漫画「実は私が本物だった」最新話26話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「実は私が本物だった」最新話26話のネタバレ

キイラが久しぶりのダンスだったため、足を踏むかもしれないと言うと、ジョゼフは大丈夫ですと笑顔で答える。

そうして二人はダンスを踊った。

キイラはジョゼフが美形だということに気づき、顔をじっと見る。

あまりにも見つめられるので、ジョゼフは気になる。

ふとした瞬間に、バッチリ目が合ってしまい、彼は顔を真赤にしたうえに、リズムが崩れる。

それでも楽しい時間を過ごすことができて、キイラはジョゼフがいてくれてよかったと思うのだった。

後日、キイラは、祖父に隠れ家を頼んだのはいいものの、同年代の令嬢とはろくに話すことができず、初恋は虚しく終わったので、これではまた前と同じになってしまうとため息をついた。

その日は、ダフネ・ショア子爵令嬢が、ジークの誕生会の手伝いのためにキイラを訪ねた。

ダフネは、社交界で流行っているスイーツなどを教えてくれるのだが、キイラは自分がどれほど世間知らずなのかを思い知り、かえって気持ちが落ち込んでしまった。

だが余計なプライドを捨てると決めたのだからと思い直し、ダフネに相談する。

ダフネは、舞踏会は既に親しい者たちで集まっているので、新しく友人を作りたいなら、クラブやサロンがいいとアドバイスする。

皇女主催のサロンがあるから一緒に行くかどうかを尋ねると、キイラは目を輝かせた。

キイラが話題について自信がないと言うので、それについてもダフネがサポートする。

ダフネが流行についてかなり詳しいので、キイラが感心すると、ダフネは兄も流行りに疎いから、教えてあげたことがるのだと話す。

ショア子爵夫人から、子息が優れた魔法使いだと聞いていたので、キイラは、時間が巻き戻った件について彼に相談してみたいと思った。

ダフネが色々と協力してくれるので、キイラが礼を言うと、ダフネはにっこり微笑むのだった。

一方、皇宮では、パルビス公女が皇女のサロンに出席するという報告をうけ、皇女はとても驚いているのだった。

漫画「実は私が本物だった」最新話26話の感想

ジョゼフのおかげで、キイラはパーティーを楽しむことができたようです。これで嫌な一日から、楽しい一日に変わりましたね。

ジョゼフがこのままキイラを守り抜ければいいのに、キイラの環境が特殊すぎて難しいですよね。味方であることには間違いないのですが。

キイラは前世とは違う人生を歩もうとしているので、彼女がそのように意識を変えた結果、少しずつですが彼女に協力してくれる人が増えてきました。

また、順調にいけば魔法使いのショア子息にも会えそうですね。何故タイムリープすることになったのか、詳しくわかるかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください