小説版「彼女が公爵邸に行った理由」外伝のネタバレと感想!あらすじまとめ⑧

※全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「彼女が公爵邸に行った理由」原作Milcha漫画Whale・原題그녀가 공작저로 가야 했던 사정

漫画版は完結したので、小説版のあらすじをまとめてみました

毎週金曜日に最新話が更新されます。

まとめ⑦はコチラ

小説版「彼女が公爵邸に行った理由」外伝のネタバレ⑧

セイモアの護衛騎士と共に、小さな露店が並ぶ狭い路地へ行く、セイモアとアリア。

セイモアを振り回すアリアだが、彼が自分を大切にしてくれるのは、自分が母レリアナに似ているからだと考えていた。

皆に可愛がられて育ったアリアだが、アリア・ウィンナイトだから可愛がってくれるのか、レリアナの娘だからかわからなかった。

何故なら父であるノアの最愛はレリアナだけで、子供だろうと関係ないと、大人たちが話しているのを聞いてしまったからだ。

ふと見覚えのある少年が目に入ったアリアは、少年を指差す。

セイモアが追いかけるが、少年は人混みを抜けるのが上手かった。

だがアリアの投げたリンゴによって撃沈。アリアとセイモアに捕まった。

父の本を盗んだロビンという少年は、自宅だというボロ家にセイモア達を案内する羽目に。

カーペットを剥がすと、くぼみに盗んだアクセサリーや雑貨などが入っていた。

アリア達はその中を調べる。

そのとき、フードを外したセイモアの金色の瞳があらわになり、ロビンは口をあけて驚く。

盗品を調べても父の本が出てこなかった。

そこへ、ロビンの妹であるマヤが帰ってきたので、本をどこにやったのかと問い詰める。

護衛騎士を使って脅すと、野良リスという盗品専門店に売ってしまったとのこと。

セイモアはアリアを待機させ、ロビンとともに店へ向かった。

縛られたマヤは、あの本がなんだというのかとイライラしながら、親に言わなかったのかと尋ねる。

アリアは、とても大事なものだから、自分のせいで盗まれたなど言えないと言う。

マヤは、親なら我が子のことなら何でも許してくれると言うが、アリアは、父は子供嫌いで、自分を育ててくれるのは母に似ているからだと話す。

マヤはその言葉に青ざめたが、父本人から聞いた言葉ではないと知り、大げさすぎると呆れる。

それで怒られるのが怖いのかとマヤが言うと、アリアは、父は怒りはしないけど、それだけ私に興味がないのだろうと、言うのだった。

小説版「彼女が公爵邸に行った理由」外伝の感想

アリアが拗らせています。ノアからの愛を信じることができないのですね。

これは周囲からのノアの評価が悪いせいですね。レリアナだけを溺愛していると思われています。

確かに、ノアのレリアナへの溺愛ぶりは凄かったですが、男女間の愛と家族愛は違うので、それを比較してはいけないのではと思います。

逆に、レリアナへの溺愛ぶりで子どもたちに接していたら、鬱陶しくて仕方ないような(笑)

アリアの拗らせは子供なりの悩みみたいですね。

さて、既に売られてしまったノアの本。無事戻ってくると良いのですが、本が行方知れずになるのも、女神の采配なのかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください