漫画「異世界剣王生存記」94話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※各エピソード一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「異世界剣王生存記」原題・이계 검왕 생존기

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「異世界剣王生存記」94話のネタバレ

その大きさは食べてきた量を、食べてきた量は生存期間を、生存期間は強さを意味していた。

キビエが、あれはオンパロスのラトナ侵攻計画の次のステップだと言った。

幸いまだ隙間は完全に開ききっていないので、天使を始末して閉じればいいと思い、キビエは光輝に倒すよう指示する。

現れたのは、Lv.148、A型サンプル天使というモンスターで、光輝が斬りかかりモンスターの鼻に刺さったものの、いつものように倒すことはできなかった。

光輝は、自分が相手するからラオンデルを連れて逃げろと言う。

大型天使は、光輝を隙間の中に引きずり込んだ。

隙間の先は、光輝の予想通り、開始時の岩山だった。

大型天使は、第二王子を食べて取り込んだ。

第二王子が死んだのでラオンデルは洗脳が解けたはずなのだが、目覚めなかった。

ハーフエルフであるラオンデルが、世界樹に交信したことによる拒否反応だった。

その頃、地上では、アーティスがワイバーン状態のエピルにまたがり、湧き出てくる天使たちを始末していた。

天使は数が多いだけでそれほど強くなかったのだが、アーティスは、これまでモンスターがダンジョンの外にでたことはなかったから、気を抜いてはいけないと言う。

すると天使たちが共食いを始め、進化しようとした。

アーティスが止めようと、杖を向けるが、杖についたオンパロスの祝福が天使を攻撃することを拒否し、魔法が発動されなかった。

天使は眼球に翼が生えた形状になり、アーティス達に向かってエネルギーの塊を発射する。

一方、光輝は何度も大型天使に攻撃していたが、斬る寸前になると力が抜けてしまい、ダメージを与えることができなかった。

大型天使の振り下ろし攻撃をくらい、光輝は吹っ飛ぶ。

光輝は無事だったが、Lv140ともなると、直撃は危険だった。

天使について、ガイドラインには攻撃不可対象と書かれていたため、光輝には天使を倒すことができないのだった。

漫画「異世界剣王生存記」94話の感想

まさか光輝が倒せない敵が現れるなんて、予想外でした。キビエたちも天使に襲われていますし、どうなるのでしょうね。

ただ、倒せないだけで倒されるわけではないので、相手の体力を消耗させるとか、自滅にさせるように動くとか、何か方法があるかもしれません。

アーティス達の方も、オンパロスの祝福は使えなかったので、ドラゴン化して普通に戦うしかないかも。それでも勝てるかはわかりませんが。

前回まで順調だったのに、ガラっと変わって、光輝達は追い詰められてしまいましたね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください