漫画「皇帝の一人娘」211話のあらすじネタバレと感想

※全話一覧はコチラ

漫画アプリ・ピッコマcomicoで連載中の「皇帝の一人娘」原作YUNSUL(小説・황제의-외동딸)、漫画RINO

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のあらすじはコチラ

漫画「皇帝の一人娘」211話のネタバレ

優雅に挨拶をしたリアだが、余裕たっぷりのアヒンには負けを感じる。

彼とこのように再会するとは思わなかった。

好きな人に会えるのは嬉しいと思うが、好きな人というのは異性という意味ではない、人間は皆大好きだと、自身の頭の中で言い直す。

嫌なのはシオルンとかシオルンである。

アヒンと再会するまで一ヶ月ほどしか経ってなかったが、気分的には何年かぶりに感じる彼女。

笑顔で彼に接していたつもりだが、猊下呼びで話し方が固くなっていたので、アヒンは寂しそうな顔をする。

ヴァルやグレシットのように接することは難しいが、不思議とアヒンには親近感が湧いた。

アヒンの笑顔をみると、話したいことはあっても、意識しすぎてどうしていいかわからなくなってしまうと、一人パニック状態の彼女。

アヒンらを使臣館まで案内し、ようやく解放された気分になる。

アヒンはペルデルの甥だが、将来の権力者なので、よく接待しなければと考える。

アヒンが美しい目で、いつまで猊下と呼ぶのかと寂しそうに言うので、リアは、努力すると答え、笑われる。

気をよくしたアヒンは使臣館に入り、リアはヴァルにからかわれる。

その後リアは、アヒンが来るなんて言ってなかったじゃないかと、ペルデルに文句を言いに行く。

ペルデルは、アヒンが直接くるとは思わなかったと言うが、どこか白々しい。

アヒンの笑顔は、無表情のカイテルより対応が難しかったため、リアはこの後どうしようと悩む。

それに戦争のことも気がかりなのだった。

漫画「皇帝の一人娘」211話の感想

アヒンが登場したので、恋愛よりの内容になりましたね。

リア本人は、アヒンに対しまだ恋愛感情はないと考えていますが、すっかり惚れているようですし、アヒンは積極的なので、このまま流されていきそうですね。

アヒンに親近感をもちながらも、笑顔を見ると緊張して話せなくなるという、複雑な状況になっています。今回の訪問で、2人の仲が進むといいですね。

ですが、一番の目的は、プレツィアとの戦争についてですね。これが終わらない限り、死傷者が出続けるので、早く解決したいところ。恋愛はその後ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください