漫画「入学傭兵」30話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・LINEマンガで連載中の「入学傭兵」原題・입학용병、原作:YC、漫画:rakhyun

毎週木曜日に最新話が更新されます

29話のエピソードあらすじはコチラ

漫画「入学傭兵」30話のネタバレ

とある日、冨田少佐が壮馬たちのアパートを訪ねた。

当時、壮馬が無事に帰国できるように冨田が尽力してくれたので、壮馬の祖父は感謝の気持ちを伝える。

祖父に、自衛官である冨田が何故壮馬と知り合ったのかと訊かれ、冨田は壮馬に現地ガイドをしてもらったのだと誤魔化す。

冨田は由利奈に、壮馬の妹なら俺の妹も同然だと言い微笑むが、16歳の由利奈は35歳の冨田の兄発言に戸惑う。

その後、4人で食事を摂るが、冨田の母はメシマズだったため、冨田は家庭の味に感動して涙ぐんだ。

その後、冨田と壮馬はコンビニでお茶をする。

隊員の皆も心配していたと言われた壮馬は、皆と仲良く過ごした日々を思い出し、笑顔になる。

数日の休暇中の冨田は、このあたりに用事があったので、壮馬の顔を見にきたとのこと。

壮馬が家族とうまくやっていることと、壮馬が疑問に思っていた家族がどのような存在かの答えを確認した冨田は、次の予定である許嫁のもとへ向かった。

冨田の許嫁は、杏奈だった。

お互い忙しく、まだ14回しか会ったことがない。

安奈は冨田に、壮馬について調べてほしい、提出した書類が全て偽造だった、調べようとしても政府に妨害されるのだと言う。

終始杏奈にデレデレだった冨田は真顔になると、そのお願いはきくことができないと言い、断った。

数日後、壮馬のところに、任務中の冨田少佐たちが孤立したという連絡があった。

冨田たちは、隻眼の男の罠にはまってしまったのだった。

漫画「入学傭兵」30話の感想

久しぶりの冨田さんです。

母親がメシマズだったとか、婚約者が杏奈だったとか、色々と気になることがてんこ盛りですね。

冨田と杏奈は、許嫁から婚約者になり1年と言っていました。許嫁は、本人同士の意志と関係なく、幼少時に親などが決めた結婚の約束のことですね。SWグループのお嬢様と許嫁になるぐらいですので、冨田の実家もそれなりの家なのでしょう。

そんな冨田は、再登場でほっこりしたエピソードになったかと思いきや、突然任務で窮地に追い込まれました。一体何があったのでしょう。

壮馬のところに連絡があったので、これは救出するために、コードネームMとして海外に派遣されるということみたいです。政府からの要請ですかね。

冨田達にはお世話になっているので、壮馬は何としてでも助けたいでしょうね。壮馬が参戦するなら、単独で潜入する形になるのでしょうか。


次回のエピソード31話はコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください