漫画「盗掘王」185話のネタバレと感想!あらすじまとめ

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「盗掘王」漫画3B2S、脚色Yuns、原作sanji-jiksong、原題도굴왕

毎週火・金曜日に1話ずつ、最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「盗掘王」185話のネタバレ

遼河はどこかへ暴走し、ユリアンと雪は周辺の人々に騒ぎを起こしたことを謝る。

雪はキルダルを召喚し、あちこちで騒ぎを起こしている遼河を捜すように命じる。

総帥遺物戦のときのように気絶するほど体力を消耗したのならいいが、体力が余るとリスクが発生するようだ。

路地で追いついたが、遼河はチンピラと格闘し、全員倒したようだった。

いい加減戻ろうとユリアンが声をかけるも、遼河は聞かない。

ユリアンはインドラを纏い、戦おうとするが、少し余力の残っていた遼河は強く、ユリアンはやられてしまう。

それでもチンピラと戦ったり、普段よりは良い行動をしているようだから、ユリアンは、監視するだけにしようと提案するが、遼河がお金に火をつけて走り回ったので、監視を撤回する。

そうして一晩中、ユリアンと雪は遼河の体力が尽きるまで追いかけまわし、ようやく遼河を確保する。

疲労困憊の二人は、クロエに遼河の治療を頼む。

ナイチンゲールの遺物で回復した遼河は目を覚まし、色々な遺物のリスクが発生して大変だったことを聞く。

それでもユリアンと雪が付きっきりでフォローに回ったため、それほどひどい被害は出なかったとのこと。

クロエは、ユリアンから連絡をうけて、ニューヨークからフランスまで駆け付けたそうだ。

過去の遼河のリスクは、主に考古学者の遺物のリスクなのだが、それは知識欲だったので、寝ずに本を読み漁ることで済んだ。

だが今はあらゆる遺物を持っているので、どんなリスクが発生するかわからず、遼河はその情報が欲しいと思う。

遼河はクロエから、柳がテロから英国王子を守ったため、有名人になったというニュースを聞く。

さらにパンドラからアホ王と認められたそうだ。

世間から評価された柳は、スカウトの話が殺到し、フリーで復元依頼を提案されるようになったとのこと。

ユリアンは、遼河の柳の扱いから考えると、柳は逃げるのではないかと指摘する。

柳を成長させるために厳しくしていたのだが、彼は逃げ出すつもりなのかと、遼河は焦るのだった。

漫画「盗掘王」185話の感想

遼河のリスクは大惨事でしたね。人的被害がチンピラとユリアンだったのが幸いです?

雪とユリアンは、遼河が他人に迷惑をかけないよう、ずっと追いかけまわしていましたが、さすがに遼河相手では苦労したようで、すごいやつれていましたね。

クロエがいなかったからあんなことになっていましたが、クロエはリスクも治療できるのですね。クロエ自身のリスクはどうなのかわかりませんが、クロエがいればアイリーンの能力も使いたい放題です。最強のコンビですね。

柳の方は、なんだかおかしなことになっていました。おだてられやすいので、もしかしたら遼河のもとを離れるかもしれません。でもこれまで一緒に戦ってきた遼河を裏切ったりはしないのではないかと思います。

過酷な職場ですが、遼河がいなければここまで成長できなかったわけですし。柳が戻ってきて感動のシーンになればいいなと思います。

しかしアホ王って。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回も楽しみですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください