漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」94話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」94話のネタバレ

目が、と驚くアイリスに、ネラは近寄ると、アイリスが近くにいたから生まれた時から世界は不公平だと感じていた、身分も優しい家族も忠実なメイドも多くのものを持っているアイリスを見て、私が何を思っていたかわかるかと囁く。

ソフィーをどうしたのかとアイリスがネラを掴むと、アイリスはウィンハイト大公妃に突き飛ばされた。

いくら幼い頃から親しい仲で育っているとはいえ、ネラは名実ともにウィンハイト大公の公女で私の娘なのだ、一方的にネラを虐めることなど許されないと警告される。

これで戻れと言われ、アイリスはなすすべなくその場を離れるしかなかった。

オスカー大公は、落ち込んだ様子で帰るアイリスを見かける。

そこへネラが走り寄ってきたので、フォレスト侯爵と何かあったのかと尋ねる。

少し誤解があったようだと答えるネラに、ではその誤解は解いたのか、何故あのように絶望した表情で帰ったのかと指摘する。

口ごもるネラ。

大公妃が、フォレスト侯爵が突然押し掛けてきたのだと言うと、オスカー大公は、善し悪しを言っているのではなく誤解は早めに解くに限ると言い、そのまま立ち去る。

ネラは、親子なのに何故こう固いことを言うのかと、不満を持つ。

屋敷に戻ったアイリスは寝込んでいた。

自分が過去の経験と知恵だけで乗り切ろうとしたことと、ネラの本性について見落とし、考えが甘かったことを痛感していた。

ネラの両親の行いによって彼女を処断することができたのに、実際に悪事を働いていないからと見逃していたのだ。

アイリスと仲が良かった幼い頃のネラはもういない。アイリスを裏切った時点で死んだのだ。

思わず涙がこぼれたが、ネラはアイリスがくじけるのを狙ってソフィーに手をだしたのだから、泣くわけにはいかなかった。

ソフィーについては、ダニーに頼んで全国を捜してもらっている。

処刑されたソフィーに、二度もこんな目に遭わせないでくれと言われる悪夢を見るアイリス。

気が付くと、アナキンがアイリスの手を握っていた。

悪夢でうなされるアイリスを心配して、アナキンとイアンが来てくれたのだ。

ソフィーはまだ見つからないが、何の報せもないことがむしろ生存を裏付けるとイアンは話す。

ソフィーの捜索に最善を尽くすから、今はしっかり休めと言われるアイリス。

アイリスは、ソフィーを必ず見つけると心に誓う。

その頃ソフィーは、見慣れない屋敷で目を覚ました。

しかし何も覚えていない。

ベッド脇には老いた夫妻がおり、ソフィーのことをミルケル・ルイブ、自分達ルイブ伯家の一人娘だと言うのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」94話の感想

ネラはうまいこと大公夫妻に取り入りましたね。

ですが、大公は公正な人物なようなので、ネラの口車に乗ることはなさそうです。その点は安心できるのでは。

大公はアイリスを見て、ローズと同じ家門で、髪色と瞳は自分達の色を引き継いでいるというのに、何か気づくことはないのでしょうか。表向きはケネスとの子供になっているので、疑いを持つこと自体無礼だと思っているかもしれませんけども。いつか気づくといいのですが。

また、ソフィーは生きてはいましたが、記憶喪失でしたね。

殺されてなかったのでほっとしました。さすがにジアンニーはそこまでできなかったようです。記憶を失う薬か何かを飲ませたのでしょうか。何かの弾みで記憶が戻るといいですね。

さすがにネラはやり過ぎなので、このままで済んでいいわけがありません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください