漫画「緑陰の冠」33話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます。毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

小説版の物語の前半をざっくりまとめたものはコチラ

漫画「緑陰の冠」33話のネタバレ

ランはユスタフに、北部の雪色の木の樹液を煮詰めると砂糖になるので、ランが首都に滞在中に試してほしいと頼む。

詳しい製造方法はわからないが、成功すれば大きな財政の助けになると、ランは説明する。

今首都で人気なのが天馬の翼という商品で、この魔法装身具を馬に装着すると、虹色に輝く翼が生えて華やかに見せ、また純度の高い氷水晶で作ったため馬の筋力と持久力を少々上昇させる効果があった。

皇后が試しに使ったら、貴族たちもこぞって買い始めたようだ。

氷水晶独占契約のおかげで、ゴールデンローズとの流通も最小限の手数料で行っているため、魔法細工品でもかなり儲けることができる。

ただ氷水晶の産地がラチアだと知れると、多く税金をとられるかもしれないので、ランは皇后に会いたくなかった。

この帝国は300年前に、初代皇帝ライアンによって全領土取り上げと貴族層の追い出しが行われ、領地は家臣に与えれた。

今の貴族は、300年前に皇帝から爵位を授かったので、受け継いだ爵位を皇帝に商人してもらうことは、重要な意味を持った。

だがラチアは、扉を守護する家門であることと、魔術師が近寄れない氷山に囲まれているため征服されず、唯一300年前に入れ替えられずに済んだ古い血筋であった。

扉を守護する役目と、寒く貧しい領地であることからラチアの税金は安かったのだが、魔石の鉱山が見つかったのであれば話は変わってくる。

そこでユスタフを相談し、皇帝が動く前に手数料を上げることにしたのだった。

ランは、自分が不在の間、領地戦を仕掛けてくる奴がいるかもしれないと言うと、ユスタフは反撃するつもりのようだ。

新年の宴が終わってすぐだが、天候が安定していたので、ランはすぐに出発することに。

いってらっしゃいませと、ユスタフに見送られ、ランは護衛とともに出発した。

1か月かけて首都に到着し、首都の暖かさに感激する彼女。

屋敷には既に多くの招待状が届いていた。

リベリーが訪れ、氷水晶のおかげで、既存の魔石鉱山を独占していたキャメロン侯爵の収益が失われたので、侯爵に気を付けた方がいいと警告するのだった。

漫画「緑陰の冠」33話の感想

ランは、氷水晶の次は、なかなか得られない砂糖の製造に目をつけました。ラン達の世界では、砂糖は贅沢品なのでしょう。

ランはどんどんと稼ぎますが、貴族の間ではまだ商売に理解のない人が多いので、まさか彼女がメインで動いているとは思っていないのでしょうね。

それでも氷水晶の影響力か、彼女宛の招待状は山盛りです。

ランの価値が高まる中、ユスタフの中でも彼女の価値が上昇していますね。

彼女に対し、柔らかな態度をとるようになりました。良い変化です。

しかしいつまでもほのぼのと過ごせるわけではなく、ランは皇室相手、ユスタフは領地戦と、それぞれ問題が起きます。

準主人公やヒロイン登場前でもトラブルがてんこ盛りですね。

まとめ

・ランは樹液での砂糖開発をユスタフに頼む

・ランは、皇室や貴族たちとの駆け引きのために首都へ向かい、ユスタフは残りラチアを守る

・氷水晶の流通で、魔石販売の収益をほとんど失ったキャメロン侯爵がラン達を狙っていると、リベリーが警告する


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました。

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください