漫画「私が娘ですか?」35話の作品内容とあらすじネタバレ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「私が娘ですか?」原作:Flow、漫画:HASH、原題:내가 딸이에요?

毎週水曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードあらすじはコチラ

漫画「私が娘ですか?」35話のネタバレ

憎たらしい、お前1人捜すために何人が時間を無駄にしたことかと、伯爵夫人はヘイリンに対し怒鳴り散らした。

前世では、庭園にさえ行かなければ気にされなかったので、変に思うヘイリン。

伯爵夫人は、ヘイリンの監視にケシーというメイドをつけたが、前世ではヘイリンを一番近くで虐めた人物だった。

その後、ヘイリンはケシーに酷い態度を取られつつ、監視もされていた。

いつ脱出できるかわからなかったので、ケシーの目を盗み、こっそりパンを確保する。

そこへ他のメイドがやってきて、カリスト公爵がアスラ神殿から大主教を4人も呼び、盛大な出征式を行うことをケシーに知らせる。

ケシー達メイドは、カリスト公爵がザカリー伯爵を見下していた、魔物を殺すときしか笑わない、意に背く人間はすぐ処刑するなど、ろくでもない噂をしていた。

思わず、違う、と呟いてしまったヘイリンだったが、ケシー達は気のせいだと思い、ヘイリンの発言だとは気づかなかったようだ。

ヴィンセントに会いたくなったヘイリンは、脱出のため、ケシーの目を盗んでランプを入手する。

ケシーに疑われたが回避できた。

庭園にはヘイリンを監視するための兵士がいるが、警備の交代する深夜12時に少しだけ隙ができるので、ヘイリンはそれを利用して脱出しようと考えた。

だが今度は、屋敷の散策を許可された代わりに、前世で10年以上ヘイリンを監視していたジャックという騎士が増えることになった。

ヘイリンは、逃げ道を把握するために、ジャックとケシーという監視を連れて、庭園を歩いた。

ケシーは、伯爵夫人のお茶会があるから戻ろうと言う。

逃げ道を把握したいが、伯爵夫人と出くわしたくないと考えていると、お茶会の出席者が監視二人に話しかけ、雑談が始まった。

今ならと思い、ヘイリンは駆け出したが、今度はアドリアンに見つかってしまうのだった。

漫画「私が娘ですか?」35話の感想

ヘイリンは脱出計画のために、道具の確保や、逃走経路の把握など動き始めました。

しかし監視が二人もついてしまったので、動きづらいですね。

ヘイリンは、ジャックには懐かしさを感じたので、ジャックはそれほど酷い人物ではないようです。

ケシーは既にヘイリンを虐め始めたので、懐かしいも何もないですね。

ヘイリンは二人の隙をついて移動しましたが、今度は暴力女アドリアンに見つかってしまいました。

守ってくれるであろうジャックがいないので、また殴られるのではないかと心配です。

なんだか悪意ばかりの屋敷ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んでくださってありがとうございます

次回もまた楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください