漫画「緑陰の冠」48話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます。毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

小説版の物語の前半をざっくりまとめたものはコチラ

漫画「緑陰の冠」48話のネタバレ

帰るために馬車に乗ったユスタフとラン。

ユスタフは何度も大丈夫かと聞き、そばを離れなければ良かったと後悔したので、ランは、皇太子がおかしいせいだと指摘。

少し笑ったものの、すぐに涙がこぼれ出たので、ユスタフがランを抱きしめる。

ランはユスタフの腕の中で安心したものの、決闘をどうするのか、皇太子を傷つけたら問題になるのではないかと気づき、焦る。

氷水晶を購入されなくなったらどうしようと言うも、ユスタフは、目につく魔法道具は買わなくなったにしても、氷水晶は帝国のみの販売ではないし、皇太子といえども決闘となれば一人の騎士だと話す。

おそらく皇太子は代理人をたてるだろうとのこと。

皇帝は、皇太子とは違い、皇帝の権威を見せたいだろうから、ラチアは皇帝に従うポーズを見せ、皇帝と皇太子の間に摩擦を生み出すことができればいいと言う。

ランは、偶発的な出来事なのに、ユスタフはそこまで先読みしていたのだろうかと思う。

ユスタフの態度が最近になって柔らかくなったので、いつのまにか先ほどのまで緊張感がなくなり、安心して彼にもたれて休むことができた。

ユスタフは、さきほどの光景を思い出し、皇太子に怒りを募らせる。

朝までには噂が広まるので、緑のアーチに到着した二人は、すぐに着替えて屋敷の使用人に経緯を説明した。

中には悪い噂も聞くだろうが、他人の口から聞くより前に、屋敷内できちんと情報を回しておいて欲しいと指示する。

ランとユスタフは、明日皇帝に謁見するつもりだ。

執務室に戻ると、ユスタフがランを可愛らしいと褒めるので、ランは顔を赤くする。

識字率が低いこの世界の言論戦は、噂話が重要なので、ランの立場が悪くなることも、逆に皇太子を追い詰めることも可能だった。

ランが眠るために部屋を出ていくと、ユスタフは第二皇子と話すときがきたと考えるのだった。

漫画「緑陰の冠」48話の感想

ユスタフは、ランを少し見失ったものの、彼女に危険がないか見張っていました。あの皇太子がいる皇宮ですしね・・・

そして案の定、あの皇太子はランを襲いました。

いくら気が強くしっかりもののランでも、力でも権力でも敵わない男性に襲われたので、後から涙を流していました。怖かったでしょうね。

ラチアの全ては自分のものだと考えているユスタフにとって、許せるものではありません。

いつかは皇太子を黙らせようと思っていたのでしょうね。今回、皇太子から手をだしてきたので、絶好の機会でもありました。

これでユスタフの計画通りに、うまく進むと良いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください