漫画「悪役のエンディングは死のみ」9話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」9話のネタバレ

ノックはしたものの、突然ドアを開ける執事長ペンネルは、夕食のために新しい専任メイドを至急決めたいという理由だけで、眠っているペネロペの部屋に入り込んだ。

ペネロペは、執事長に姓がなく平民なのを確認すると、貴族であるペネロペ・エカルトの部屋に勝手に入り込むとは何事か、しかも男が若い令嬢の部屋にと指摘する。

反論しようとした執事長に、いつまで主人を見上げているつもりなのかと、ペネロペは睨む。

跪き非礼を詫びる執事長に、用件があるときは他の者と通し、しばらくペネロペの前に現れるなと命じる。

夕食の手伝いは不要だと言い、執事長を下がらせ、ペネロペはベッドに横になる。

周辺人物との関係で名声を築くシステムもあったが、そこまでまだ手が回らない。

翌日、今度はメイド長がやってきて、新しいメイドを決めたいと言う。

カビパンを用意したエミリーは、職務怠慢の罰で3ヶ月の洗濯係を命じられていたのだが、ペネロペは専任メイドはエミリーがいいと指名する。

メイド長は、レナルド様が処分したことだから、どうしてもなら先に公爵様に相談してから、とペネロペの指示に素直に従おうとはしない。

ヒロインのイヴォンだったらこのようなことはなかったのにと、ペネロペ相手では違うようだ。

そこで、それなら公爵には自分が言う、昨日の出来事を詳しく説明しエミリーを許してもらうとペネロペが言うと、まずいと思ったメイド長は、すぐにエミリーを連れてくると言った。

エミリーの独断でペネロペを虐めていたわけではないからだ。

今までは、暴れるペネロペに責任をなすりつければよかったので、誰もがペネロペを恐れる必要がなかったのだが、今のペネロペは大人しくやられるつもりなど無いのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」9話の感想

よくある、悪役令嬢+異世界転生+ざまぁ系ですが、面白いですよね。絵もキレイなので、見ごたえがあります。

今回は、使用人との関係について描かれていました。

屋敷の使用人は、8話でもあったように、嘘をついて幼いペネロペをはめるほど、彼女を嫌い、見下していました。その意識のまま、勝手にペネロペの部屋に入ったり、見下ろしたり、意に逆らったりと、やりたい放題です。

しかもカビパン事件は、エミリーだけでなく、メイド長も関わっているようですね。陰湿ですね。

ただ公爵にはバレたらまずいので、脅されるとすぐ手のひら返しましたが、なんだか信用ならない人たちですね。

デリックが、ペネロペがカビパンを食べさせられたことを知っているのに、ペネロペが悪いような態度をとるので、使用人達がますます図に乗るのでしょうね。

今回のことで、少しぐらい使用人の態度が改善され、ペネロペの味方ができるといいのですが。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください