漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」13話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリcomicoで連載中の「捨てられた妻に新しい夫ができました」原題・버려진 아내에게 새 남편이 생겼습니다、漫画・lobster、原作・Alice

妻を持つのも離婚するのもお金がかかる国で、クロエという人妻が妻競売にかけられた。とても美しい女性だが、DVを受け続けたため無表情になってしまい、新しく愛人をもった夫によって売り払われた。安値で落札されるところだったが、アッシュ・ブリニクル侯爵が大金で落札するのだった。クロエの成長と、彼女を献身的に支えるアッシュを描いた恋愛ファンタジー漫画です。

毎週金曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」13話のネタバレ

クロエを優しいと言うアッシュに、クロエは、アッシュは恩人だし、いつも親切だから悲しんでほしくないと言う。

アッシュは、辛いと言えば抱きしめてくれるかと問う。

クロエは、荒々しく押し付けてくるジョセフ胸を思い出すと吐きそうなこど気持ち悪いのだが、いつも自分を気遣ってくれるアッシュならば嫌じゃなかったので、彼をそっと抱きしめた。

慰めようと思って抱きしめたが、むしろ自分が慰めている気分になり、さらに不安や緊張とは違うドキドキとした気持ちになるクロエなのだった。

過酷な環境にあってもクロエの根本は変わらなかったため、アッシュは、彼の知る昔のクロエを感じることができた。

自分の痛みより、相手の痛みに寄り添い共感してくれる善良な心を持つ彼女だが、その善良さが仇となっているのだと、アッシュは思った。

クロエが結婚したとき、彼女が幸せなら捜すつもりはなく、影で助けても正体を明かすつもりはなかったのだが、人間の尊厳すら守られていない状態だったので、アッシュは彼女を助け出した。

アッシュは、クロエを傷つけたものが心から謝罪し、彼女が許すことで彼女の心が安らぐかと考えていたので、見守っているだけだったが、もう大目に見ることはやめ冷酷になることにした。

アッシュは、どうあっても一生クロエを諦めないと決意するのだった。

漫画「捨てられた妻に新しい夫ができました」13話の感想

アッシュは、クロエが結婚したときから彼女を見つけてはいたようですね。

でも妻競売にかけられるまで、虐待に気づけなかったのは、ジョセフがクロエを軟禁していたせいなのでしょう。アッシュも忙しいだろうに、妻競売に間に合って良かったです。

キャサリンの断罪をクロエに任せたのは、アッシュなりのリハビリでした。

でもそのことから、アッシュの痛みにも気づかれてしまいましたね。彼も特別な地位にいる上に、両親を亡くしているので、これまで色々なことがあったのでしょう。

誰が敵で誰が味方かわからない中、幼い頃から変わらないまま、彼に寄り添ってくれる存在は何よりも大切でしょうね。

アッシュは、彼の宝である彼女を傷つけた者たちを全て抹消したいと考えていましたが、そういう者たちは、クロエが侯爵夫人になったと聞いてわらわらと群がってきそうですよね。どうなるでしょうか。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください