小説版「彼女が公爵邸に行った理由」外伝のネタバレと感想!あらすじまとめ①

※全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマにて独占配信中の「彼女が公爵邸に行った理由」原作Milcha漫画Whale・原題그녀가 공작저로 가야 했던 사정

漫画版は完結したので、小説版のあらすじをまとめてみました

毎週金曜日に最新話が更新されます。

漫画版の前回のエピソードはコチラ

小説版「彼女が公爵邸に行った理由」外伝のネタバレ①

やっと見つけたと、凛子を手首を掴んだ男は、凛子をカフェに誘う。

あまりにもイケメンすぎるので、周囲の視線を集めるその男は、ノア・ウィンナイトと名乗り、凛子のことはレリアナだと言う。

しかも自分達は、こことは違う世界で結婚していたと話し出す。

ここでは九条奏だと名乗る彼のことを頭のイカレた男だと思い、凛子は兄の大輝を呼ぶ。

到着した兄と奏が揉めそうになるが、大輝が凛子の兄だとわかると奏はにこやかに挨拶し、凛子に一目ぼれしたと説明し、名刺を渡す。

奏に出会ってから、凛子は巨大アンコウのような怪物から逃げる夢を見た。

灰色の髪の少年が助けてくれるのだが、崖から落とされ、金色の瞳の青年に抱きとめられる夢だ。

夢が繰り返される度、その青年が九条奏に似ている気がしていた。

でもイカレ男には違いないので、彼に見つからないよう、通学中は隠れるように過ごしていた。

ある日、兄の代わりに叔母のチャリティーファッションショーのバイトに行くことになり、俳優・藤堂直哉とのトラブルをキッカケに再会し、電話番号を交換する。

ショートメールをやりとりする仲になるが、凛子は相変わらず一歩引いた態度で、奏の方はグイグイと距離を詰める形だ。

凛子に謎の中年男性がストーキングしていることが発覚し、奏は彼女の家に泊まりにいったり、護衛をつける。

奏は凛子に記憶が戻るのを期待しつつ、前世と同じように凛子をからかいながら愛でた。

だが、凛子から前世の話を聞かれたとき、ノアではなく九条奏として彼女に相応しい男に生まれ変わったはずなのだからと思い、全て嘘だと言った。

凛子は彼が嘘をついたのを見抜き、奏のことが気になっているから、奏のことを知りたいと言うのだった。

小説版「彼女が公爵邸に行った理由」外伝の感想

小説版の外伝は、花咲凛子と九条奏のお話でした。

漫画化はされてないので、小説版のみでしか楽しめないようです。

外伝の方も、凛子を狙う不審者がいますね。現代でも物騒な事態に・・・厄介事を引きつける体質なのかもしれません。

小説では、奏はノアのときと同じように、凛子をからかってばかりいました。奏は既に凛子に惚れているので、甘い雰囲気のものでしたが。

藤堂とのトラブルで、奏は凛子を守るために手に火傷を負うのですが、いつまでも「手が痛い」と言って凛子に甘えるのは、ノア・ウィンナイトそのものでしたね。

小説版で面白かったのは、凛子の兄・大輝のチャラさとチョロさです。ノアから解放されたキースみたいなキャラクターでした。

小説版の外伝がどの程度続くのかわかりませんが、まだまだ2人の恋愛を楽しめますね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください