漫画「悪女が恋に落ちた時」45話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで配信している転生恋愛ファンタジー漫画「悪女が恋に落ちた時」原題・악녀가 사랑할 때

毎週火曜日に最新話が更新されます

前回のあらすじはコチラ

※今のルペルシャ=リシャ、前のルペルシャ=ルペルシャ、でまとめています。

漫画「悪女が恋に落ちた時」45話のネタバレ

リシャの提案に、この前の舞踏会からこれまでにない言動をするが、協力する理由は何かと、ラビロフは問う。

リシャは、お互いを憎む関係を変えたかったと答え、私を殺すつもりだっただろうと聞き返すと、ラビロフは不敵に笑う。

いつだって自分は嫌われ者だった、だから自由が欲しいとリシャが言うと、ラビロフは少し考え、取引を受けることにした。

契約のためマナ公証契約書を渡すと、ラビロフはピクリと反応したが、契約書にサインした。

契約成立したリシャは、早速ラビロフに、アリエル宛の手紙を書こうと提案する。

アリエルが首都に来るまでに25日間あるそうだ。

彼の気がかりは、自身の正体を隠したこと。

ラビロフは、契約のことを外部に漏らしたら、リシャだけでなくリシャの周囲の人々も殺すと、脅す。

リシャは笑顔で、秘密は遵守すると答えるが、内心はラビロフが恐ろしかった。

25日の間に令嬢の心を開きつつ、ラビロフの素性も自然に明かせるように配慮すると、青い顔で話すリシャ。

ラビロフは椅子に座ると、では早速始めろという。

リシャに恋愛経験はないが、前世で読んだロマンス小説の知識を総動員するつもりだ。

まず部下に書くような命令口調の文にしてはいけない、馴れ馴れしすぎのも良くないとアドバイス。

指摘が多く、イライラするラビロフ。

令嬢はほとんど別荘で過ごしたようだから恋愛についても本で学んだはずだ、だからそのあたりを参考にするべきだと提案すると、ラビロフはハっとして、真剣に書き出した。

主人公補正なのか、ラビロフは初めてとは思えない文をかきあげた。

手紙内容は素晴らしかったが、やはりラビロフを恐ろしく感じるリシャ。

リシャは、ひとまずその日の仕事を無事に終えたのだった。

皇太子から生き延び、18回目の吐血をした後、リシャはユジンとカインに会う。

彼らを守るために首都から離すつもりだ。

彼らに皇宮外の噂の調査を頼むと、リシャを守る者がいなくなるからと、2人はショックを受ける。

そこでリシャは、人工精霊のゼンを呼び、自分の身は自分で守れると説明する。

原作から流れを変え、平和に終わらせるのが彼女の目的なのだった。

漫画「悪女が恋に落ちた時」45話の感想

無事ラビロフと契約できましたね。ただ、契約書をみて何か反応していたので、契約書にリシャが不利になるような問題があったかもしれません。

リシャの提案を受けるほど、ラビロフはアリエルに夢中でしたね。頬を赤らめていましたし。完全無欠かに見えるラビロフですが、アリエルという大きな弱点がありました。

もともと優秀なので、短時間で的確に書き上げました。驕らずに、まず指示通りにやってみるというところが、優秀な彼らしいですね。

彼は要領がいいので、今後はリシャがあれこれ指導しなくても上手くいきそう。

リシャはリシャで、なんだかそのうちアリエルと仲良くなりそうです。出会うキャラクターは、ほとんどリシャファンにしていますからね。人たらしのようです。

さて、リシャはユジンとカインを守るために、彼らを遠ざけるようですが、リシャ命の彼らはそれに従うでしょうか。いくらゼンがいても、護衛とするには物足りない気がしますし、どうなるのでしょうね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください