漫画「緑陰の冠」20話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「緑陰の冠」原題・녹음의 관 

ピッコマで1~3話まで一気読みできます

毎週火曜に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「緑陰の冠」20話のネタバレ

簡単に死なれるのは嫌というユスタフの発言を、体が丈夫な方が良いという意味かと勘違いするラン。

2年後、ユスタフが19歳になったら当主の座を譲る計画に変更はない、とランが話すと、ユスタフが当主になったらランはどうするのかと訊かれてしまう。

それについて考えたことがなかったランは、ランを殺さないという同盟を結ぼうと提案する。

ユスタフは、ランの言動から、彼女が自分を信頼していることは理解していたので、その提案を受けることに。

ランは、ラチア当主のお金ではなく個人のお小遣いが必要だと言い、ユスタフに承諾してもらう。

ユスタフに再度、ユスタフが当主になったときはどうするのかと訊かれ、ラチアの公女として留まるには結婚しかないかと、ぼんやり考える。

ユスタフは彼女の頬に触れると、疲労の色がすっかり消えたと言う。

夜にまた処分と同盟について話すと言い、ユスタフは彼女の髪に触れると、部屋を出ていった。

部屋に残されたランは、ユスタフが自分にどんな感情を持っているのか考える。

とりあえず嫌われてはいないようだった。

今回の事件について、男爵はロビー単独の犯行だと主張し、罪を認めなかった。

ユスタフは、男爵らを死刑にしたかったが、追放令にしてリンドバーグ男爵の爵位継承権を剥奪しようという。

ランが、ロビーは牢に閉じ込めておくべきではと言うも、ユスタフは追放案を譲れないようだった。

その後、仕事を始めるラン。

少しでもユスタフに迷惑をかけないようにと、彼がヒロインのシナと幸せになれますようにと、決意するのだった。

漫画「緑陰の冠」20話の感想

ユスタフが追放にこだわったのは、確実にトドメを刺すつもりなのかと思いました。追放されたものが、いつどこで死んでいても誰も気にも留めないからです。

もう二度と、ラチアやランを奪われないように始末したいのでは。ただランの血縁者なので、彼女が傷つかないように、こっそり始末したいのだと思いました。

ユスタフがランの頬や髪に触れているのを見ると、彼女に相当な執着があるように感じます。彼女が結婚のことを考えているのを察したので、あのように触れたのでしょうね。

さて、永遠の愛という小説のタイトルだけに、ヒロインが存在していました。どこで登場するかわかりませんが、ランが余計な気を回して、シナとユスタフをくっつけようとするのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください