漫画「悪役のエンディングは死のみ」7話のネタバレと感想!あらすじまとめ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「悪役のエンディングは死のみ」原題・악역의 엔딩은 죽음뿐

1~3話までピッコマで一気読みできます。

毎週日曜日に最新話が更新されます。

前回のエピソードはコチラ

漫画「悪役のエンディングは死のみ」7話のネタバレ

選択肢OFF機能があることは、前世でも知っていたが、使ったことはなかった。

この昨日こそが生き残るための必須条件だと判断し、これを使い、自分の言葉で丁寧に謝罪する。

今朝の騒動はペネロペが被害者なのだが、これまでのイメージのせいで理解してもらえないので、平謝りすることにしたのだ。

今回許してくれれば、成人式までには役に立つことを証明すると誓う。

公爵は彼女を立たせ、この機会を無駄にするなと、彼女の願いを受け入れた。

なんとか公爵との面会を終えたペネロペは、ホッとしながら執務室を出ると、好感度0%のデリックが現れた。

金を積んでもペネロペのメイドなどやりたがる者がいない中、その役目を買ってでてくれたメイドを追い出せて満足かと、ペネロペを問い詰める。

ペネロペは完全に被害者なので言い返したいところだったが、好感度を下げるわけにはいかないので我慢する。

選択肢を使おうと思ってもまともなものがなかったので、ペネロペは謝罪し、彼を小公爵様と呼んだ。

前世でも転生後でも、やってもいない罪を謝り続けるペネロペは、このように卑屈に生きるのは嫌だったが、生きるためには仕方なかった。

自分のせいだからあのメイドは追い出さないでください、と頭を下げる。

生き残れるなら、いくらでも謝ってあげると考える、ペネロペなのだった。

漫画「悪役のエンディングは死のみ」7話の感想

真摯に謝罪するペネロペを見て、公爵もデリックもとても驚いていましたね。

それだけ普段のペネロペが酷いということなのでしょうが、それも愛されないから歪んでしまっただけで、きちんと保護できないなら養子にすべきじゃないですよね。

いつもあのように周囲からなじられていれば、ペネロペがおかしくなるのも仕方ないですよね。やってもいないことで責められるし。

主人公は、前世でも今でも理不尽に耐え、謝りつづけなければなりません。せっかく大学に進学して、家から逃げ出せたというのに、また同じ環境に戻されるなんて。それに耐えている主人公は強い女性ですね。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください