漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」113話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」113話のネタバレ

自分は皇位に相応しくないと宣言したオスカーに、ジェラルドは、一体何を言っているのかと駆け寄る。

オスカーは、自分たちの復讐のために犠牲者が増えることは望まないことと、もう誰も自分たちを支持していないことを話す。

ジェラルドは諦めきれず、最後の手段をつかい、予め大金で雇っていた近衛兵にセザールを襲わせる。

セザールが危険だと察したカナリアは、身を呈してセザールをかばおうと彼の前にまわったが、その剣に貫かれたのはオスカーだった。

血を吐き倒れるオスカー。

ジェラルドと襲撃犯は近衛兵に捕まり、カナリアがオスカーに駆け寄った。

息も絶え絶えなオスカーは、初めから皇位を継ぐつもりはなく、カナリアとセザールに未来を託すつもりだったと打ち明ける。

ジェラルドに伝えたい事があるというので、セザールが近衛兵に命じ、ジェラルドを解放させる。

オスカーは駆け寄ったジェラルドに、復讐のために自身を傷つけるジェラルドを見ていられなかった、復讐はもうやめて、自分の代わりに未来を見守ってほしいと託した。

そして、ジェラルドと友達になったときを思い出し、友達になってくれたことを感謝しながら、オスカーは気を失った。

ジェラルドは、僕が間違っていたと嘆き悲しんだ。

オスカーの傷口を手で押さえていたカナリアは、誰かの犠牲の上での平和はハッピーエンドではないと思い、ノアが駆けつけたタイミングで、絶対に死なせないというのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」113話の感想

オスカーが瀕死です。

オスカーは、親友の暴走を止めることができず、さらなる犠牲を増やさないために、自ら犠牲になることを選びました。

ジェラルドは、一番大切なものを失ってしまいましたね。オスカーの生死は不明ですが、二人の関係はズタボロです。

お互いに、そこまで追い詰めてしまったという罪悪感を抱える羽目になりました。

オスカーは、悲しさと罪悪感を抱える日々だったので、ようやくカナリアとセザールによって希望をもつことができたのに、ここで死んでほしくないです。悲しすぎます。

カナリアは、これ以上犠牲者を出さないために、なんとしてでもオスカーを生かすつもりですが、間に合うでしょうか。

ノアがかなり久しぶりに登場しましたが、カナリアやセザールのために、僻地から駆けつけてくれたようですね。

物語は終盤ですが、どのような結末になるか楽しみですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください