漫画「盗掘王」244話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」244話のネタバレ

柳とユリアンは、作戦のために二人並んで夜の街を歩く。

すると少し離れた後方に、例の暗殺者ニーナが現れたが、二度も暗殺した者が復活したためか、用心して様子を窺っているようだった。

もしこの作戦で失敗したら、捕獲することは難しいので、皆は緊張していた。

いよいよニーナが武器を召喚し、襲撃しようと走り出した。

遼河の声で気づいたユリアンは、ナイフが柳に刺さる前に、インドラの雷を食らわせた。

だがニーナは気絶せずに立ち上がった。

その後も雷で狙うが、ニーナは走って逃げる。

遼河は、刀を持って屋上から飛び降りると、ニーナに襲い掛かる。

ニーナは、雷のダメージでいつもの素早さはなかったので、対抗できると思ったのだ。

だがそれでも遼河よりは早く、一瞬で背後に回られてしまう。

遼河は柳でブロックする。

ニーナは逃げようとしたが、ユリアンが遺物を使って捕獲する。

その後、遼河達は、ニーナをホテルに連れ帰ったが、今にも暴れ出しそうで話ができる状態ではなかった。

このような性格ではなかったはずだと、戸惑うユリアン。

イリヤを使って、彼女の記憶を調べてみることに。

ニーナは、通っていた学校で古墳化に巻き込まれて行方不明になっていた。

回帰前は、ユリアンは妹捜索のためにTKBMにも入った。

回帰後は、何故かユリアンはニーナが死んだと思っていたので、捜しはしていなかったが、ニーナの影響で遺物被害者のために奉仕活動を行っていたのだった。

翌朝、グロッキーになったクロエとイリヤが、結果を報告した。

ニーナは予想通り、記憶を操作され、全て無意識に押し込まれていたとのこと。

また、感覚や感情も遺物で鈍らされており、痛みも罪の意識も感じないとのこと。

そしてイリヤは、同じようにやられた人がかなり多いようだと話すのだった。

漫画「盗掘王」244話の感想

さすがに2度も暗殺しははずの男が、また元気に歩いていたらおかしいと思いますよね。

でも記憶をいじられているせいか、また同じように襲い掛かりました。そしてインドラの餌食に。

ニーナを捕獲することはできましたが、他にも記憶操作されているものが多くいることがわかりました。

都合の良い兵士を量産するために、このようなことをパンドラが行ったのでしょうか。

そのように人格を変えられているのなら、さぞかし強い攻撃チームができるでしょうね。恐ろしいことです。

さて、ユリアンは大切な妹と再会できたものの、ニーナは別人と化していました。

イリヤの能力で、ニーナはもとに戻せるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください