漫画「緑陰の冠」21話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「緑陰の冠」21話のネタバレ

家臣達に借りたお金は5万ベラト、土地を差し押さえられたときにサルモン侯爵に借りたお金が30万ベラト、シミル伯爵に20万ベラトと、ラチア家はかなりの借金があり、利子だけでもかなりの金額だった。

ランは、アクセサリーを売却することで、家臣にお金を返したいとユスタフに相談した。

原作だと、叔父のリンドバーグ男爵が摂政の座について、土地をバラバラに売ってしまい、爵位と邸宅しか残らなくなる。

さらに伝染病で叔父や領民、家臣も死に、莫大な借金を抱えた状態の公爵家をユスタフが継ぐことになるのだ。

ユスタフがいなければアクセサリーを持って逃げていたかもしれないと、ランはユスに言い、微笑む。

それはこの世界が自分の小説でないからと言って、皆に愛着がなくなったわけではないのだ。

ロス卿はまだランを信用しておらず、わざとお茶をこぼすようにティーカップを置く。

だがユスタフが、指が汚れるからと自分のティーカップと交換した。

ユスタフに、本当に遺品のアクセサリーを処分していいのかと訊かれたランは、大した金額にならないから損しない分だけ売り、残りは未来の公爵夫人にとっておくと答える。

ヒロインであるシナは綺麗なのだろうなとランは考える。

原作では、売却にユスタフが嫌がるのだが、彼はそっけない態度のままだった。

その後、リベリーの使いに母のアクセサリーを鑑定してもらい、ワイルド男爵とランス男爵に借金を返済した。

ランが、前公爵夫人のアクセサリーを全て処分したという話とともに、公爵家が破産の危機だという噂が、使用人の間で広まってしまった。

ランは頭を抱えたが、ユスタフは、人を見分けるいい機会だと言う。

信頼できる人の見分けは、ユスタフに任せようと考えるラン。

今度はギルドから、魔法細工師のリディアという女性と、フランチェという少年がやってきた。

ランは2人に、呼んだ理由と依頼内容について口止めすると、氷水晶を見せるのだった。

漫画「緑陰の冠」21話の感想

ロス卿がみみっちいことをしていますが、彼は裏表がないので、その点では安心できますね。しかしあれほど彼女が頑張っていても、まだ認めてくれないものなのですね。

ユスタフの方は違い、ランをレディーとして扱っていますね。それに未来の公爵夫人という言葉に反応していました。

ランは、シナというヒロインが登場することを知っているので、ユスタフが抱く姉弟以上の気持ちには、なかなか気づかないでしょうね。

現在のラチア家は財政難ですが、氷水晶と魔法細工商品で、これからかなり稼げそうですね。どんな商品ができるか楽しみです。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください