMENTS

TaoCheng

予想に反してバティエンヌの優秀さが際立つ回でした。キレやすいみたいな属性は彼の思い込みだったようですね。そしてテバルドはこんな凄い奴と何かを争えてたのでしょうか?それも思い込みかもしれません。
ビブリオは少女公爵の裏切りに事前の対策が無かった感じですが、エラストに出かける前に迅速に始末したのでしょうか?そうではなく一時的に少女公爵が探索失敗の汚名を被りビブリオやエラストと闘う展開なら一番面白いです。
おそらくルビアはケビン・アシュトンが言うような生来の魔法使いなので、今後とんでもない伸びを見せると思われる中、序盤の強敵のバティエンヌ達がリベンジを試みる、、生来に好戦的な彼にとっても熱い展開です。

返信する
猫野

あのときは愛するイザベルが殺されたのだから、レアンドロが怒り狂うのも仕方なかったのでしょうね。いつもは感情を抑え込めるレアンドロは、罪状を述べることで怒りを表に出すことができたのかもしれません。結果、狂気じみた演出になってしまいましたが。
デバルドは、28話でレアンドロに騎士団を追い出されたよう話してましたが、相手にすらなってない気がしますね・・・
ビブリオは、少女公爵の裏切りは予想していなかったものの、同じく予想していなかった彼が加わったことで、イリエンの涙を無効化できたので、裏切りの穴埋めができたのかもしれません。
少女公爵が失敗の汚名を被るのは、なるほどですね。溺愛するレアンドロを守ったのですね。
確かに、ルビアはかなりの潜在能力があるようですね。最終的に彼女がどのような存在になるのか楽しみです。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

もしこのイメージ画面がビブリオの嘘ではない場合、彼の野心を垣間見ることができるようです——おそらく現在の皇室を打倒し、新しい傀儡政権を建立するためです。(ルビアはちょうどいい人選かもしれません)

アジュラの塔主など足元に及ばないのビブリオの結界に、破る試すことができるのレアンドロの株が少し上がるように見えます(総合的に、塔主の格は剣主の格よりも高くするのはずですから)。もともと、今のところの剣主の基準点としてレアンドロを使うのため、両者のギャップはそれほど大きくないといつも感じていました。

また、当初から気になっていたのですが、皇室の者たちはビブリオが表舞台で演じる奇妙な身分をどのように活用できるのでしょうか?少し政治的な感覚を持っている人なら誰でも、彼が表面上で見ている普通の人だけではないことを理解できるはずです(すべての個人的な経歷情報が謎だったに、領土のない名誉公爵の称号が突然与えられる時点で、流石に普通の人物であってはなりません)。そして、さまざまな勢力が実際に彼の何も見つけることができなかったようて、正体が不明なこの状況では、誰も彼に対して無謀に行動することはありませんよね?(誰もが罠に陥らないように思われるので、それは何のために存在するのでしょうか)

返信する
TaoCheng

どう見てもルビアの格好は田舎領主のものではないですよね。そして背景の城も少なくともエラストじゃないです。ただ皇室はビブリオを受け入れる時点で連携しているので、打倒する予定なのは帝国の皇室にとって不要な諸侯でしょう。
ビブリオの身分は皇室の意向による強引な爵位の授与に利用する目的でしょう。オスカル伯爵のような有能な人間の上司にリドバーレンのような無能を任命すれば、アイザック抜きでも自然と敗北するでしょう。135話のボティスのよく分からない勝利宣言は同じ方法を用いてアンバー攻略の総司令官にネクロンの無能を任命し剣主達を全滅させたことを表してるのかもしれません。

返信する
TaoCheng

失礼、やはり背景の城はエラストだと思います。尖塔と見張り台の間に小さなオベリスク状のものがあります。ビブリオが後ろ盾だと期待してしまいますが、エラスト伯でも今までより全然良いですし、シナリオクリアにも十分でしょう。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

確かに、当分の間、ビブリオ(ネクロン紳士会)と皇室はかなり密接に結びついていて、これまでやってきたことも帝国の皇室にとって不要な諸侯を排除、計画を推進している。

しかし、最終的な目標に関しては、135話のボティスの勝利宣言によると、彼らは当初、帝国の既存のシステムを破壊することを計画していました(国全体を崩壊させ、多数の国民と兵士が死亡しました) 。このすべてどの部分が手段で、どの部分が目的であるかはまだはっきり言ってないです。
問題は、「皇室」も彼らの支配下にある帝国を崩壊させたいように見えるということです。 常識によれば、中核となる皇族の血縁者は、祖先から受け継いだ遺産を何らかの目的で犠牲にすることは難しいように思われるので、結局、最終的にはビブリオ達との利益の相違があるのでしょうか?このように推測します。
もちろん、もしビブリオなどの暗躍者たちが昔から表面上の「皇室」全体を操り人形として使って、自分の側と利害関係を共有する者たちを扶植するなどなら、それは別の問題です(例えば、序盤では、帝国の一連の明らかな激変が新しい皇帝の即位からと述べられています)。私はこの可能性、または程度はかなり高いはずだと思います。(今では帝国の内部は完全に悪魔の魔窟化ですから)
最終的な地位の高さに関係なく(たとえば、彼女を君主として新しい帝国を築く程度)、ルビアは、政治的にビブリオの将来の計画において強力な駒になるように見えます。

なるほど、この種のことは、皇室が表面上で露骨にそれを行うのに不便であることから、彼らが故意に作成した「名誉公爵」ビブリオを第三者として任命することにより、形式な公正を達成する必要がある。
帝国の他の諸侯たちが漠然とそれを知っていても、彼らは何もできません、これは陽謀に属しています。

返信する
TaoCheng

マルパスに複数の権能があるようにボティスの最高の権能は不老長寿かもしれません。151話のビブリオの自宅の説明の背景にウロボロスの蛇(永遠を表す)が描写されてた事から、その可能性はあります。
それならば普通の皇族や貴族を屈服させることは簡単でしょうが、直接ビブリオに爵位を授けたエルトン・クレメンス皇帝は何か命に執着が無い様子で彼の“皇帝陛下万歳“に答えるように灰色の騎士が現れている事からもビブリオ以外の強力な拠り所がありそうです。
さらに141話の少女公爵も自分が虫を使って帝国の首都を壊滅させたようでありながら、レアンドロには“帝国“への忠誠を促してます。仮にセイロン関係なら非常に楽しみですね。彼は“遺産“の時代の当事者でしょうし。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

このように様々な可能性を広げれば、実に無限の設定と展開があります。少なくとも、これまで帝国を支配していた支配階級や実力者は、「国」の常識的な見方をしていないようで、彼らの心の中で何が思っているのか予測するのは本当に難しいです。
帝国內部には、人間の束縛を打ち破り、異常に長生きできる実力者が一定の数いるようです(魔塔主の発言から推測されます)。それぞれが寿命を延ばす独自の方法を持っているのではなく、魔王の権能のように統一戦線を持って彼らを支援するものがあるの可能性はおそらく高いでしょう。

返信する
TaoCheng

我ながら変な事を言ってしまいました。ビブリオは見た目が老人そのものですので、彼が不老長寿を授けると言っても信じる者は少ないでしょう。
塔主を含めたアジュラの魔法使いは皆若々しいので、それは生来の魔法使いの特典(8話)かもしれません。
ちなみにレトリック・アエザールは魔術師であっても“魔法使い“ではないらしく、見たところ老人です。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

テバルドの強さについては、剣気が使えないことを除けば、描写はそれほど弱くないと思います。(全体的により強くなることができる者ような気がしますが、残念で剣気が学べない状況なのか?)

レアンドロのせいで騎士団から追い出されたと言っていたので、このように関係(人々はそれらの2つを比較しますか?またはレアンドロのために彼を追放する)していれば、剣気が使えなくても、他の雑魚様の帝国騎士(剣気が使用できるが、他の剣気使い手とは大きなギャップがあります。ただ幽霊のような戦闘員ポーション)の格よりも高いと感じています。「称号」に関する彼の発言から見ると、彼は他の帝国騎士に負けないという自信を持っているはずです。
特に今まで、彼はまだ四剣主の一人であるレアンドロに不満を表明すること(彼がそんなにすごいと認めない)をあえてしているので、彼は剣気以外の部分で非常にうぬぼれているべきであることを示しています。(もっと理由は単純にそれを認めたくないということです)

しかし、様々な設定の観点から、全体的な強さはまだレアンドロからはほど遠いです、そして上限はレイリーの格でしかありえませんの感じ(2人の立場も非常に似ています)?実際にはもっと低いのようです。

ちなみに、オスカル伯爵(上級帝国騎士レベル?)と比較して、剣主レベルより下のこれらのキャラクターの強さは如何ですか?

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

さまざまな時期の主人公の強さ描写の比較について少し精査した後、やはりテバルドはレイリーほどの強さがあることは不可能はずです:

主人公がテバルドと戦うときの蓄積レベルは65で、テバルドとの強さの比較は「油断で彼に軽傷をする可能性はあるが、それでも本気を出すのテバルドに圧倒される」と表現されています。戦闘過程の描写では、両者の基本的なステータスは戦闘を成立不能ほどの差ではないので、「ある程度戦おうと試みることができます」は実力差の評価です。
レイリーに会ってからそれほど長くはない(途中で、レアンドロを吸収したり、幽霊を殺したりするなど、まだ少し成長しています)死後の蓄積レベルは189に達し。レイリーとの強さの比較は「レイリーの隠蔽能力は主人公の探知能力を完全に抑制し、主人公は彼が心の中で只者ではないと警戒している」と表現されています。
2つの時点はかなり離れています。主人公は、ステータスのギャップに加えて、吸収による剣気などの一連の強力なスキルも習得し、彼の強さは大きな飛躍を遂げました。イメージから彼はより大きなギャップで武術大会時の自分を打ち負かすことができるはず、つまりすでにテバルドよりも強いです。そのような主人公はまだレイリーを過小評価していない(少なくとも彼と同格か、それより上の存在)。 したがって、「レイリー>テバルド」という比較的信頼できる結論を導き出すことができるはずです。

返信する
TaoCheng

テバルドに自信があれば、あそこまでの酔っ払いにはならないと思います。そしてレアンドロの凄さを良く知っているから自分の弱さに腹が立ったのかと思います。おそらく彼の剣技は新人騎士の時点ではレアンドロに並び最優秀で例えば“青騎士と赤騎士“みたいな称号を得ていたものの、剣気の伸びの悪さから何か失態をおかし称号を失ったのかもしれません。
さすがに剣気を使いこなせない状態で何年も騎士団に置いてくれるはずはないので、テバルドは剣気を習得した上で経験を積んだオスカル配下の槍騎兵や青獅子騎士団の正団員に勝てるほどの実力ではないでしょう。
レイリーはその場で入団を認められるほどの実力ですが、魔王関係の戦争で前線に立ちプルソン信者などに暗殺もされないオスカル伯爵には子供扱いかと思います。
マルパスの加護を得た主人公がチート級に強かったので印象が薄まりますが、ブロディ・バルドフやオスカル伯爵は鉄人でさえ全く敵わない化け物でしょう。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

実際、テバルドとレアンドロの強さの大きな違いから判断すると、このような「早期」のように勝ち負けの過去の経緯が最も合理的だと私も思います(そうでなければ、後で2つを比較する機会はありません)。セリフから判断すると、彼は明らかなセンスを持った剣士のように見えますが、帝国騎士の象徴である剣気を学んだことができなかったため、落胆し、最終的に騎士団から追放され、自己堕落しました。彼が帝国騎士でない場合、剣気以外のシステムを修行したなら、より成功するでしょうか?
彼の剣技がどれほどユニークで卓越していても、彼の力はそこで止まることに同意します、彼は多分帝国軍の真のエリートたちの敵ではない。

オスカル伯爵らは一見したほど弱くないとも思いますが、主人公がすでに強すぎる(暗黒のステータス上昇値は本当にチート級)というのは単なる相対的な感覚です。そして、剣主レベルより下では、彼らはすでにかなり支配的な強者であるはずです。
確かに、異なる時期の主人公と両者の戦闘過程の描写のギャップは大きな違いはないという事実から判断すると、主人公を暗黒で対敵させたオスカル伯爵は、暗黒を失った主人公に圧倒されたレイリーよりも確かに強いはずだ。

私は現在、皇室騎士団長イザベル伯爵を剣主レベルの真下に置きます。もっと下には、レトリック、ブロディ、オスカル伯爵などがいます。(レトリックはおそらくより強力で、実際の戦歷資料はあまりなく、ブロディよりも少し高い位置に適当に置くだけです)

この区域で、正直に私が最も躊躇しているのは、幽霊課長をどこに置くべきかということです。
第3シーズンが始まる前後の主人公は、イザベル伯爵レベルの上と剣主レベルの下の巧妙なギャップにあるはずだと思いますが、そんな彼はまだ幽霊課長が率いるエリート部隊に勝つことはできないと思っています。(幽霊課長だけの強さについてはわかりません)。
とりあえず、幽霊課長を同じく凡人戦力レベルの上限のこのギャップに置いたが、彼の特殊な身分と態度から判断すると、彼は剣主レベル到達の可能性があるのだろうか?多分それほどではないの感じです。

返信する
TaoCheng

幽霊課長は見るからに女性なのですが、もしや英語版ではhimになっているのでしょうか?
彼女(?)は91話の武器の光の描写から見たところ剣気と暗黒を併用しているように思えます。それでもし少女公爵がボティスとの契約を破棄した場合、彼女は大幅に弱体化しレイリーより少し弱いくらいでしょうか。
低すぎるように思えますがレイリーは権能無しで皇室の至宝を盗んだシーフ系の頂点であり、ビブリオもそう認識していたと思います。
暗黒のみありなら上級帝国騎士(鉄人に圧勝できるレベル)に正面から戦って勝てるくらい強いかもしれません。隠ぺいありなら少女公爵のように魔王を越える結界の持ち主でもない限り彼女に勝てないでしょう。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

これまで見てきたことから、性別を明確に判断できる情報はなく、見た目も体型もとてもニュートラルに見​​えるので、単に「彼」と呼ぼう。

91話の武器の光の描写では、槍を使用するときに剣気を示すことに間違いはないはずですが、チェーンを使用するときのVFXは主人公によって使用される暗黒とは異なるようです、それが暗黒かどうかわからない

返信する
TaoCheng

課長の胸元を見れば女性であることは明確かと、、、(グラスミアで現れた小剣使いの幽霊も)しかしこの話題はジェンダーフリーの塊である公爵がイラつきそうなので止めておきますか。
126話であるように暗黒は魔王の間ではありふれた権能なので、そこまで疑う必要はないと思います。
ちなみにテバルドの剣術がレアンドロと同レベルなら暗黒を身につければすぐに追いつける(低レベルでもバリア機能まである)かと思います。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

確かよく見ると(これは少し失礼に思えます)、男性にとって不自然な胸の曲線を持っているですよね。
はっきりしていなかった(それはもちょっと失礼です)ので、最初は胸筋の延伸のような作画誤差値としてとらえました…

私の個人的な考察は常に保守的な傾向があります、たとえそれが本当に合理的であるとしても、他の可能性(ボティスは魔王の中での残り半分の部類であり、この権能を持たない;主人公のように、課長はボティスから隠ぺいだけを借りた)がある場合、私は結論に飛びつきたくありません。

返信する
猫野

私も皆さんと同じで、オスカル伯爵はそれほど弱くはないと思います。
1万もの兵を動かす軍師タイプのようなので、1対1で戦うことを考えれば、少数精鋭で動けるような皇室騎士団長イザベルよりは若干弱いのかなと思います。
ただ戦った相手がマルパスの加護を受けた彼だけなので、比較するのは難しいですよね。正直よくわかりません。
確かに幽霊課長は、少女公爵専属ですし、傲慢に振るまえるだけの力がありそうですね。密偵をしている以上、どの祭司長級に出くわしても、逃げ切れるだけの力はあるのではと思います。レアンドロほどではなくても、剣主レベルでもおかしくないと思います。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

設定での職務地位と世間の認知、そして戦績と戦いの描写の感覚から、イザベルは剣主レベルより下で最強であり、「帝国軍のエリート老将軍」としてのみ位置付けられているオスカル伯爵よりも優れているはずだと私は推測します。

幽霊課長の強さについては、設定面から剣主レベルでもおかしくない印象ですが、主人公が彼についての思うや戦いの描写からすると、彼がレアンドロであるほどには扱われていないようです。これは彼の全力ではないかもしれません、説明の余地が多すぎます。
また、彼はアイザックと同じであり、正直なところ、そのような傲慢なキャラクターは、態度から、彼らと彼らが話している人物と言及している人物の強さとの上下関係を推測することは困難です。

青狐の発言と戦いの描写から判断すると、レアンドロは彼らが知っている剣主よりも強い実力を持っているようので、現在でレアンドロはの通常の剣主レベルを超える抜群者と見なすのは問題ありません。しかし、他の剣主も自分の本当の強さを隠しているのでしょうか?現在、91話で明らかにされた4人の剣主のイメージ画像を除いて、他のすべての個人情報は謎です。普通の人間のようには見えない人物があるように見えますか?

返信する
TaoCheng

他の剣主に関しては117話の3剣主の一人は大剣を扱うヒーロー風の外見です。
4剣主は2名普通でない外見の者がいますが爪が伸びている人物は剣が持てそうにないので、もしかしたら少女公爵のような剣無しの剣気の使い手かもしれません。
2剣主は本当になんの情報もありませんが、人数の少なさから考えるに最強なのかもしれません。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

確かに、117話にも剣主の情報がここで明らかにされていることを忘れました。

申し訳ありませんが、あなたの言葉の意味がよくわかりません。
あなたはいつも剣主のことを「剣主」と呼ばれる人物は、さらに「2剣主」「3剣主」「4剣主」などの異なるグループに分けられますどういう理解しているようですか?
物語に言及する様々な内容から判断すると、「4剣主」という4人の剣主だけが存在するはずじゃないか(例えば、常に「帝国最強の4剣主」と言われています)。
「漢字」で表現されている「四剣主」「二剣主」「三剣主」で言及されている場合は、「4剣主」の特定の1人を指しているようです。(91話のように)

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

しかし、他の場所からは、結局それはそれほど統一されていないようであり、誤解されやすいです…

返信する
TaoCheng

91話の二剣主“や“はandの意味ですので複数の剣主のグループが存在するかと思います。もしかしたら二、三、四以外の剣主達も存在するかましれません。レアンドロの剣気のレベルも今まで測定された最大レベルの15以下である時点で帝国最強には程遠いかと思います(呪術師のアイザックですら測定不能)
それでも次回に主人公と対決したら確実に勝てるくらいは強いと思いますが。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

すみません、文法的に表現された傾向が何であるか本当にわかりません、それが「第二剣主」「第四剣主」(「2人の剣主」「4人の剣主」どういうグループの意味ではない)のニュアンスでは不可能でしょうか?私が理解していることから、両方が可能であるべきではありませんか?

したがって、世間で「帝国最強」とは、当然のことながら、表面的な世俗の舞台で最強を指すだけだと思いますので(もちろん、システム的によって可能されるより強い存在があることに人々は気づいていません)、本当の「帝国最強」から遠く離れていても問題はありません。(それは私たちがいつもそれを見るの観点ですよね?)

主な理由は、帝国の最強戦力が作中世界で言及されている場合、人々は「4剣主」としか言わず、他の人については完全に言及しないためです。実際、東部戦線編では、「四剣主は全員アンバーに投入されているので、ここに剣主は現れないはずです」のような対話がある(129話)、「4剣主以外の剣主」というコンセプトはないようです。少なくとも戦争と政治に関連する取り決めでは、グループとしての「2剣主」「3剣主」どう言うキャラクター達が存在する兆候はないようです。(存在する場合は、これまでの描写と少し矛盾しているように見えるのではないかと心配です)
しかし、よく振り返ってみると、「4剣主のうち4番手」のような表現があり、他の剣主グループの存在があるようにと解釈されるかもしれません。ほんの少数人しか知らない他の剣主グループがいるというのは本当でしょうか?
しかし、やはり本当にそれをこのように理解しているなら、主人公はこのすべての秘密情報に反応せず、それについて何も考え(=作者の解說)ずに、それでも非常に不自然に見えるでしょう。(プロローグの筋書きから判断すると、主人公は冒険全体を通して「4剣主」→「もしあるの他の剣主グループ」の情報に徐々に接触するはずであり、この面だけの説明は省略されるべきではありません)

これはこれからの物語の解読に大きく影響します、私たちはこのことをちょっと確認したいと思います。

返信する
TaoCheng

第一、第二のような剣主の称号なら確かにより自然かもしれません。ル・リウム強奪の際に3人の剣主が動員されたにしては帝国側があまりに無能ですから。
そうなるとレアンドロが“一剣主“になりそうですが年少の彼に大きすぎる称号では?(帝国の文化によりますが)二、四剣主は不実である疑いをかけられてますし、三剣主はシルエットが違います。

猫野

漫画を見返してみましたが、
剣主は四人だけの、通称:四剣主
そして序列での区別も、一剣主、ニ剣主、三剣主、四剣主と表現されていますね。
91話の画像を見た感じですと、
一剣主(爪が伸びている)二剣主(額に3つの点模様)三剣主(皇室ル・リウム強奪作戦時に地下通路出口に待機)四剣主(レアンドロ)
幽霊課長が裏切りそうと言っていたニと四の頭部だけ、目立つように白く光らせてあることと、立ち位置で判断しました。
確かに紛らわしいので、個別のときは第◯剣主と書いた方が良さそうですね。
数字の表記が4か四かは、漫画に合わせてまとめるようにはしていますが、漫画も統一されていないようです。そして私も間違えます;;

TaoCheng

暗黒は多くの魔王の共通の権能ですが(126話)幽霊課長に関してはボティスの隠ぺいありの忍者キャラが似合いますね。
ビブリオに寝返ってしまえば隠ぺいを失わないはずなので、そうしてエラストの守護者になれば良いと思います。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

また、剣気使いの存在については、過去にある種の大物と描写それているようですが(剣気が使える限り)、結局のところ、それはただの平騎士団員でも使用できるスキルであり、このことが矛盾していると思います——彼らの強さによってもたらされる地位は、グラスミアの領主であるチャンドラー男爵家の格よりも高くなることができますか?彼らはチャンドラーにとって普段に手の届かない存在でしょうか?何があっても、全体的にかなりアンバランスな感じがします。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

今振り返ってみると、剣気使いは帝国全体でそのレベルの存在にすぎないので、当初予定されていたチャンドラーなどの格が低すぎたのようです。(単純な戦力に加えて、社会的地位についての整合性は違和感がある)
または、東部戦線編の冒頭にある自由連合の人々の対話から判断すると、作者は剣気使いの格を非常に高い位置に配置したいと考えています(前の設定の続きとして)、でも結局、気が変わって「Mob」にも使えるスキルになりました。

最初の設定感を貫徹する場合は、イザベル伯爵、オスカル伯爵、幽霊課長などの有名キャラクター(本当に並外れた地位)だけを使って、または全体的な剣気使いの地位を向上させるなら、納得できる。(剣気使いは普通の中堅層〜下位層の人からは異なる世界の人々とみなされているので)
全体的に、プロットのインフレの過程で設定が調整ミスという感覚です。

皆さんはどう思いますか?

返信する
TaoCheng

インフレしているのは主人公の強さで、その他はそれほどでもない気がします。特に鎧の種類が同じ周回は時系列が近く感じますが、実力は大幅にことなるので錯覚してしまいます。
結論からすると主人公が強すぎるだけで、青獅子騎士団の“mob“達も初回のクリスティーナやテバルドが全く勝てないくらいの強者であり、別な世界線ではレイリーを新米扱いしてしごいてた存在かもしれません。
ただ147話で急増した入団希望者達は別で、レアンドロが“狙われてる“と感じさせる存在であり、少女公爵がレアンドロを守るために派遣した幽霊と思われます。つまり街中に剣気を使える者が多数いたわけではないでしょう。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

単純に強さの面でインフレ感があり、それは強さの格差が大きいのバトル物では避けられないことであり、それ自体は問題ではありません。誤解はないと思います。
そして、ここで私が指摘しているのは、そういう相対的なインフレではなく、絶対的なインフレです。これは、物語の世界観の整合性にとって問題です。
上記の発言は、比較したのキャラクター(当時の相対的な感覚だけでなく)実際の位置で精査しましたが、前後設定が合わない部分がありました。

私がここで話している「mob」という言葉は、エピソードのステージでの相対的な格(そこにいる主人公のような「大物」の存在のために比較に弱い)を指すだけでなく、全体的な世界のベンチマークにはそれほど重要ではない人物のことです。
147話で急増した入団希望者達のように、「本当に探したいのなら珍しいことではありません」の程度の人物です(言うまでもなく、「街中に剣気を使える者が多数いた」のようなものは言うまでもありません)。あなたが説明した部分だけで、この世界で彼らがどのような格を持つべきかがすでに漠然と指摘されています——これはすでに、チャンドラーやカリン議員達が過去に剣気使いという存在を示した反応や説明とは矛盾しているようです。これは剣気使いが彼らの目には「相対的な」強者であるかどうかとは関係ありませんが、実際には、これらの描写で示唆されている「絶対値」の座標=「設定」に値するものではないの問題です。
たとえば、これまでの話で見たすべてのことを考えると、世界と社会的背景の合理的なバランスの観点から、私はチャンドラーが彼の身分に基づいて、剣気を使える人に手を差し伸べる方法はありませんことを想像しがたいです。(私の考えによれば、もし当時の彼の態度は、私たちが今知っているオスカル伯爵のような地位の存在に直面しているのであれば、一貫であるはずです)

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

TaoChengさん、4剣主の話について(前のスレはいっぱいのようで、返信できません)

確かに「4剣主のうち4番手」なので四剣主と思われがちですが、さすがにこの時点でレアンドロは不実である疑いをかけられではないはずです。削除法によると、それは一剣主にしかなれません。でも表面的には最も弱いし、そしてかなり若いはずのメンバーがグループにの第一順位になることができますか?または、この番號は実際には通常の「最古、最強」の意味とは関係ありませんか?それとも、少女公爵のせいですか?

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

猫野さん、4剣主の話について(前のスレはいっぱいのようで、返信できません)

猫野さんは正しいです、91話の画像は12話にも出現し、そしてここの白く光の意味は、対応する二剣主と四剣主が誰であるかをすることです。(これは非常に決定的です)
しかし、幽霊課長がレアンドロを疑う理由はよくわかりません。この時点で、彼が裏切る理由はないはずですよね?特に、彼は基本的に少女公爵の派閥のメンバーです——でも逆に、少女公爵に溺愛されているレアンドロこそは、皇室情報機関成員の幽靈たちが正確な情報を得ることができない帝国で数少ないの一人かもしれません。

返信する
猫野

幽霊課長がレアンドロを疑う理由は、まだ情報が出ていないのでなんともいえませんが、もしかしたらレアンドロの出自に関係あるかもしれません。レアンドロは、少女公爵によって侯爵の位まで引き上げてもらっているので、本来は高位貴族ではなかったのかも。帝国以外の血が流れているとか、課長にとっては信用しきれない何かがありそうですね。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

つまり、明確な証拠はありません(そもそもそれは真実ではないはずですから)、レアンドロの属性のいくつかのために懐疑的であるだけだろうか?
彼らは帝国内の情報を非常に完全に把握しているように見えるので、そのような単純な間違いを犯す可能性は低いです。
私の理解では、無実であることが判明できるはずのレアンドロを疑う理由は、彼は幽霊たちが注意深く調査するのが難しい数少ない人々の一人——課長達の直属の上司によって溺愛されだからです。

返信する
猫野

情報が少ないので、課長が何を考えているかはわからないのですよね。
少女公爵がレアンドロを溺愛し、特別扱いしていることについて、課長は思うところがあるかもしれないですし、全員謎が多いままです。また課長が登場してくれると良いのですが。

返信する
TaoCheng

猫野さんの考察通りレアンドロの称号は四剣主でしょうね。そして単に名前の序列だけでなく他の三人は更なる圧倒的な力をもっているように思えます。船を両断しクラケンを内部から破壊でき、星色の青狐の想像を超える強さのレアンドロですが、仮に4人いたらアンバーの殺し屋達や連合のタイタン、隠ぺいマントのような兵器、それに加えプルソンなど敵対的な魔王の祭司達に対応できるでしょうか?
塔主達や少女公爵以外の三人など帝国の隠された戦力は存在し得ますが、剣主達の実力も多めに計算に入れないと帝国の最終的勝利は無い気がします。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

彼らがレアンドロのように力を隠さなかったら、レッドフレークメンバーの青狐の態度からすると、せいぜいほぼ彼女達に同じレベルでしょう。
帝国であろうとアンバーであろうと、まだ登場していないキャラクターが多いと思いますが、現時点では答えにくいです。

返信する
TaoCheng

最後の晩餐のユダとは逆に裏切り者のほうが光輪があるのは面白いですね。
もう一つの考えとしては幽霊達が共有している認識“少女公爵は大迷惑“がレアンドロも裏切りたいほどウンザリしているという推測に結びついたのではないでしょうか?
しかしおそらくレアンドロの認識は異なり彼は少女公爵に対し横暴さや異常なスパルタを感じておらず、むしろ149話で特別ヒントをもらった時も、自分の実力を見くびって手柄を簡単に渡そうとする少女公爵に憤慨している感じです。やはり剣主になるような人間は一味違います。

返信する
Google翻訳の文法で申し訳ありません

私も、課長がこの偏見を生むのは「少女公爵は大迷惑」の認識なのだろうかと思います。
二人の間の一連の互動から判断すると、レアンドロは少女公爵をかなり尊敬し、彼を恩人と見なしているようです。

返信する
猫野

確かに、裏切り者に光輪があるのは面白いですね。皇室は女神ではなく魔王側だから、と考えてみると、とても芸が細かい漫画ですね。
幽霊課長がレアンドロを疑う理由について、皆さんの意見をみると、少女公爵の動きが原因のようですね。
レアンドロは普段感情を抑えていますが、本来は激情型なのかなと思います。他の剣主も一癖あるのか、どのような人物なのか登場が待ち遠しいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください