漫画「帰還者の魔法は特別です」138話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」138話のネタバレ

国王の命令で、正当な理由なく、魔法使いたちが軍人に捕らえられていた。

本当に国王の命令なのかと、ケイはその様子を見つめていた。

デジール達は、全ての黒幕は予言者なので、城に侵入してその男を倒せば、影の世界をクリアできると話していた。

ただ、魔法大国の城なので、侵入は簡単ではないようだ。

デジールは、ケイはこのような状況を黙ってみている人ではないので、彼がこの状況をどう考えているかによって、協力を要請しようと考えた。

そうしてデジール達はケイに会い、彼が今の状況を不当な弾圧だと考えていることを確認した。

デジール達は、魔法使いである自分たちもいつ狙われるかわからないという建前で、ケイに協力を要請した。

ケイは、自分の家に彼らを匿うことにした。

デジールが、どうやってケイの考えを知ろうか考えていると、ケイの方から、ただいつまでも待ち続けるか、私とこの状況に終止符をうつのかと、切り出された。

デジールが、叛逆を起こすのか、何故傭兵である自分達にそのようなことを話すのかと問うと、ケイは、デジール達を信頼していると答え、国王陛下を守り、陛下を操る予言者に制裁を下すのだと言う。

そうして一行は、マナに恵まれない者たちが暮らす貧民街に向かい、ケイの仲間たちと合流した。

ケイはここの出身とのこと。

ケイは皆に、国王について、精神を支配される魔法にかかったのか、陛下の様子が徐々におかしくなり、1年前から喋ることもできなくなったと話し始めた。

予言者は、魔道王国の最も偉大な魔法使いを精神支配していた。

この予言者を倒すために、デジールとケイは手を組んだ。

城を守る魔法使いが来る前に、城の内部に侵入し、予言者を倒さなければならなかった。

王国の兵士の内訳は、ランク3・4魔法使いが兵士、指揮をとるのはランク5魔法使いなのだが、魔法さえあれば何でもできると考えているため、兵力に魔法使い以外のものはいなかった。

それを聞いたデジールは、思ったより簡単そうだ、当日お見せすると言うのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」138話の感想

ケイの方から誘われましたね。剣聖の仲間を得たので一安心です。

予言者を倒せばクリアのようなので、暗殺メインの作戦になるのでしょうか。

城の兵士も魔法使いばかりなので、デジールの逆算でなんとかなりそうですね。

ただ、王はまともに喋られないほど疲弊しているようですが、予言者亡き後にまともに動けるのか不安です。

現実では反逆は失敗し、捕らわれた魔法使い達の命で、ホムンクルスが完成したのでしょう。

そしてその研究を今のアウターが引き継いでいるようです。恐ろしいですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください