漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」110話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※ 全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマで連載中の「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」原作Nokki、作画AhBin、原題・양판소 주인공의 아내로 살아남기 

こちらは韓国の漫画アプリ/サイトを翻訳したものです

毎週金曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」110話のネタバレ

グレンは必死に屋敷まで逃げたが、ミラーとジャックスに追いつかれてしまい、さらに借金が増えたと脅される。

借用書には、お金を返さない場合、債務者の体は債権者に帰属すると書かれていたため、金額的に一生重労働しなくてはならないと言われ、グレンはショックを受ける。

そうしてミラー達はグレンを縄でしばると、ファーンハム家の主治医ブラウン子爵に借用書を見せた。

ブラウン子爵は、グレンをきつく叱った。

ジャックス達がどんどん返済額が増えていることを伝えると、ブラウン子爵は、いくら息子が悪くても流石に払えないと言う。

それならば私と取引しましょうと言い、カナリアが現れたので、ブラウン子爵は驚く。

カナリアは、グレンの借金を帳消しにする代わりに、先代ファーンハム侯爵の死の真実を教えてほしいと言う。

ブラウン子爵は罠にはめられたことに気づき、このことがファーンハム家にばれたらと恐れる。

カナリアは、私達の手をとってくれるならご家族を守ると約束する、真実を証言してくれるなら、皇子は皇位に上るのだからと説得するのだった。

その昔、リカルドの父である先代ファーンハム侯爵は、ファーンハム家の血筋のものを次の皇帝にする計画だった。

そこでエブゲニアを皇后にし、早く皇子を産むようにと急かしていたがうまくいかなかった。

もしエブゲニアの子ノアが皇太子になれなければ二人共排除するつもりで、そのようにリスクが大きいからエブゲニアを送ったのだと、ファーンハム侯爵が話しているのを物陰にいたジェラルドは聞いていた。

ジェラルドはファーンハム侯爵が、姉を護る気などなく自分たちを騙したのだと知った。

そしてついには侯爵の胸に剣を突き立て、殺したのだった。

その場にいたオスカーは、どうして殺したのかと困惑する。

ファーンハム侯爵が、家門の意思を受け継ぐ気がない息子を後継者にすることに固執していたため、長老たちは不満を抱えていた。

また、長老たちは何でも言うことを聞くジェラルドを気に入っていた。

ジェラルドは自分が次の侯爵になる、その方が復讐にも有利だと、オスカーに話すのだった。

そして現在、ジェラルドは失った腕の痛みに耐えながら、姉を守る力を手に入れたからあの時のことは後悔しない、ここまで来たからもう計画は止められないと考えていた。

オスカーは、そんなジェラルドを見て、思い詰める。

その頃、帝国の東側の港で、リカルドは男たちから逃げ回っていた。

議会に間に合うように帳簿を届けなければならなかったが、肘が木箱に当たり、大きな物音を立ててしまう。

男たちに囲まれてしまい、もう戦うしかないとリカルドは剣を抜くが、相手の数が多すぎたので場を制圧するのは不可能にみえた。

だがそこにセザールが助けにやってきたのだった。

漫画「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」110話の感想

恐ろしいスピードでどんどん増えていくグレンの借金。あっけなくミラーに捕まり、父に泣きついていました。

全てカナリアの計画通りに進み、ブラウン子爵は追い詰められてしまいました。カナリア達の手をとる選択しか残されていません。

これで先代ファーンハム侯爵がジェラルドに殺されたことが明かされるでしょうか。

ジェラルドは大切な姉エブゲニアのために、彼女を利用するだけのファーンハム侯爵とディートリヒ、そもそもの原因である皇室に復讐しようとしていました。

ジェラルドは復讐だけのために生きてきたので、今更考えを変えることなどできなかったのですね。

オスカーも皇室を恨んでいましたが、カナリア達と接しているうちに考えが変わりました。

リカルドもカナリアとセザールと一緒に過ごすうちに変わりました。

だからジェラルドもカナリア達と何度も過ごす時間があれば、もしかしたら変わっていたのかもしれません。もう間に合わないのが残念ですね。

リカルドの方は、ファーンハム家が裏で行っている武器の密輸について調べていたのでしょうか。

危ういところにセザールが助けにきたので、なんとか間に合いそうですね。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください