漫画「帰還者の魔法は特別です」127話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している、アクション&転生&ファンタジーの漫画「帰還者の魔法は特別です」原作Usonan、漫画Wookjakga ( 귀환자의 마법은 특별해야 합니다  )

毎週木曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「帰還者の魔法は特別です」127話のネタバレ

カマキリのキメラが襲いかかってきた。

速度重視型だったので、攻撃する隙がなかった。

建物に他の人もいるかも知れないので、迂闊に広範囲魔法を使うわけにはいかなかったので、デジールは範囲の狭い電撃魔法で応戦する。

だが電撃が効かないモンスターを組み合わせてあるのか、このキメラには効かず、デジールたちは躱すので精一杯だった。

するとカマキリキメラが、何故攻撃が当たらないのかと叫び、さらに速度を高めた。

ただ攻撃が単調だったため、デジールは水魔法でカマキリを水浸しにすると、凍結魔法で動きを止めた。

カマキリの動きが止まったところで、ロマンティカのウィンド・バレットを撃ち、粉々にする。

外にもキメラがいるかもしれないから、ひとまず物音をたてないように、屋敷内を進む。

すると次のキメラに遭遇した。

一方、貴重な材料が手に入ったから目標まであと少しだと、プルースはどこかに報告していた。

このような実験ができるなんて夢のようだと言うプルース。

電話相手に、神の意に逆らう気分はどうかと訊かれ、やっと学会の人間の鼻をへし折れるという復讐の喜びを感じるのだと語る。

電話相手は、プルースを不死の探求者と呼び、約束通り魔道王国でこの研究成果をプルースの名で発表するという。

電話が終わると、不死をついに自分の手で開花させることができると歓喜した。

ランク3魔法使いですらプルースのキメラに捕まったので、さきほどの2人も確保できるだろうと考えていた。

だが、キメラ○号が破壊されたと、次々報告が入る。

そこでプルースは、まだ完成前だが、試験運転ということで、とっておきのキメラを放つことにするのだった。

漫画「帰還者の魔法は特別です」127話の感想

プルースは不死の研究をしていた錬金術師だったのですね。

ケイ・ハズマルンが調査した研究室にいた錬金術師も、不死の研究をしていたのでしょうか。そして今回プルースが放とうとしたような、強力なキメラによって仲間を殺されてしまったのかも。

不死でキメラ実験など見ると、バイオハザードみたいですね。どう見てもあの実験体、暴走しそうじゃないですか。

今回メインクエストを2人ずつで分かれて進行していますが、魔術師チームと、剣士チームに分かれてしまいましたね。敵によってはバランスが悪そうな分かれかたをしました。

アゼストは魔剣士なので、魔法攻撃については問題ないのですが、デジール達に近接戦闘役がいないのが痛いですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください