漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」84話のあらすじと感想!ネタバレ有り

※全話一覧はコチラ

無料漫画アプリ・ピッコマで連載中の「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」作家SWAN、絵ユンヘ、原題 아이리스 – 스마트폰을 든 레이디 

毎週月曜日に最新話が更新されます

前回のエピソードはコチラ

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」84話のネタバレ

皇宮にて、久々にアナキンの顔をみたアイリス。

アナキンは多忙だからと言うが、どうも普段と様子が違うので、彼女は気になり、リュウに訊く。

警備隊に、リザ皇妃が推薦した副隊長が新しく加わったのだが、仕事ができないくせに問題ばかり起こすのだという。

後始末はアナキンが命じられるので、アナキンの立場を弱くし、いつかアナキンの寝首をかくつもりなのだろう。

アイリスは、このまま黙っていることはできないと思い、リザ皇妃に会いに行く。

リザ皇妃は、アイリスが昭嬉姫のためにパーティーを開いたことが気になっていたが、そのことを指摘することで、かえって疑いをもたれるかもしれないと考えていた。

互いに言葉で牽制しあうアイリスとリザ皇妃。

アイリスは、アナキンに手を出さなければ、噛み付くことはないとやんわり伝える。

アイリスを、ソリアから外すかもしれないと脅したところで、貴重で影響力のある術師の彼女を外せるわけがなかった。

しかも皇帝がアイリスを利用しようと考えている。

アイリスを信用できないので、他の力が必要だと考えたリザ皇妃は、第二のソリアを呼ぶことにした。

それに決まったのは、マリアンヌだ。

マリアンヌは呼ばれて喜んでいたが、マリアンヌの取り巻きは、彼女が政治利用されるのではと心配するのだった。

漫画「アイリス~スマホを持った貴族令嬢~」84話の感想

リザ皇妃は相変わらずの影響力ですね。アイリスを脅すのにも、オブラートに包まなくなってきました。

そうしてアイリスを牽制するために、今度はマリアンヌを採用しました。

マリアンヌは喜んでいますが、彼女の能力が認められたわけではなく、政治的問題だとわかっている友人たちは心配しています。

それに皇宮では、仲睦まじいイアンとアイリスの姿を目撃することにもなり、マリアンヌにとってもあまりいい環境とは思いません。

リザ皇妃は、皇妃なだけにかなりの力を持っていますが、どうにか早く密書を探し出して、彼女に退いてもらわないといけないですね。

また、マリアンヌなら情報を聞き出しやすそうなので、リザ皇妃の秘密を知るチャンスになるかもしれません。


次回のエピソードはコチラ

それではここまで読んで下さってありがとうございました

また次回もお楽しみに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください