漫画「実は私が本物だった」最新話21話のあらすじと感想!ネタバレ有り

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「実は私が本物だった」原作March、漫画yuun、原題 사실은 내가 진짜였다 

毎週土曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「実は私が本物だった」21話のネタバレ

キイラが目を見開き固まったので、ジェゼフは、やはり身の程しらずだっただろうかと気まずくなる。

だが、キイラはジョゼフの手を両手で握ると、本当かと喜んだ。

今度はジョゼフが、快諾してくれるとは思わなかったと驚く。

それを聞いたキイラは、即答してしまった、もう少し焦らすべきだったのかと混乱する。

しかもジョゼフが顔を赤くしていたので、そこでようやく彼の手を握っていた事に気づく。

キイラはなんでもなかったのように取り繕い、顔のほてりを隠しながらその場を去った。

ジョゼフは先程、これまで見たことのないキイラの笑顔を見て、心が暖かくなる。

出典元:「実は私が本物だった」21話

だが、それがあの男の影響かと思うと胸がざわつき、彼は彼女をなんとしてでも守ろうと決意するのだった。

その日の夜、キイラは、表情が明るくなったから昼間いいことがあったのではないかと言われる。

前世よりはプレッシャーがなく、周囲の人と打ち解けることができ、日々が楽しいかもしれないと気づいたキイラ。

メイドから、カジノで出会った男性とのデートはどうだったかと訊かれ、キイラは頬を赤くする。

ジークは、そんな要素があったかと呆れる。

キイラは、エイデンの容姿を褒め、性格も合うと評価する。

とにかく顔が気に入ったようだ。

いつか正式にジークの紹介したいというキイラの言葉に、絶対にそんな日を迎えてなるものかと、ジークは決意するのだった。

出典元:「実は私が本物だった」21話

一方その頃、エイデンは飛行船をレンタルしたものが何者か、交通管理局で調べようとしていた。

だが、受付に、その情報は非公開にされているのでと断られる。

周囲の人々が、キラ嬢が言ったように、飛行船が整備士のために緊急着陸したと噂していたので、キラ嬢の影響力が恐ろしくなったエイデン。

もし本当に傍系皇族だったらとうしようと青ざめる。

だが彼女を弄んだ証拠があるわけではないし、舞踏会も断ったからこれ以上関わらなければいいのだと思い、エイデンは二度と彼女に会いませんようにと、神に祈るのだった。

漫画「実は私が本物だった」21話の感想

ジョゼフ卿は、素のキイラと接する度に、どんどん彼女に惹かれています。

エイデンは、キイラの影響力を目にする度に、どんどん彼女を怖れだしました(笑)

キイラはパルビス大公家の娘ですが、大公は王の下、公爵よりも上なので、傍系皇族というのはあながち間違いではありません。

とんでもない女性に手を出してしまったと、エイデンは生きた心地がしないでしょう。彼女に会いませんようにと願っていましたが、なんだか遭遇してしまいそうですね。

キイラはこれまでしなかったことに手を付けています。なので、あちこちお出かけするのではないかと思うので、遊び人のエイダンはどこかで遭遇するのでは。

キイラは恋に恋している状態なので、皆の妨害作戦で、目はすぐに覚めるかもしれません。


それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください